イベントや新商品などの耳寄り情報

6fdddbde e296 4b52 ae26 1b3fa600c248

お花が長持ちする夏のお手入れ方法

気温の高い夏は、花瓶の水の温度も上がりやすくなっているため、 雑菌が繁殖しやすい状態になってしまっています。 毎日の水換えで、雑菌の繁殖を防ぐ事ができるので、 お花を長く楽しんでいただけますよ。

2020年08月14日
Bloomee Style 編集部

かんたん3stepの水換え方法


花瓶を洗う


花瓶の中にいる雑菌や汚れをしっかり洗い流してあげてください。
洗うときに、食器洗い洗剤を使っても大丈夫ですよ。
花瓶の内側を重点的に洗ってあげてください。


茎を切る


古い水に浸かっていて、変色しているところを切ってあげましょう。 この部分が残っていると、雑菌が繁殖する原因になってしまい、 お花が痛むのが早くなってしまいます。

茎を切る際には、切れ味の良いハサミで、斜めにスパッと切るのがポイントです。
こまめに茎を切ってあげることで、断面が新しくなり、たくさんのお水を吸えるようになります。


花瓶にさす


夏場はお水は入れ過ぎないように注意してください。
茎が数センチ浸かるほどあれば大丈夫です。
入れすぎると、雑菌が繁殖し、お花が痛む原因になってしまいます。


その他の注意点


夏の窓際は温度が高くなるので、日陰に置いてあげてください。
濃い色の花瓶を使うことで、日光が遮られて水の温度上昇を防ぐことができますよ。

また、冷房の風は乾燥しており、
花にダメージを与えてしまうので、直接当たらないようにしてあげてくださいね。

暑い夏もお花と一緒におうち時間を楽しんでください!