プロに聞いた!
インテリアや花にまつわる知識

3e6cf4b3 b635 4ff8 97e8 d120610ee501

【Bloomee LIFE 800円プラン】今週お届けするお花はこちら♡2020年10月9日号

こちらでは、お花の定期便「Bloomee LIFE」で今週10月9日〜10月12日にお届けする800円プランのお花をご紹介しています。各店舗からのコメントと合わせてお楽しみください!❀1種類以上のブーケをご用意しているお花屋さんもございますので、 お届けのお花はマイページよりご確認いただけますと幸いです。❀仕入れ等の都合により、一部こちらで紹介しきれないお花もございます。何卒ご了承くださいませ。

2020年10月09日
Bloomee Style 編集部

白坂花店

  ・バラ
・ブバルディア
・ヒペリカムorかすみ草
・ピットスポラム
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 香りのローズと季節のブバルディア
■お花の特徴、お手入れアドバイス ブバルディアは水下りに敏感です。 水は多めで大丈夫です。 葉物のピットスポラムは徐々にパラパラと散り出すのでその際にはこまめに葉っぱを間引くと良いです バラの外側の花びらは内側を守ってくれています。傷・変色がある場合は優しく取っていただくと、綺麗に飾れます。    

Bloomee LIFE 1号店

  ・カーネーション
・クルメケイトウ
・ソリダコ
・ヒペリカム
・マルバルスカス
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 秋色ブーケ
■お花の特徴、お手入れアドバイス カーネーションは濃いオレンジ、薄いオレンジ、黄色を使用しております! クルメケイトウは鶏の頭に似ていることから漢字では「鶏頭」と書きます。 今回、2種類のクルメケイトウを使用していますので、どちらが届くかはお楽しみに‥‥! ソリダコはキープフラワー(栄養剤)を入れることで、小花が咲きやすく なりますので、ぜひ長くお楽しみください!    

花えん

  ・スプレーバラ
・モカラ(カリプソ)
・カーネーション
・ガーベラ
・ドラセナ
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い  

今週はオトナピンク系の深い秋の色合わせで ブーケをお届けいたします。

■お花の特徴、お手入れアドバイス

いつも大切にお花を楽しんでいただき 本当にありがとうございます。

今週はオトナピンク系で組み合わせをさせていただきました。みなさんのお好みはいかがでしょうか。

カリプソは下の花は早くイタミますが、上の方のお花は長く楽しめると思います。 月曜希望の方はデンファレに変更になります。同じランの仲間なので上の方のお花は長く楽しめると思います。

スプレーバラは店頭で人気の複色系ピンクワルツか 可愛らしいうすいピンク系のフェアリーキッスです。

ドラセナは曲げてブーケに組んでいますが、 飾るときは伸ばしてあげると高さが出てボリューム感が増します。

さてみなさん、花びんはどのようなものを使っていますか? わざわざ買うのも面倒な方は、ぜひ身近なモノを活用して下さいね。

ジャムのビンやフレグランスオイルのビン、 ご当地ドリンクのボトルや栄養ドリンクのビンなど、 ラベルをキレイに剥がしてマスキングテープや麻ひもなどで ひと工夫すればオリジナルアイテムになります。

おうちのあちこちでお花を飾って楽しんでくださいね。

今週もありがとうございました。 Good、Badコメントお願いします。 今後の参考にいたします。

大分市わさだ 花えん〜Hanaen〜

。    

フラワーショップ ル・クール 本店

  ・コスモス
・バラ
・ユーカリ
・フジバカマ
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 【小さい秋みつけた】

■お花の特徴、お手入れアドバイス 活ける前にエコゼリーを綺麗に洗い流してください。 輪ゴムは茎が傷みやすいため、必ず外しましょう。 配送時に擦れて傷んでしまった部分は取り除いてください。 コスモスは数日間、日持ちしますが水落もしやすいため、毎日茎を少しずつ切り戻してあげると長く楽しめます。 茎の切り口が茶色く変色していることがありますので、カットしてから活けてください。 バラは配送時に花弁が擦れて変色してしまうことがあります。 その場合には変色した花弁を取り除いてください。 フジバカマは小さなつぼみや脇枝が多いため、水がやや下がりやすいです。 しっかり水切りしたり、こまめに茎を切り直すと長持ちします。 ユーカリはドライにしてもお楽しみいただけます。 クレマチスは水が下がりやすいのでご注意ください。 マリーゴールドは比較的日持ちは良い方です。 葉っぱが先に黒ずんできてしまうので、汚くなった葉っぱは取り除きましょう。 ワックスフラワーはもちがとても良いお花です。 お花が傷みにくいよう配慮しているため、お花を組んでいませんので、 飾る際には写真を参考にしていただくか、自分流に飾って楽しんでください。

   

池川"FLOWER”生花店

  ・トルコキキョウ
・ヒペリカム
・リンドウ
・スターチス
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 紫トルコ桔梗のブーケ

■お花の特徴、お手入れアドバイス 根元を水の中で切って水揚げしてください。 トルコキキョウは花びらが繊細なお花です。 配送中に形が崩れてしまっていることがありますが、水揚げの際に手でそっと直していただくと綺麗に飾れますよ。 リンドウの花が茶色に変色してしまう場合もあります。その場合はそっと取って飾って下さいね。

   

花成

  ・ワックスフラワー
・ネリネ
・カーネーション
・ユーカリ
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 和風ブーケ
■お花の特徴、お手入れアドバイス ネリネの外側の皮は花が咲いてきたら剥いてあげて下さい

   

フローリスト凛花

  ・トルコキキョウ(品種:プッチーノチョコ)
・ナンバン
・デンファレ
・パンパスグラス(ドライ)
・クルメケイトウ
 

コメント

秋のゴージャスブーケ

トルコキキョウ(品種:プッチーノチョコ ピンクとベージュが混ざったシックな色合いと品種名がとっても可愛い一重咲きのトルコキキョウ。 トルコキキョウという和名ですが桔梗の仲間ではありません。桔梗に似た咲方をする品種はありますが品種改良が進み、花色や咲方の種類は豊富で、日時から冠婚葬祭までシーンを問わず使われている優れものです!

ナンバン 鑑賞用に栽培されたナンバンです! 赤と紫のグラデーションとツヤッとした実が秋らしさを演出してくれます。 特に何もしなくても長持ちしますが、茎が腐りやすいのでバクテリアの繁殖を抑えるために水換えをこまめにおこないましょう。

デンファレ デンファレはランの仲間なので比較的花もちは良く、手入れも簡単です! 焼肉屋さんやフルーツなどで料理の上に紫色の鮮やかな花を乗っているのをよく見かけませんか?あのお花、デンファレなんです! 折れてしまったり、花瓶に入りきらなかった時は料理の上に添えてみましょう✨

パンパスグラス(ドライ) スワッグやブーケなどでよく使われますが、最近はインテリアとしても飾られている事が増えてきたパンパスグラス。 お洒落な洋服店やカフェなどで大きなふわふわしたススキのような植物を見たことはありませんか? その柔らかい雰囲気から、最近ではブライダルフラワーとしても活躍しています! 今回は枝分けしたものをお入れしていますが、本来パンパスは2〜3mにまで成長する大きなイネ科の植物で、ススキに似ていることから「お化けススキ」なんて言われることもあります。

クルメケイトウ キャンドルの様な形をしていたり、鳥のトサカや、垂れ下がるヒモのようなものなど、特徴的な形をしているものばかりです! 今回はその中で脳みそのような形をしたクルメケイトウという種類をお入れしました! 好き嫌いは分かれるかもしれませんが、インパクトがあってゴージャスな雰囲気を出してくれます! 花もちは良いですが、茎が腐りやすいのでこまめな水換えをしましょう。

   

花善

  ・千日紅
・ミスカンサス
・フジバカマ
・クルクマ
・チース
・アンスリューム
・鷹の爪
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 秋の雰囲気のブーケ
■お花の特徴、お手入れアドバイス 到着後まず切り戻してお水につけてください。 秋の七草フジバカマが綺麗な時期になってきました。アンスリュームやミスカンサスは動きのある花材なので遊んでみてください。クルクマは頭の部分を霧吹きしてあげるのも長持ちさせるコツです。ドライにもなるチースと千日紅も可愛いですよ。 では秋の雰囲気をお楽しみくださいませ。    

花のこいずみ

  ・染カーネーション
・トルコキキョウ(2種類)
・ブプレリューム
・かすみ草
・ミスカンサス
 

コメント

花のこいずみおすすめ組み合わせ 染めカーネーションの淡さに白×グリーンの組合せにしました。 ブプレリュームは水が上がっていても流動的な動きをする植物です。 元気がないわけではないのですが、どうしても下を向いてしまうのが気になる方は、かすみ草に引っ掛けてあげるのもオススメです。 悪くなった箇所は丁寧にゆっくり取り除いてあげてくださいね。 ミスカンサスはあえて手を加えず入れて入れてあります。 クルクル丸めてみたりして遊んでみてくださいね    

ハグフラワーズ

  ・吾亦紅
・ワックスフラワー
・バラ
・リンドウ
・トルコキキョウ
・キイチゴ
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い テーマは『秋の夜長』です。 静かな夜の空に浮かぶ、雲と月をイメージして作成いたしました。

■お花の特徴、お手入れアドバイス バラは衝撃に弱く、ぶつかってしまった部分が茶色く変色しやすいのでお気を付けください。茶色くなったものは花びらを1枚ずつ優しく剥がしていただくと長くお楽しみいただけます。 トルコキキョウは花びらが繊細なお花です。 配送中に形が崩れてしまっていることがありますが、水揚げの際に手でそっと直していただくと綺麗に飾れますよ。 リンドウの花が茶色に変色してしまう場合もあります。その場合はそっと取って飾って下さいね。    

フローリスト自由花

  ・バラ(赤or ピンク)
・ガーベラ(フラッシュライト)
・ヒペリカム
・かすみ草
・赤ドラセナ
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い バラ、ガーベラの可愛いブーケ

■お花の特徴、お手入れアドバイス こまめに茎を切り、お水を取り替えてあげて下さい。 バラは外側の花弁が茶色く変色した場合は、花弁をそっと取り除いてあげるとキレイに飾れます。 ドラセナは写真のように、葉を丸めてホチキスでとめても優しい感じで飾れます。 ガーベラは茎が腐りやすく注意が必要です。茎が2~3センチお水に浸かるくらい控えめに入れるとお花が長持ちします。水に使っている部分は腐りやすいので切ってくださいね。    

FlowerHouseハナミズキ

  ・ひまわり
・ヒペリカム
・スターチス
・ソリダコ
 

コメント

ひまわりとヒペリカムのブーケ

ヒペリカムの黒くなった葉は取り除いてください。

お水に入れるときに茎の下を少しだけ切って飾っていただくとより長持ちします。 ひまわりは花の茎の根本から1〜2cmを斜めに切り、茎が水に弱いので少なめの水で良いです。    

株式会社 ナカイフローリスト

  ・カラー
・アンスリューム
・SPカーネーション
・ドラセナ
 

コメント

白いカラーと、グラデーションカラーのアンスリュームを合わせました。SPカーネーションはとても丈夫なので つぼみも綺麗に咲いてくれます♪ドラセナは先を丸めてホチキスなどで留めて飾ると、違う雰囲気になると思います。是非お試しください♪

   

田村フローリスト

  ・バラ
・アイビー
・カーネーション
・スプレーカーネーション
・バーゼリア
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 爽やかブーケ
■お花の特徴、お手入れアドバイス お水をこまめに替えて頂くと長持ちします。 バラは外側の花弁が茶色く変色した場合は、花弁をそっと取り除いてあげるとキレイに飾れますよ。    

花工房パルテール

  ・バラ
・トルコキキョウ
・ヒペリカム
・シュニアータ
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 優しい色合い
■お花の特徴、お手入れアドバイス バラの外側の花びらはカバーの役目。変色は取る。

   

無店舗花屋ルココン

  ・薔薇
・コニカルブラック
・ジニア
・千日紅
・かすみ草orミシマサイコ
 

コメント

■テーマ 秋の可愛らしい花たちで

■お花の特徴、お手入れアドバイス

ピンクのジニアは『the 花!』という感じの可愛らしい姿です。 茎の中は空洞気味なので、強く握って折れないようにお気をつけて下さい。

バラの外側の花弁は中を守り役割をしております。外側の花弁が茶色く変色した場合は、花弁をそっと取り除いてあげるとキレイに飾れます。

千日紅は茎に比べて頭が少し重いので、花頭がもたげる場合があります。

小花は カスミ草かミシマサイコどちらかが入っております。 可愛らしい小さな花達です。

   

フラワー&グリーンマルソー

  ・バラ(黄)
・クルクマ(赤紫)
・カスミソウ
・ススキ
・丸葉ユーカリ
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 秋を感じるようなお花
■お花の特徴、お手入れアドバイス 束ねる際にひとつひとつ確認をしていますが、万が一バラの花弁が蒸れていましたら、取り除いてから飾って頂けると長持ちします。

   

有限会社花升園 船岡店

  ・ガーベラ
・リコリス
・ワレモコウ
・孔雀草
・ドラセナ
・ソリダコ
・カーネーション
・ヒペリカム
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 秋の彩りブーケ
■お花の特徴、お手入れアドバイス 秋の花に可愛らしい色を組み合わせました。 リコリスの花言葉は元気な心、水揚げがいいので深水をしない方がいいです。 ガーベラは頭が重い分茎に負担がかかりやすいので他のお花で支えるように飾ってあげると長持ちします。 ドラセナの葉は大きくて下の長さが十分に取れなかったので、葉の部分が水についている場合は少し切り取っていただいた方が水が汚れません。葉が裂けていた場合はその部分を切り取って形を整えてあげてください。

   

Bloomee LIFE提携店3号店

  ・バラオレンジ
・ユーカリ パルプラ
・ベロニカ
・メラレウカグリーン
・ヒペリカムホワイト
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 癒し系のブーケをテーマにしております! 最近いろんな事で疲れてしまった気持ちに優しく寄り添う事が出来れば幸いです。

■お花の特徴、お手入れアドバイス ユーカリのパルプラは葉っぱが落ちやすいので取り扱いにご注意下さい。ドライフラワーにオススメです! ベロニカは水下がりしやすいので到着後すぐ水あげをお願い致します! メラレウカは別名ティーツリーと呼ばれており香りがします。傷んでいるわけではございません。 ヒペリカムの実は傷みやすい為、傷んだ場合は取り除いて下さい。 バラは外側の花弁が茶色く変色した場合は、花弁をそっと取り除いてあげるとキレイに飾れますよ。    

フロリコル

  ・ガーベラ
・リンドウ(青orピンク)
・SPカーネーション
・アゲラタム
・キノラパン
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 秋色になったリンドウを使ったブーケ。
■お花の特徴、お手入れアドバイス ガーベラはお届け最中に、お花の中の水分が下に下がってしまい、一時的にお花が下向きになってしまうことがあります。 お花が下向きになっている場合は、新聞紙などで茎からお花部分をくるくると巻いて、茎をまっすぐに固定しながら水上げをしてあげるとピンとなると思います。 リンドウは下にお花が付いているものもあります。その場合、そのお花を摘んで小さいお皿に飾っても可愛いですよ。

   

花蔵

  ・バラ キアノ
・スプレーバラ エクレール
・リシアンサス クラシカル
・ナズナ タラピス
・ユーカリ 銀世界
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 落ち着いた色合いのオータムブーケ
■お花の特徴、お手入れアドバイス バラは糖分を好みます。栄養剤できれいに咲きます。 リシアンサスはきれいな水で。毎日取り替えましょう。 ユーカリの香りは気持ちを穏やかにします。 鼻炎にも効果があります。

秋色をたのしみましょう。

   

花悠

  ・大輪薔薇
・スターチス
・スモークグラス
・ヒペリカム
・SP菊
・ヒマワリ
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 大輪薔薇とヒマワリの花束てす。 SP菊を入れてボリーミに!
■お花の特徴、お手入れアドバイス 薔薇の花びらが気になる場合は 1~2枚とって下さい。変色、枯れでは ないのでご案内下さい。 ひまわりは花の茎の根本から1〜2cmを斜めに切り、 茎が水に弱いので少なめの水で良いです。

   

花の店 りん

  ・バラ アクロポリス
・スプレーバラ エクレール
・ブルースター マーブルホワイト
・ハイブリッドスターチス フラミンゴ
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 大輪のバラと、可愛い小花を束ねました。

■お花の特徴、お手入れアドバイス バラの外側の花びらは内側を守ってくれています、外側の花弁が茶色く変色した場合は、花弁をそっと取り除いてあげるとキレイに飾れますよ。 スプレーバラを開花させるためには養分が必要です。栄養剤をしっかりあげましょう。

   

花の店 りん

  ・バラ ゴールドラッシュ
・スプレーバラ エクレール
・ブルースター マーブルホワイト
・ハイブリッドスターチス フラミンゴ
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 大輪のバラと、可愛い小花を束ねました。

■お花の特徴、お手入れアドバイス バラの外側の花びらは内側を守ってくれています、外側の花弁が茶色く変色した場合は、花弁をそっと取り除いてあげるとキレイに飾れますよ。 スプレーバラを開花させるためには養分が必要です。栄養剤をしっかりあげましょう。    

ffHK花亀

  ・バラ
・スカビオサ
・ベロニカ
・フジバカマ
・リキュウソウ
 

コメント

◾️テーマ ナチュラルなパープルブーケ
■お花の特徴、お手入れアドバイス スカビオサは野草の風情のある可愛らしいお花です。 周年出回りはありますが、多く見るのは秋から初夏までの間です。下の葉などは傷んできたら取り除いて下さいね。 バラは外側の花弁が茶色く変色した場合は、花弁をそっと取り除いてあげるとキレイに飾れますよ。 涼しくなってきましたので、お花も少し長く楽しめますね!    

ハナドコロ エン

  ・アスター
・バラ
・ヒペリカム
・センニチコウ
・シルバーキャット
・ミシマサイコまたはベニバナ
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い お部屋を秋色で飾りましょう♩
■お花の特徴、お手入れアドバイス 千日紅とシルバーキャットはドライにしやすいので、お水で楽しんだあと吊るしていただくのがおすすめです! アスターやヒペリカムなどの葉は最初に傷んできますので、傷みはじめたら取り除いてください。 バラは外側の花弁が茶色く変色した場合は、花弁をそっと取り除いてあげるとキレイに飾れますよ。    

FS花いちもんめ宇都宮

  ・バラ
・ワレモコウ
・ガーベラ
・ハイブリッドスターチース
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 秋のピンクブーケ
■お花の特徴、お手入れアドバイス 深みを増した秋のピンクバラに合わせたのは、中心が黒いピンクガーベラ。 素敵なグラデーションのガーベラは、この秋新しく発売された新品種です。 締め色のワレモコウ(又はカーネーション)柔らかい印象のスターチース。 眺めながらゆっくりとした時間を過ごしていただけたら嬉しいです。 ガーベラは茎が腐りやすく注意が必要です。茎が2~3センチお水に浸かるくらい控えめに入れるとお花が長持ちします。水に使っている部分は腐りやすいので切ってくださいね。 バラは外側の花弁が茶色く変色した場合は、花弁をそっと取り除いてあげるとキレイに飾れますよ。    

FS花いちもんめ宇都宮

  ・カーネーション
・バラ
・ハイブリッドスターチース
・スプレーカーネーション
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い バーガンディブーケ
■お花の特徴、お手入れアドバイス バーガンディ色(深みのある赤)のカーネーションにくすみ色のピンクバラを合わせたら、大人っぽい素敵なグラデーションになりました。 このバラは、こんな風にくすんだ色が持ち味です。安心して飾って下さい。 大人可愛い花を眺めながら、ゆっくりとした時間を過ごしていただけたら嬉しいです。 夜の灯りと日中の光の中とでは、とても印象が変わる色合いです。 見くらべてみてくださいね。    

ベルフラワー

  ・バラ
・ブルースター
・ガーベラ
・利休草
 

コメント

■可愛らしいブーケ

■ブルースターは可愛らしいお花ですが、水が下がってしまう事もございますので、もし下がっていたらお手数ですが、お花全部をお水に浸けて半日位おいていただければ水が上がり元気になります。バラは、外側の花弁が茶色く変色した場合は、花弁をそっと取り除いてあげるとキレイに飾れますよトゲがある場合がございますので、お気をつけ下さい。 ガーベラは、保護の為にビニールがついてございますが、取ってお飾り下さい。茎が腐りやすく注意が必要です。茎が2~3センチお水に浸かるくらい控えめに入れるとお花が長持ちします。水に使っている部分は腐りやすいので切ってくださいね。花びらに変色がございましたら、取り除いてお飾り下さい。

   

Flower shop Quatre saisons

  ・バラ(パレオ90)
・バラ(バターキャラメル)
・トルコギキョウ(雪一衣)
・スプレーマム(グリーンスマイル)
・カスミソウ宿根(アルタイルロング)
 

コメント

【テーマ】 

Rainy season

【お手入れ】

秋ですね。 毎日お水を替え切り戻してあげてください! どうぞよろしくお願いします。

バラの外側の花弁が茶色く変色した場合は、 花弁をそっと取り除いてあげるとキレイに飾れます。 花びらは、水がつくとシミになりやすいので、 水換えの際は気をつけてください。

トルコキキョウは花びらが繊細なお花です。 配送中に形が崩れてしまっていることがありますが、 水揚げの際に手でそっと直していただくときれいに飾れます。

   

floral studio FUGA

  ・バラ
・エミューフェザー
・黒とうがらし
・せんにちこう
・かすみ草
・グレビレアゴールド
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い ドライフラワーにしても楽しめるブーケ
■お花の特徴、お手入れアドバイス バラの外側の花びらは若干緑がかったものです。 輸送中に花びらが擦れてしまう事が御座いますが、外側の花びらから優しく取り除いて頂けると綺麗になります。

1週間程度花瓶で楽しんで頂き、その後、逆さまに吊るして乾燥させるとドライフラワーにもなりやすいので是非チャレンジしてみて下さい。    

花のクボタ

  ・ガーベラ(レンブラント)
・バラ(ミスティレイン or プライムチャーム)
・トルコキキョウ(ロジーナブルー)
・グニユーカリ
・ローズマリー
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 秋らしい深めな色合いにユーカリと ローズマリーのグリーンを加えた 香りも楽しめるブーケです。

■お花の特徴、お手入れアドバイス ガーベラはスリーブをはずして飾ってください。 バラの外側の花弁はお花を守る役割があります。 傷がついていたら指でそっとつまんで取り除いて下さい。 トルコキキョウはつぶれて形が崩れていたら そっと指で形を整えて下さい。 ユーカリはドライフラワーでも楽しめます。    

くろだ生花店

  ・スプレー咲きカーネーション
・ワレモコウ
・ペニセタム
・トルコキキョウ
・フジバカマ
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い オータムブーケ
■お花の特徴、お手入れアドバイス

スプレー咲きカーネーションの すこし固めのつぼみは、自然に咲かせるのは難しいのでキレイに咲かせるために、指で軽く花弁を広げて開花を助けてあげると、キレイに開花させることが出来ます。 ワレモコウ、ペニセタムはドライフラワーになります。 ワレモコウはドライになったとき、少し散るので、散っても良い場所に飾って下さい。 トルコキキョウは水換えの時は茎を1センチ程度切り戻すと、切り口が新しくなり水の吸い上げがよくなります。茎がヌルヌルしている場合は流水で洗い流しましょう。茎の色が黄みがかり柔らかくなって腐ってしまっていたら、その部分は全部カットしましょう。カットして短くなってしまったら、小さめの花瓶に生けなおすとまた違った表情を見ることができます。 フジバカマは、日本の秋の花とも言えるお花。秋になるとお花屋さんで手に入りますが、自生している野生種は絶滅危惧種に認定されているお花なのです。ピンクのつぼみも、咲くとふわふわと白い花になるところも人気です。 フジバカマは脇枝が多く水が下がりやすいです。なので、しっかり水切りをしたり、こまめに茎を切り直してあげると長持ちします。

   

ペルコ花店

  ・バラ
・スプレーカーネーション
・クジャクソウ
・ヒペリカム
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い みんなの心が暖かくなりますよーに!との気持ちを込めて
■お花の特徴、お手入れアドバイス カーネーション、クジャクソウは小さいつぼみも咲きます*♬೨̣̥ バラは外側の花弁が茶色く変色した場合は、花弁をそっと取り除いてあげるとキレイに飾れますよ。 バラは赤orピンクになります!お楽しみに!    

花の店 ルフラン

  ・ガーベラ
・トルコキキョウor花なす
・小菊
・スプレーカーネーション
・クジャクヒバorルスカスorドラセナ
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 秋風のブーケ♪
■お花の特徴、お手入れアドバイス 秋のお花を入れて束ねてみました♪

毎日こまめにお水を替えてあげてください。氷水にしてあげると長くお楽しみいただけると思います。 ガーベラは茎が腐りやすく注意が必要です。茎が2~3センチお水に浸かるくらい控えめに入れるとお花が長持ちします。水に使っている部分は腐りやすいので切ってくださいね。 トルコキキョウは花びらが繊細なお花です。 配送中に形が崩れてしまっていることがありますが、水揚げの際に手でそっと直していただくと綺麗に飾れますよ。 *お花の個体差により、お花の輪数等が写真とは異なることがあります。 ご了承ください。

   

ofg -healing

  ・赤バラ
・デンファレ
・カーネーション
・ヒペリカム
・カスミソウ
・イタリアンルスカス
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 清楚な雰囲気のある白デンファレ(蘭) に国産の赤バラ(サムライ)を合わせたブーケ

■お花の特徴、お手入れアドバイス 赤バラとデンファレにヒペリカムを2種類、秋らしい茶色とスターマーク入りの白いのヒペリカムです。 この白スターはエチオピア産なのですが、星のマーク全部手書きなんです。(現地の方が可愛いものを贈ろうと思って書かれたんすね〜)

そこに色味を合わせたスプレーカーネーション、かすみ草でボリュームと小花を足してます。本日のグリーンはイタリアンルスカスです。

今週も花のある生活を楽しんで頂けましたら幸いです。    

フラワーショップ花のん

  ・ケイトウ オレンジクイーン
・ソラナム パンプキン
・りんどう アルビレオ
・スターチス オリジンバイオレット
・スプレーマム カータ
・アイビー インジリーザ
 

コメント

■テーマ  今週はハロウィンカラーをイメージした花材と色合わせのアレンジ  にしてみました。オレンジのケイトウ、青のりんどう、紫のスターチス  、かぼちゃに見立てたソロナム パンプキン(赤ナスの一種)、黄色の  丸いスプレーマム、アイビーを使ってみました。

■お手入れアドバイス  ①当方でお花の位置などを考慮しアレンジしてありますので   輪ゴムを外さずに飾って頂くことをお勧めいたします。  ②花瓶のお水は毎日替えてください。  ③水替え時、2〜3日に一回は茎の底部分を少し切ってください  (お花が水を吸い上げ易くなり、長持ちします)    

フローリストナカムラ

  ・バラ「ライラッククラシック」
・ヒペリカム「さくらロマンス」
・ブプレリウム「グリフィティ」
・ドラセナ「サンデリアーナホワイト」
 

コメント

大人可愛くまとめました。 バラ「ライラッククラシック」は落ち着いたカラーが魅力的なバラです。バラは外側の花弁が茶色く変色した場合は、花弁をそっと取り除いてあげるとキレイに飾れますよ。 ヒペリカム「さくらロマンス」の丸い実がブーケのポイントになっています。 ブプレリウム「グリフィティ」は先端に咲く小さい花が可愛らしく、周りの花を引き立ててくれます。 ドラセナ「サンデリアーナホワイト」はストライプ模様の葉が特徴的で、飾るとオシャレな雰囲気になりますね!    

花の熊谷ノーエン

  ・ピンポンマム
・ピペリクム ピンク
・クジャクヒバ
・フジバカマ
・オンシジューム
・スプレーカーネーション(スターチェリー)
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い
■お花の特徴、お手入れアドバイス

可愛らしいピンポン咲きのマム(菊)を使って 秋のアレンジにしました マムは花の面がよく見えるように挿して下さい ピペリクム、クジャクヒバは奥行感が出るように マムの後ろに挿すと全体にボリュームがでます スターチェリーはピンポンマムを中心に左右に挿し フジバカマはアレンジの空間を埋める様に挿し オンシジュームはアレンジのアクセントとして挿してみて下さい

   

花御縁

  ・バラ マイガール
・ガーベラ
・千日紅 ファイヤーワークス
・アスター マカロンブルー
・カスミソウ
・丸葉ルスカス
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 「カスミソウ」 今週のお届けはカスミソウに合わせた優しい雰囲気の組合せとなっております。
■お花の特徴、お手入れアドバイス バラは外側の花弁が茶色く変色した場合は、花弁をそっと取り除いてあげるとキレイに飾れます。 お届け最中に、お花の中の水分が下に下がってしまい、一時的にお花が下向きになってしまうことがあります。 お花が下向きになっている場合は、新聞紙などで茎からお花部分をくるくると巻いて、茎をまっすぐに固定しながら水上げをしてあげると元気になることがあります。 今週は少し肌寒い日が続きそうですね。 お花にとっては安心な気温ですので、通常のお水揚げで大丈夫かと思われますが、アスターやガーベラなどの茎が柔らかめのお花は少し傷みが見られた段階で早めに切り戻してあげて下さい。

   

フラワー和蘭花

  ・ヒガンバナorコスモス
・花ナス
・リンドウ
・トルコキキョウ
・ワレモコウ
・バラ
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 花ナスのブーケ

■お花の特徴、お手入れアドバイス 花ナスは観賞用のナス(飾りナス)なので食べられませんが、ハロウィン?前にかぼちゃもどきで入れてみました。花ナスはセミドライ(ドライフラワーになるまでの間)としてお水ナシでお楽しみいただけるので花ナスは別飾りとしてディスプレイしていただいても可愛いと思います。もちろんだんだんシワシワになってきますが、またそれも今の季節ならでわの趣があっていいですよ。黒い茎とオレンジの実がハロウィンカラーです。バラの外側の花びらは内側を守ってくれています。傷・変色がある場合は優しく取っていただくと、綺麗に飾れます。トルコキキョウは花びらが繊細なお花です。 配送中に形が崩れてしまっていることがありますが、水揚げの際に手でそっと直していただくと綺麗に飾れますよ。

   

村上フラワー

  ・ガーベラ
・ブバリア
・ミューレンべルキア
・ソケイ
・ケイトウ
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 秋のブーケ

■お花の特徴、お手入れアドバイス お届け最中に、お花の中の水分が下に下がってしまい、一時的にお花が下向きになってしまうことがあります。 お花が下向きになっている場合は、新聞紙などで茎からお花部分をくるくると巻いて、茎をまっすぐに固定しながら水上げをしてあげると元気になることがあります。 ケイトウの葉は薄いので黒くなりやすいですが取り除いて飾って頂ければありがたいです。 お水をこまめに替えて、茎も器も洗って下さいね。    

Alsmeer ユニモ店

  ・ピンクバラ
・ピンクガーベラ
・スプレーカーネーション
・リコリス
・アオチカラシバ
・ソケイ
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い ピンクのブーケ
■お花の特徴、お手入れアドバイス リコリスは茎が柔らかいので水換えの時斜めに切るより少しまっすぐ切る感じの方が綺麗に切れます。 バラは外側の花弁が茶色く変色した場合は、花弁をそっと取り除いてあげるとキレイに飾れますよ。 ガーベラは茎が腐りやすく注意が必要です。茎が2~3センチお水に浸かるくらい控えめに入れるとお花が長持ちします。水に使っている部分は腐りやすいので切ってくださいね。    

株式会社Y’Sフラワーサービス

  ・薔薇 ピンク 二本
・かすみ草
・千日紅
・丸葉ルスカス
・デンファレ ミスティーン
・ブバルディア
・利休草
・デルフィニウム プラチナブルー
・スカビオサ 二本
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 季節の花で色鮮やかに
■お花の特徴、お手入れアドバイス

薔薇は花びらが茶色になる事があります。取り除いていただきますようお願いいたします。 千日紅の額の中から白いものが出てきますが、カビ等ではなく花になります。 丸葉ルスカスの葉っぱの白い点は虫等ではなく蕾です。 スカビオサは時間が経ちますと花落ちします。ご了承の程よろしくお願いいたします。 ブバルディアは、水揚げの際、ハサミではなく、折っていただきますと更に長持ちします。    

marmelo

  ・バラ
・ブルースター
・スカビオサ
・千日紅
・ルスカス
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い カラフルなブーケ
■お花の特徴、お手入れアドバイス ブルースターの茎から出る白い液は、 人によって触るとかゆくなったり かぶれてしまう場合がありますので、 触った後はよく石鹸で手を洗ってください。 バラは外側の花弁が茶色く変色した場合は、 花弁をそっと取り除いてあげるとキレイに飾れますよ    

HANATOSHI

  ・ケイトウ
・ノバラの実
・デンファレ
・リモニューム
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い  今週はケイトウやノバラの実を使って秋らしく、少しハロウィン風のブーケにしました。

■お花の特徴、お手入れアドバイス  ケイトウはお届け最中に水が下がってしまい、一時的にお花が下向きになってしまうことがあります。 その場合は新聞紙などで茎からお花部分を持ち上げるように巻いて、真っ直ぐに固定してから水揚げすると元気になります。 デンファレは下のお花から萎れていきます。色が透けてきたお花は優しく摘み取ってあげ ましょう。

   

フルール・ド・アルル

  ・リンドウ
・スプレーカーネーション
・カーネーション(スリルorノビオシリーズ)
・スターチス(シンジーチーク)orワックスフラワー
 

コメント

■テーマ「セピアBouquet」 今週は、セピアカラーのお花の入ったアンニュイな感じのブーケです! 初めて見るカーネーションやスターチスを使ってみました。
■お花の特徴、お手入れアドバイス 傷んだ花や葉はお取りいただくときれいに飾れます。お花によっては咲かないで終るものもあります。    

ル・シェルブリュー

  ・ケイトウ(変わり咲、ミックス色のどれか)
・ホトトギス
・バラ(ミスピギー)
・カーネーション(アヤメ)
・フルティコーサ(ローズマリー)
 

コメント

■テーマ、初秋の花束

■この花束で最も大事に選んだのはホトトギスとケイトウです。初秋の雰囲気を出すために、バラとカーネーションの色合いを加えました。ローズマリーのグリーンも、まだ秋のはじまり感を出しています。 延命剤を入れておけば、水替え無しで大丈夫だと思いますが、念のため3~4日位したら、水替え、茎の切り戻しをしてください。 ホトトギスは、花が散りやすいですが、散った後に細い種が出来る事もありますので、そのままにしておいてください。 バラは外側の花弁が茶色く変色した場合は、花弁をそっと取り除いてあげるとキレイに飾れますよ。

   

flower HyggE

  ・バラ
・カーネーション
・タカノツメ
・ルスカス
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 秋が深く感じるようになりました。 ほっこりするような色合いにしました

■お花の特徴、お手入れアドバイス センニチコウ・タカノツメはドライフラワーとしても飾っていただけます。 ルスカスはとても長く楽しめる葉ものです。 他の花が枯れてしまっても、ルスカスだけ飾ってください

   

フラワーギャラリー スローダンス

  ・リンドウ
・スプレーバラ
・カーネーション
・スターチス
・ルスカス
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 紫とピンクの秋色ブーケ
■お花の特徴、お手入れアドバイス リンドウの花が茶色に変色してしまう場合もあります。その場合はそっと取って飾って下さい。 バラは外側の花弁が茶色く変色した場合は、花弁をそっと取り除いてあげるとキレイに飾れますよ。 お花が届いたら、茎の先を数ミリ切り戻してから活けてみましょう。水の吸い上げが良くなって元気に咲いてくれます。

   

フラワーギャラリー スローダンス

  ・グラジオラス
・リンドウ
・ベロニカ
・スターチス
・ルスカス
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 紫と赤の秋色ブーケ
■お花の特徴、お手入れアドバイス リンドウの花が茶色に変色してしまう場合もあります。その場合はそっと取って飾って下さい。 お花が届いたら、茎の先を数ミリ切り戻してから活けてみましょう。水の吸い上げが良くなって元気に咲いてくれます。    

フラワーショップROSETA

  ・オレンジバラ
・オレンジケイトウ
・イエローガーベラ
・ソリダスター
・ワレモコウ
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い イエローオレンジのハロウィンカラーのお花でこの季節を楽しんじゃおう!
■お花の特徴、お手入れアドバイス お花が届いたら下のビニールを外し水の中で切り戻していただき深水に約一時間くらいつけてお花がシャキンとして来ましたらお気に入りの花瓶に移して楽しんでください。またお花の中にカボチャの飾り付けをして楽しむのもオススメです。 バラの外側の花びらは内側を守ってくれています。傷・変色がある場合は優しく取っていただくと、綺麗に飾れます。 ガーベラはお届け最中に、お花の中の水分が下に下がってしまい、一時的にお花が下向きになってしまうことがあります。 またお花が下向きになっている場合は、新聞紙などで茎からお花部分をくるくると巻いて、茎をまっすぐに固定しながら水上げをしてあげると元気になることがあります。 ケイトウについている黒いツフツブは種になります。気になる方は、手でこすっておとりください。

   

Citron Leaf

  ・バラ
・ヘリコニヤ・アンナ
・リコリス・オーレア
・ぺニセタム
・ソリダスター・ゴールドエンゼル
・アイビー・ピッツバーグ
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 朝晩が冷え込む時期になってきましたので 温かみのあるカラーのお花でまとめました。
■お花の特徴、お手入れアドバイス リコリスはつぼみの状態で発送しています。 アイビーは大変生命力が強いので挿し木にして簡単に増やすことができます。 バラは外側の花弁が茶色く変色した場合は、花弁をそっと取り除いてあげるとキレイに飾れますよ。    

丸正生花店

  ・スプレーカーネーション
・ワックスフラワー
・スターチス
・小菊
・ユーカリ
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い

ワックスフラワーの秋ブーケ

■お花の特徴、お手入れアドバイス

ユーカリ、スターチス、ワックスフラワーはそのままドライフラワー化します。 小菊は小さい蕾も花を咲かせるので葉が黄色くなったら処理してあげると長持ちします。 スプレーカーネーションはお花が枯れたらその花を摘んであげてください。 お水をこまめに変えてあげてください。

   

オーガニックフラワーMusee de Hanna

  ・カーネーション
・ソラナム
・キキョウラン
・黒米
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い ハロウィンカラー?(オレンジ、紫、黒)を意識したデザイン

■お花の特徴、お手入れアドバイス カボチャのように見えるソラナムは、花ナスといい、ナスの一種(観賞用なので食べられません) カーネーションはガクの先端が茶色くなって大きく反り返ってるものは、鮮度が落ちている証拠です。涼しくなり、長持ちするから大丈夫と思わず!見てあげてくださいね✨    

afloatflowers

  ・トルコキキョウ@ブルーティー
・ブプレリウム@ミシマサイコ
・ペニセタム@ファーリー
・フェイジョア
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い ●秋の装いブーケ♪ベルベットのような質感のトルコキキョウとファーリーのほわほわで深まり行く秋をお楽しみいただけるようなブーケにしてみました。
■お花の特徴、お手入れアドバイス ●トルコキキョウ@ブルーティーは深い紫色でベルベットのような光沢感がある品種です♪ ミシマサイコは黄色く細かい小花が花火のように咲きます。咲き進むと細かな花粉が零れ葉が黄変しますが、このお花の特性となりますのでご安心ください。零れが気にる方は飾る場所にご注意いただき、花器の下にドイリーなどをひいていただくのがオススメです。また、黄変した葉はそっと取り除くとキレイに飾れます。 フェイジョアは丸い葉の表がグリーン、裏が白の優しい雰囲気の枝物です。葉先に新芽がある場合は黒くなりやすいですが、良品の範囲内となります。黒ずみが気になる方は取り除いてから活けてください。繊細で水下がりしやすいため水揚げをしっかりと行いマメなお手入れを。 ファーリーも種零れがありますがこちらも特性となります。    

フラワ-華実

  ・ガーベラ
・ケイトウ
・ワレモコウ
・アセビ
 

コメント

■今回は秋の七草をイメージした可愛らしいブーケをお届け致しました。

■たっぷりのお水に入れてあげて下さい。毎日水を交換すると花の持ちが良くなります。また、その際、茎を少し切って頂けると尚良いです。ワレモコウはドライフラワーでもお楽しみ頂けるお花です。    

花手紙

  ・カーネーション
・モカラ“ルビー”
・唐辛子“カメレオン”
・ポリシャス
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 実物(唐辛子)で秋を感じてもらえるようにアレンジしました

■お花の特徴、お手入れアドバイス カーネーションと唐辛子は茎が滑り易いので、毎日水換えの際に流水で洗い流し、花瓶の中は中性洗剤で洗い、切り戻してからきれいな水を入れた花瓶に戻して下さい。 唐辛子はドライにもなります。 紫や黄色の唐辛子は赤に変化していきます。 モカラは下のお花から傷んでくるので、傷んだお花は取り除いてもらえると長く楽しんで頂けます。

   

花時計

  ・バラ
・カラー
・クジャクソウ
・スプレーマム
・ユーカリ
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い お部屋を明るくして、気分が明るくなれるように♪
■お花の特徴、お手入れアドバイス バラは外側の花弁が茶色く変色した場合は、花弁をそっと取り除いてあげるとキレイに飾れますよ。 涼しい場所に置き、小まめにお水の取り替えをお願いします。    

arbluem

  ・ミリオグラタス
・リモニューム
・spカーネーション
・stカーネーション
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 秋色のグラン
■お花の特徴、お手入れアドバイス ミリオは葉が落ちると散らかるので 色が変わったら取り除いてください。 カーネーションは持ちがいいのですが、ガクの先端が茶色くなって大きく反り返ってるものは、鮮度が落ちている証拠です。気温も下がってきていますが、長持ちするから大丈夫と思わず!見てあげてください。

   

Bloomee LIFE提携店舗

  ・ガーベラ
・ブルースター
・ヒペリカム ココウノ
・リンドウ紅葉
・アイビー
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 青と白の爽やかブーケ
■お花の特徴、お手入れアドバイス 最近オレンジや黄色ばかりだったので青と白で爽やかにして見ました。 ブルースターは水が下がりやすいので湯あげなどをしていただき、茎からは白い液体がでますのでよく洗い流してあげて下さい。 リンドウは秋色になってきました。葉っぱが茶色のは痛みではなく紅葉してきているものなので季節感をお楽しみ下さい。

   

エメヴァレフルール

  ・カーネーション
・ケイトウ
・センニチコウ
・スターチス
・ブルーファンタジー
・ユーカリ
・ミスカンサス
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い ダークカラーブーケ
■お花の特徴、お手入れアドバイス

ケイトウの茎は、傷みやすいのでこまめなお水の交換とお水替えの際は、全ての植物の切り口を5~10ミリ程度カットしてください。    

はこねフローリスト

  ・ローズヒップ
・カーネーション
・スターチス
・千日紅
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い ビビットカラーのブーケ
■お花の特徴、お手入れアドバイス スターチス、千日紅はドライフラワーとしても楽しめます。ちなみにこちらのローズヒップは鑑賞用となります。    

エスポトキオ

  ・カーネション (エルメス)
・トルコキキョウ
・りんどう
・野ばらの実
・ワレモコウ
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い

爽やかな秋の花束です。

■お花の特徴、お手入れアドバイス

お花が到着しましたらゴムをはずし、保水の為の エコゼリーを洗い流して たっぷりのお水の中で 茎の下を少し切って水揚げをしてください。 トルコキキョウは、淡いグリーンで今人気の色味です。 お花が開ききった感がありますが 市場直送の新鮮な お花です。野ばらの実は、ドライフラワーとしても お楽しみくださいませ。

   

エリ花工房

  ・カーネーション ビゼット
・カーネーション ムーンライト
・トルコキキョウ
・センニチコウ
・野ばらの実
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 清潔感のあるアレンジ

■お花の特徴、お手入れアドバイス 雨の中、お花が届くかと思います。 湿度が高いので、できるだけ早めに開封してください。 蒸れて花びらが茶色くなっている時は、外側の花びらをとってください。 長持ちさせるには、お水を毎日替えてあげるとよいです。 また、茎もちょっとでもよいのでよく切れるハサミでカットしてください。

   

Bloomee LIFE提携店2号店

  ・バラ ピンク系 や 赤系など
・モカラ ピンク系 又は その他の色
・ローズベリーパフェ(ケイトウ)またはその他のケイトウ
・かすみ草
・グリーン(フロリダビューティーなどなど)
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い ちょっとゴージャスに薔薇を使った 大人ピンク系のお花たちです
■お花の特徴、お手入れアドバイス バラは外側の花弁が茶色く変色した場合は、花弁をそっと取り除いてあげるとキレイに飾れますよ。 バラ、かすみ草はドライフラワーにもなります。 ドライフラワーにする際には日の当たらない 風通しの良い場所で、逆さに吊るして しっかりと乾燥させて下さい。 モカラ、ローズベリーパフェ、かすみ草とも 持ちの良いお花ですが、日々のお水替えと 切り戻しをお願い致します。

   

Flower Design Studio SHAMROCK

  ・鉄砲ユリ(白)
・スカビオサ(紫)
・スプレーカーネーション(ピンク)
・トルコキキョウ(白)
・ルスカス(葉っぱ)
 

コメント

■お花の特徴、お手入れアドバイス 鉄砲ユリは寒いと咲くまで少し時間がかかるかもしれませんので、それまで花瓶と水をきれいに保つよう心がけましょう。 スカビオサは茎がとっても細いので、お取り扱いにご注意ください。    

BELLUP フラワー&クラフト

  ・スプレーローズ
・久留米ケイトウ
・スターチス
・ローズマリー
 

コメント

ハロウィンカラーのブーケ

ローズマリーはとても香りが強いです。 手で触ると香りがうつることもあります。

バラは外側の花弁が茶色く変色した場合は、花弁をそっと取り除いてあげるとキレイに飾れますよ。 ケイトウは茎が腐りやすいので浅水で管理してくださいね。

   

株式会社PLY GIFT

  ・スプレーバラ(P)
・ケイトウ(R)
・かすみ草(白)
・ハイブリッドスターチス(P)
・ルスカス(葉)
・りんどう(紫)又はガーベラ(P)
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い お待たせしました〜!涼しくなってきたのでバラを入れたブーケのお届けです^^‼︎
■お花の特徴、お手入れアドバイス 切り口をマメに新しくカットし長持ちさせてみて下さい^
^♪ バラの外側の花びらは内側を守ってくれています。傷・変色がある場合は優しく取っていただくと、綺麗に飾れます。    

ballerina バレリーナ

  ・ガーベラ オレンジ、白
・spカーネーション オレンジ
・spデルフィニウム ブルー
・ワレモコウ 茶
・オンシジューム 黄色
・細葉ルスカス 葉物
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 秋らしい中にビビッドなオレンジで元気に!
■お花の特徴、お手入れアドバイス ☆秋の雰囲気と元気なオレンジ明るい感じにしました ☆お水は少なめが長持ちの秘訣です ガーベラはお届け最中に、お花の中の水分が下に下がってしまい、一時的にお花が下向きになってしまうことがあります。 またお花が下向きになっている場合は、新聞紙などで茎からお花部分をくるくると巻いて、茎をまっすぐに固定しながら水上げをしてあげると元気になることがあります。 カーネーションが硬く閉じた状態の場合、しばらくすると咲いてきます。花びらが柔らかくなったら優しく手で開いてあげてもいいです。 デルフィニウムの花びらに赤っぽく色がついているところがありますが、傷みによる変色ではなくお花の性質です。 丸葉ルスカスの葉は、裏に白い花を咲かせるので、裏に白い蕾がありますが、虫ではないので安心してください。

   

ballerina バレリーナ

  ・ばら パープルorピンク
・ソリダゴ 黄色
・スターチス スウォロウィ
・スターチス ブライダルクイーン
・spカーネーション オレンジ
・タバリアファン 葉物
・唐辛子
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い パープルを中心にシックな色合いで
■お花の特徴、お手入れアドバイス ☆スターチスは二種類が入っています。 ☆お水は少なめが長持ちの秘訣です。 バラの外側の花びらは内側を守ってくれています。傷・変色がある場合は優しく取っていただくと、綺麗に飾れます。 ソリダコは、沸騰したお湯に茎の切り口10秒つけて、すばやく水のバケツに入れます。(湯上げという方法です。) カーネーションが硬く閉じた状態の場合、しばらくすると咲いてきます。花びらが柔らかくなったら優しく手で開いてあげてもいいです。 唐辛子はドライにもなります。    

シーズン・ハーツ 九段下店

  ・バラ サムライ08
・センニチコウ オードリーピンク
・クルクマ エメラルドパゴダ
・アイビー パーサリー
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 秋らしい赤や濃いピンクを入れたアレンジにしてみました。

■お花の特徴、お手入れアドバイス ・ バラ サムライ08 和風な名前とは裏腹に、フランスのバラの名門、メイアン社がサムライ・スピリットに敬意を払って作出したバラで、作出したのが2008年から、「サムライ08」として発表されました。(一般的には08を省略しサムライとして流通しています。)ビロードがかった深紅色のバラで、花弁質は輸送時のショックに非常に強く、水揚げも良く、切バラ流通における適応性にも優れたバラです。長年赤バラの代表として使われていた、「ローテローゼ」に代わって、最近では赤バラの主流となっています。

・ センニチコウ オードリーピンク 漢字で「千日紅」と書くくらい、鉢植えでは長く楽しむことができるお花ですが、切花の場合は、やや水が下がりやすい特徴があるため、首元が曲がってきたら、首がまっすぐになるように紙などで巻いて、切り戻しをして深水に数時間入れてみてください。ドライフラワーとして楽しむことができるため、ドライフラワーにしたい場合は花がポロポロと落ちる前に加工しましょう

・ クルクマ エメラルドパゴダ 。花びらが重なった花のように⾒えるものは、花ではなく苞(ホウ)と呼ばれる部分で、苞の間に隠れるように小さい花がさきます。エメラルドパゴダは花保ちが非常に良く、中輪タイプの輝くエメラルドの様な鮮やかなグリーンの品種です。

・ アイビー パーサリー アイビーは、学名「ヘデラ(Hedera)」和名「セイヨウキヅタ」と呼ばれる観葉植物ですが、切花としても人気です!パーサリーはアイビーの中でもなかなか見ることの出来ない希少品種で、特徴はヒラヒラとした葉にグリーンの縁が濃く黒っぽくなっています。    

和ばな 八王子オクトーレ店

  ・バラ トリックス!
・トウガラシ カメレオン
・カスミソウ ベールスター
・ブバリア ロイヤルダフネレッド
・ユーカリ ポポラスリーフ
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い ハロウィンブーケ第1弾~お菓子なブーケ~ お菓子のアソートをテーマにお花を集めました。なんのお菓子をイメージしますか?今年はお家でHappyHalloween!

■お花の特徴、お手入れアドバイス トウガラシは観賞用なので食べれません、お気をつけ下さい。 ブバリアはお水が下がりやすいので届いたらなるべく早く水あげを、もし下がっていなくても多少多めの水に活けるのがコツです(今回の花材は多めの水でもOK) バラの外側の花びらは内側を守ってくれています。傷・変色がある場合は優しく取っていただくと、綺麗に飾れます。 ユーカリは柔らかく動きを出せるのでいろいろ配置してアレンジを楽しんで下さい♪ 涼しくなってきましたが定期的なお水替えはお花が喜びます。    

花の店 カモミール

  ・バラ「万華鏡」
・けいとう「オレンジクィーン」
・千日紅「オードリーホワイト」(白)
・ワレモコウ
・紅葉ヒペリカム(葉)
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 珍しい色のバラ「万華鏡」をメインに、「けいとう」や「紅葉ヒペリカム」などの枝を合わせたブーケです。 赤やオレンジなどの秋ならではの色合わせも楽しんでいただけたらと思います。

■お花の特徴、お手入れアドバイス バラは花びらが傷つきやすいので、取り扱いにはご注意ください。外側の傷んだ花びらはそっと取り除いてあげるときれいな状態になります。

お花が届きましたら、最初に茎を1センチ位カットしてから花びんに活けるとお水を吸いやすくなりお花が元気になります。

   

花屋睡蓮

  ・トルコキキョウ「セレブオーキッド」
・バラ「チアガール」
・リンドウピンク
・スプレーマムピンク
・スプレーマム「フェリー」
・ナンテンの葉
 

コメント

丸みを帯びた可愛らしいバラと発色の良い濃いピンクリンドウをあしらい、淡い紫のグラデーションのトルコキキョウ、グリーンのマムをアクセントにしました。 色のコンビネーションもお楽しみ下さい。
■お花の特徴、お手入れアドバイス バラは水が下がり易いお花なので、お水を交換する時になるべく切り口断面が多くなるようにカットすると保ちが良くなります。 リンドウの花が茶色に変色してしまう場合もあります。その場合はそっと取って飾って下さい。 トルコキキョウは花びらが繊細なお花です。 配送中に形が崩れてしまっていることがありますが、水揚げの際に手でそっと直していただくと綺麗に飾れますよ。    

秀花園

  ・バラ
・モカラ(カリプソ)
・カラー(レッドチャーム)
・ヒペリカム(ホワイト)
・リモニュームHB(キノラパン)
・アイビー(ピンクワンダー)
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 豪華に華やかな
■お花の特徴、お手入れアドバイス お届け致しましたエコゼリーの袋を止めているセロテープは、折り返しをつけていますので、そこから剥がしますと、簡単に取れるようになっています。 今週は花もちの良い蘭を使い鮮やかなピンクの濃淡でまとめました。 バラは外側のはなびらを付けたまま、お届けしております。その花びらは中のお花を守っている為、お飾りいただく時は、優しくスライドさせながらお取り下さい。 守られたお花が綺麗に咲いてくれます。 濃いピンクの中に優しいお色のバラとホワイトのヒペリカムをどこに入れるかで、印象がかわります。 蘭はお花が何個もついている為、外側にお飾りいただくと、1つ1つのお花が良く見えると思います。 花瓶の下にひいてある和紙はお届け時お花をお包みした物になります。ひく事で雰囲気を変えてもくれますので、是非ご利用下さい。 涼しくなってきましたが、お水の替えも忘れずに♫ 今週のお花はいかがでしたか? 気に入っていただけたら嬉しいです♪ また、コメントや評価などしていただけましたら、励みになります。 宜しくお願い致します。

   

(hana-naya)

  ・バラ
・リンドウ
・カスミソウ
・ユーカリ
・ミスカンサス
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 秋のバラのスウィートブーケ
■お花の特徴、お手入れアドバイス バラは深めのお水にお飾りください。 外側の花びらは内側を守ってくれています。傷・変色がある場合は優しく取っていただくと、綺麗に飾れます。    

KIS

  ・千日紅
・オーレア
・SPカーネーション
・カスミソウ
・アレカヤシ
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 秋を感じる涼しげブーケ
■お花の特徴、お手入れアドバイス 千日紅とカスミソウはドライにもなるので楽しみ終わった後は吊るしてお楽しみください

   

Flower Labo

  ・リンドウ(ラブリーアシロ)
・トルコギキョウ(八重ピンクフラッシュ)
・リモニウム(ピュアダイヤモンド)
・ドラセナ(コーディラインレッド)
 

コメント

優しい秋色ブーケ

リンドウとふわふわ可愛いリモニウムと八重ピンクトルコをドラセナでまとめてみました

リンドウは花が透けてきたら、そこを取り除き飾って下さい トルコギキョウは茎が折れやすいので、優しく扱って下さい リモニウムはそのままドライフラワーとして楽しむこともできます ドラセナは箱の大きさの関係で、ホチキスでまとめてデザインしているものもあります、そのまま飾って下さい 神奈川県葉山町からお届けします    

Flower Labo

  ・リンドウ(ピンクorブルー)
・リモニウム(色はお楽しみに)
・てまり草
・ドラセナ(コーディラインレッド)
 

コメント

優しい秋色ブーケ
リンドウとふわふわ可愛いリモニウムと黄緑が可愛いてまり草をドラセナでまとめてみました リンドウは花が透けてきたら、そこを取り除き飾って下さい リモニウムはそのままドライフラワーとして楽しむこともできます ドラセナは箱の大きさの関係で、ホチキスでまとめてデザインしているものもあります、そのまま飾って下さい 神奈川県葉山町からお届けします    

NOONFLOS

  ・リンドウ 安代の涼風
・ケイトウ
・ミスカンサスorルスカス
・カスタードダークオレンジカーネーション
 

コメント

■秋の夜長のおともアレンジ。
■水さがりをしてしまったら、新聞紙などでキツ目にくるくる巻いて溜め水の中で切り戻し、しばらくそのままつけておいて下さい、数時間もするとシャキッとなります。よく切れる花バサミで切る事もとても大事です。

   

Astoria

  ・カーネーション(色ランダム)
・ワレモコウ
・タカノツメ
・ミスカンサス
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 秋のブーケ。
■お花の特徴、お手入れアドバイス 日々の水換えと切り戻しをお願いします。 カーネーションが硬く閉じた状態の場合、しばらくすると咲いてきます。花びらが柔らかくなったら優しく手で開いてあげてもいいです。    

Astoria

  ・カーネーション(色ランダム)
・ワレモコウ
・ミスカンサス
・アンスリウム
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 秋のブーケ。
■お花の特徴、お手入れアドバイス

日々の水換えと切り戻しをお願いします。 カーネーションが硬く閉じた状態の場合、しばらくすると咲いてきます。花びらが柔らかくなったら優しく手で開いてあげてもいいです。    

Astoria

  ・ケイトウ(色ランダム)
・バラの実
・リンドウ
・ミスカンサス
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 秋のブーケ。
■お花の特徴、お手入れアドバイス、

ケイトウはお花の下の部分に黒い小さな種がついてくる場合があります。葉がチリチリになっていましたら外してあげて下さい。お花は元気です。 バラの実、ケイトウはドライフラワーとしてもお楽しみに頂けます。 リンドウの花が茶色に変色してきたら取り除いて下さい    

nori

  ・モカラ
・スターチス
・ドラセナ
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い トロピカル
■お花の特徴、お手入れアドバイス モカラは傷がつきやすい性質です。気になるときは花びらを優しく取り除いて下さい。たくさんお花がついていますので、数輪花を落としても長く楽しめます。 スターチスはドライフラワーになります。 ドラセナは大きさの都合上、丸めてあります。ホチキスは、無理に外さず、そのまま飾って下さい。 ※お花は、なまものです。生産者さんからの出荷の段階で多少の傷や痛みがある場合もあります。ご理解下さい。

   

ふるーるあん

  ・バラ
・ワレモコウ
・ヒペリカム
・スプレーカーネーション
 

コメント

■オレンジバラの花束

■心が温かくなるようなオレンジが、目に鮮やかなこのバラはカルピデュームと言う名前でラテン語で 「今この瞬間を生きる」と言う意味だそうです。花瓶に飾るにはまず、水に浸かる部分の葉は取り除きましょう。水を張ったボウルの中で茎を斜めにカットします。花瓶の水はこまめに取り替えましょう。その時も茎をカットしましょう。茎先もぬめりが出て水を吸収することが出来なくなるからです。ワレモコウはバラ科の多年草で日本をはじめ、中国やしペリア、ヨーロッパに自生しています。開花期には2ミリ弱の小さい花が茎の先端に向かって咲く事が多いです。小花を穂状につける植物の多くは下から先端に向かって咲くことが多いです。 ワレモコウは先端から下に向かって咲き進んでいくところが少し変わっています。 こういう咲き方を有限花序と呼ぶそうです。 ヒペリカムはオトギリソウ科の半落葉性の常緑低木で中央アジアから地中海沿岸が原産です。暑さ寒さに強く病気や虫の害も少なく育てやすい植物です。開花期は5〜7月で黄色い花が次々と咲きます。花びらは5枚で中心には放射線状に数十本のおしべが並びます。花が枯れるにしたがって実は赤く色づきはじめます。

   

NATIVE GARDEN

  ・バラ ミントティ
・トルコギキョウ レイナラベンダー
・カーネーション オペラ
・センニチコウ ローズネオン
・ユーカリ グニー
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い ピンク、パープルのエレガンスブーケ!

■お花の特徴、お手入れアドバイス グリーンのバラの花びらが傷んできましたら取り除いて下さい。水を変えていただくたびに、茎を少しカットしていただくと持ちが良くなります。    

AVANTI

  ・ネリネ
・リンドウ
・スプレーマム
・ミスカンサス
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い
■お花の特徴、お手入れアドバイス ネリネのガクは茶色く、優しく花を包みます。 リンドウの枯れた花は取り除いて最後のひと花が咲くまでお楽しみ下さい。

   

FlowerShop NONI

  ・ブルースター
・バラ
・ワレモコウ
・トルコキキョウ
・モカラ
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い ブルースター

■お花の特徴、お手入れアドバイス ブルースターの花は素敵な花言葉を持っていることでも有名です。親愛、幸福な愛、信じあう心と言った意味を持っています。幸せをイメージする花言葉の為、男の子の誕生や結婚式のブーケなどにもピッタリなのです。ブルースターは切り口から白い樹液が出ます。付着しておりましたらご了承ください。 バラの外側の花弁は中を守る役割をしております。外側の花弁が茶色く変色した場合は、花弁をそっと取り除いてあげるとキレイに飾れます。 トルコキキョウは花びらが繊細なお花です。 配送中に形が崩れてしまっていることがありますが、水揚げの際に手でそっと直していただくと綺麗に飾れますよ。

   

株式会社花孝本店

  ・バラ(コーラルハート)
・カラー
・オーレア
・サンダーソニア
・クッカバラ
・キキョウラン
 

コメント

■テーマは「オレンジ★カーニバル」です。
ハロウィンも近づく今日この頃。色んなトーンのオレンジのお花で楽しんでください。 バラの外側の花びらは内側を守ってくれています。傷・変色がある場合は優しく取っていただくと、綺麗に飾れます。    

Blue Rose

  ・トルコキキョウ
・モカラ
・千日紅
・ソリダスター
・レモンリーフ
 

コメント

秋らしい色合いのブーケにしました。
トルコキキョウは花びらが繊細なお花です。 配送中に形が崩れてしまっていることがありますが、水揚げの際に手でそっと直していただくと綺麗に飾れますよ。 また、茎が細く折れやすいため優しく扱ってあげてください。 お水は毎日替え、茎を少し切り戻す事でより長持ちします。

   

サン・テ・ローズ

  ・グラジオラス
・オンシジューム
・ガーベラ≪色はお楽しみに≫
・ひまわり
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 夏の終わりのミニブーケ
■お花の特徴、お手入れアドバイス お水に入れるときに茎の下を少しだけ切って切り口を新しくしてあげるとより長持ちします。切り花延命剤を入れて下さいね お花が下向きになっている場合は、新聞紙などで茎からお花部分をくるくると巻いて、茎をまっすぐに固定しながら水上げをしてあげると元気になることがあります。 ガーベラは深水ではなく、茎が2~3センチお水に浸かるくらいだとお花が長持ちします

   

Oko FlowerMarket

  ・バラ
・アスター
・デンファレ
・ソリダコ
・トルコキキョウ
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 鮮やかなミ二ブーケ
■お花の特徴、お手入れアドバイス 下を少し切って、深めの水で鑑賞してください。 トルコキキョウは花びらが繊細なお花です。 配送中に形が崩れてしまっていることがありますが、水揚げの際に手でそっと直していただくと綺麗に飾れますよ。    

フラワーショップ ジュリア

  ・りんどう
・雪柳(塗り)
・ケイトウ
・モカラ
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 秋風を運ぶブーケ
■お花の特徴、お手入れアドバイス

雪柳は葉がはらはらと散りますが、それも秋の紅葉の風景としてお楽しみ下さい。    

りとるがぁでん萌

  ・カーネーション(2種)
・トルコキキョウ
・ワレモコウ
・ソケイ
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 秋のアンティークブーケ
■お花の特徴、お手入れアドバイス アンティークカラーのトルコキキョウやワレモコウで秋を感じて下さい。トルコキキョウは花びらが柔らかい花です。輸送中に箱の中で形が変わる場合がありますが、切り口を新しくして新鮮なお水に生けていただくと綺麗に咲いてくれます!

   

りとるがぁでん萌

  ・ガーベラ
・カーネーション
・ワレモコウ
・ソケイ
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 秋のアンティークカラーブーケ
■お花の特徴、お手入れアドバイス 季節を感じていただけるようにと思いを込めて、アンティークカラーのブーケを作りました。切り口を新しくして新鮮な水に生けてお楽しみください。

   

株式会社フローラル・一花 本店

  ・スプレーバラ
・マリーゴールド
・カーネーション
・リキュウソウ
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 【秋色のブーケ】サンアデューという黄色のスプレーバラとマリーゴールドのオレンジの色の組み合わせが秋らしいブーケです。
■お花の特徴、お手入れアドバイス スプレーバラは外側の花びらが傷つきやすいので傷ついていたらとってあげてください。 水を替えるとき花瓶も一緒に洗ってあげると長持ちします。

   

フルールふるる

  ・バラ
・ホトトギス or ワレモコウ
・千日紅
・ドラセナ ゴッドセフィアナ
・ガーベラ(カラーおまかせ)
・HBスターチス
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 秋色のオレンジバラを入れたブーケ
■お花の特徴、お手入れアドバイス バラの外側の花びらは花を守る役割があり、お届けの際にも保護の為付けたままお送りしています。到着時傷がある場合はそっと取り除いて下さい。 ホトトギスは花が開くと落ちやすいので、つぼみの状態のものを多くお入れしています。配送中に花が開いて落ちている場合は取り除いて下さいね。    

花まつ

  ・ガーベラ
・アストランティア
・スプレーカーネーション
・ブルーアイス
 

コメント

可愛い秋色のガーベラと、アストランティアを合わせてふんわりナチュラルなミニブーケ。カーネーションの爽やかなグリーンがワンポイント。ブルーアイスは近くにいるだけでも独特の香りがします。 ガーベラは花瓶のお水を少なめにしてあげるといいですよ♪

   

サンフラワー花栄勝山サンプラザ店

  ・バラ
・ヒペリカム
・カーネーション
・ハイブリットチース
・スターチス
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 淡いバラを活かして・・・
■お花の特徴、お手入れアドバイス バラは各色あり、複色になっているものもあります。花の形も大きく分けてノーマル系、オールド系、和バラ系などあります。オールド系は花びらが多くお花全体が丸みのあるものになります。綺麗に咲かすことが出来ると花びらが多いのもあり、すごく存在感があります。今回のバラはノーマル系で皆さんがよく目にする花の形になると思います。黄色とグリーンの中間のような色合いになります。淡い色合いで優しく落ち着いた感じを出してくれます。淡い色合いなので花びらの傷が目立ちがちですが、ある程度咲いてくるとほぼ見えない一番外側になるので気にならなくなるかと思います。かなりひどい場合には一枚の花びらの根元で花びら一枚を綺麗にとってください。花びらの途中で破れたりしないようにしてください、少しコツがいるので基本的にしない方がいいです。とにかく一番外側の花びらが90度以上になるくらい咲かせられるよう水の管理や温度、湿度など気にかけてあげて下さい。飾る場所を色々と変えてしっかり咲かすことが出来た場所がお家の中で環境的にお花を飾るには向いているところになるかと思います。ある程度飾り終わったら、完全にダメになってします前に乾燥したところ吊るすなどしてドライフラワーにして楽しむのもよいです。ドライフラワーは短時間でまんべんなく乾燥させるほど綺麗にドライフラワーにすることが出来ます。

ヒペリカムは赤、ピンク、白、グリーンなどがあります。品種などにより色合いや実の大きさやつき方などが多少違いがあります。ある程度枝が貼っているので他のお花を上手く絡めるなどして飾って下さい。

   

サンフラワー花栄勝山サンプラザ店

  ・バラ
・トルコキキョウ
・カーネーション
・ヒペリカム
・スターチス
・フェイジョア
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 淡いバラを添えて・・・
■お花の特徴、お手入れアドバイス バラは各色あり、複色になっているものもあります。花の形も大きく分けてノーマル系、オールド系、和バラ系などあります。オールド系は花びらが多くお花全体が丸みのあるものになります。綺麗に咲かすことが出来ると花びらが多いのもあり、すごく存在感があります。今回のバラはノーマル系で皆さんがよく目にする花の形になると思います。黄色とグリーンの中間のような色合いになります。淡い色合いで優しく落ち着いた感じを出してくれます。淡い色合いなので花びらの傷が目立ちがちですが、ある程度咲いてくるとほぼ見えない一番外側になるので気にならなくなるかと思います。かなりひどい場合には一枚の花びらの根元で花びら一枚を綺麗にとってください。花びらの途中で破れたりしないようにしてください、少しコツがいるので基本的にしない方がいいです。とにかく一番外側の花びらが90度以上になるくらい咲かせられるよう水の管理や温度、湿度など気にかけてあげて下さい。飾る場所を色々と変えてしっかり咲かすことが出来た場所がお家の中で環境的にお花を飾るには向いているところになるかと思います。ある程度飾り終わったら、完全にダメになってします前に乾燥したところ吊るすなどしてドライフラワーにして楽しむのもよいです。ドライフラワーは短時間でまんべんなく乾燥させるほど綺麗にドライフラワーにすることが出来ます。

ヒペリカムは赤、ピンク、白、グリーンなどがあります。品種などにより色合いや実の大きさやつき方などが多少違いがあります。ある程度枝が貼っているので他のお花を上手く絡めるなどして飾って下さい。

   

花ごころ

  ・バラ
・ネリネ
・ピットスポルム
・リキュウソウ
・スモークグラス
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 秋の草原をイメージした癒し系ミニブーケ♪
■お花の特徴、お手入れアドバイス ネリネは花持ちがいいのですが花びらが順番に傷んでくるので気になる花びら(花序)は切ってください♪秋冬の花の代表で季節感が豊かな花ですので是非上品な色合いを眺めて楽しんでくださいね♪ スモークグラスは、グリーンのシャワーのようなフサフサ感を他の花に被らないように飾ってくださいね♪    

Bonne Vie

  ・ヒマワリ
・ケイトウ
・アゲラタム
・千日紅
・ハイブリッドスターチス
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い

夏から秋へ

■お花の特徴、お手入れアドバイス

お花が長旅で疲れているので、丁寧に水揚げをしてあげてください。茎の先端を少しカットすると水があがりやすくなります。(お花が届いた時と水交換時にぜひやってみてください。)

輪ゴムをはずし、花材それぞれの茎についた エコゼリーを水で洗ってから、器に飾ってください。

なるべく水を1日1回入れ替えて、花器の内側も洗って清潔を保つとお花が長持ちします。    

花国

  ・ライラッククラシック(バラ)
・紫苑(クルクマ)
・ベロニカ
・ダイアンサス
・ハイブリットスターチス
・アセビまたはソケイ
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 赤紫を基調にして秋を感じていただけるブーケを束ねました。
■お花の特徴、お手入れアドバイス バラの外側の花びらが傷んできた際には、やさしく取り外してください。 クルクマの色合い、ベロニカの花穂の向きは、自然な姿ですので、ご了承ください。 ダイアンサスはミックスで入荷していますので、お客様によっては異なる色のものが届くことがあります。    

Flavor of flower

  ・リンドウ
・spカーネーション
・草花(ホトトギス)
・ソリダコ
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 秋色カラー、かわいらしいお花達でまとめてみました( ¨̮ )
■お花の特徴、お手入れアドバイス こまめに水を換える事が長持ちする秘訣です。 リンドウやホトトギスは下の方のお花から枯れていくので優しく摘み取ってあげて下さい( ˶˙ᵕ˙˶ )

   

Flavor of flower

  ・リンドウ
・ソリダコ
・草花(アスター)
・spカーネーション
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 秋色カラー、かわいらしいお花でまとめてみました( ¨̮ )
■お花の特徴、お手入れアドバイス こまめに水を換える事が長持ちする秘訣です。 リンドウは下の方のお花から枯れていくので優しく摘み取ってあげて下さい( ˶˙ᵕ˙˶ )

   

花一生花店

  ・ドラセナ
・ヒペカリウム
・スプレーカーネーション
・ブルーレース
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 紫を取り入れ落ち着いた雰囲気を出しました。
■お花の特徴、お手入れアドバイス 花びらが薄く痛みやすいので、 取り扱いにご注意ください。 カーネーションが硬く閉じた状態の場合、しばらくすると咲いてきます。 花びらが柔らかくなったら優しく手で開いてあげてもいいです。    

(株)みどりや花店 Rico

  ・バラ
・千日紅
・ヒペリカム
・マトリカリア
・パニカム
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 鮮やかな黄色のバラと千日紅のブーケ
■お花の特徴、お手入れアドバイス

鮮やかな色のバラと千日紅に、パニカムをプラスで秋の雰囲気に仕上げました。

バラの外側の花びらは、内側のカバーの役割をしています。掠れた緑になっている事がありますが、本来の色味で傷みではありません。気になる場合は花びらの付け根からそっと取り除いてください。 千日紅はドライフラワーにもおすすめです。

マトリカリアは特に、輸送時に水切れでぐったりしている場合がありますが、ゼリーを取り除いて茎を切り戻し、延命剤入のお水に入れてあげると復活しますのでお試しください。

   

街角花屋floRaliesフロラリ*チロワ

  ・薔薇(オリエンタル エクレール)
・カーネーション(ワインカバー)
・姫ヒゴダイ
・雪柳/紅葉染め
・トルコキキョウ(貴婦人)
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 秋か深まりました。 お仕事がお忙しかったり、外出をためらって秋の景色になかなか出会えてない方にも秋色を堪能していただきたいです

薔薇の方又はカーネーションの方がいらっしゃいます。

薔薇の名前のエクレールはフランス語でエクレアの事です、シュー生地のような不思議な質感を感じてください^ ^

カーネーションも不思議な色味。 カーネーションはこうゆうお色味があるので、全体の色の微調整に使える優秀な花です。

姫ヒゴダイは季節限定一瞬出回る可愛い山素材 咲くと小さな小さなアザミのようです、 ドライにも!

■お花の特徴、お手入れアドバイス 保水剤だけでは、移動中水は充分ではありません。到着したら、すぐに!⇦ポイント。 切り口を新しくして綺麗な水に入れてあげましょう。 最初の水入れの時にもしフニャフニャな花がある場合は深水をして1時間以上よく水をすわせてから、通常の水の量(葉っぱが水に浸からない深さ)にもどします。その際は最初の水にキープフラワーを入れてあげます。2日くらいはそのまま水をたすくらいで大丈夫です。 その後の水替えからは、 夏場はほんのちょっとの漂白剤を入れるとバクテリアが増えず水が濁りづらいです。必ず少しだけでもよいので、切り口を新しくします。 (潰れてしまったストローを新しく切ると水を吸い上げやすくなるのとおなじです。) 普段から薄めた漂白剤をペットボトルに準備しておくと良いと思います。※※※その際は誤飲に注意しましょう❗️ バラは緑色の可愛いお花です。花もちの良いお花ですが、傷・変色がある場合は優しく取っていただくと、綺麗に飾れますよ。

   

フラワーハウスしもで

  ・カーネーション
・姫リンゴ
・グラビレアゴールド
・スターチス
・スプレーマム
・リンドウ
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 姫リンゴが入った秋の実ブーケ
■お花の特徴、お手入れアドバイス リンドウの花が茶色に変色してしまう場合もあります。その場合はそっと取って飾って下さい。 姫リンゴが色付いていくのを楽しみながら飾ってください? 涼しくなりましたが茎を切ってお水を毎日変えてあげてください?    

百花

  ・バラ フィスタ+ or マンゴーリーバー
・トルコギキョウ セレブクリスタル
・スプレーバラ エクレール
・ビバーナムティナス レッド
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い ユニーク!ローズ
■お花の特徴、お手入れアドバイス バラのフィスタ+もしくはマンゴーリーバーどちらかの組み合わせになります。スプレーバラのエクレールも含めどれもちょっぴり個性的なバラです。棘が残っている場合がありますのでお取扱いにご注意ください。バラとビバーナムティナスはドライフラワーでもお楽しみいただけます。ビバーナムティナスは実が落ちやすい性質です。ご容赦ください。 バラは外側の花弁が茶色く変色した場合は、花弁をそっと取り除いてあげるとキレイに飾れますよ。 トルコキキョウは花びらが繊細なお花です。 配送中に形が崩れてしまっていることがありますが、水揚げの際に手でそっと直していただくと綺麗に飾れます。    

一草一花

  ・スプレーバラ「タマンゴ」
・薔薇の実「センセーショナルファンタジー」
・バーゼリアまたはリューカデンドロン「サファリサンセット」
・ユーカリ「ポポラス」
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 「薔薇と実もののブーケ」今週は小さな深紅のスプレーバラに、秋の実りを添えたブーケをお届けします。

■お花の特徴、お手入れアドバイス 「薔薇」開いてからが長く咲く「タマンゴ」という品種です。日々の切り戻しの際、茎は出来るだけ斜めにカットしてください。外側の花弁はガクの働きも兼ねています、その硬さや色合いが気になる場合はそっと取り除いてください。 サンプル写真の薔薇は3輪ですが、2輪でお届けの場合があります。その場合はヒペリカム「ピンキーフレア」かヘリクリサム「エヴァーラスティング」をプラスしてありますのでご了承ください。

今週のお花はすべてドライフラワーでも楽しめます。いつもより少し早めに水からあげて、逆さに吊るして乾燥させてみてください。これからの季節にぴったりな、冬のドライフラワーやスワッグとして楽しめます。

   

一草一花

  ・スプレーバラ「タマンゴ」
・リューカデンドロン「サファリサンセット」または バーゼリア
・薔薇の実「センセーショナルファンタジー」
・ユーカリ「ポポラス」
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 「薔薇と実もののブーケ」今週は小さな深紅のスプレーバラに、秋の実りを添えたブーケをお届けします。

■お花の特徴、お手入れアドバイス 「薔薇」開いてからが長く咲く「タマンゴ」という品種です。日々の切り戻しの際、茎は出来るだけ斜めにカットしてください。外側の花弁はガクの働きも兼ねています、その硬さや色合いが気になる場合はそっと取り除いてください。 サンプル写真の薔薇は3輪ですが、2輪でお届けの場合があります。その場合はヒペリカム「ピンキーフレア」かヘリクリサム「エヴァーラスティング」をプラスしてありますのでご了承ください。

今週のお花はすべてドライフラワーでも楽しめます。いつもより少し早めに水からあげて、逆さに吊るして乾燥させてみてください。これからの季節にぴったりな、冬のドライフラワーやスワッグとして楽しめます。

   

小さなお花屋さん

  ・バラ
・ブバルディア
・アンスリウム
・トルコキキョウ
・千日紅
・ミシマサイコ
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い オードリーパープルの千日紅がアクセントのブーケ
■お花の特徴、お手入れアドバイス

バラの外側の花弁が黄色く変色した場合は、花弁をそっと取り除いてください。

十文字に咲くお花が特徴的なブバルディア。余分な葉を取り除き、こまめに水替えと切り戻しをした方が長く楽しめます。花や葉が萎れやすいので、暖房や冷房の風が当たる場所に置かないようにしましょう。

千日紅をドライフラワーにする時は、花首が曲がらないように、きれいなうちに逆さまに吊るして干しましょう。

アンスリウムはとても日持ちします。飾る時、くるくると回ってしまうので葉物を上手に使って花を留めるように活けましょう。

ミシマサイコは静岡県三島市で栽培されたのが名前の由来です。生薬として利用されています。    

FlowerDesignStudio花歩

  ・薔薇(マンゴーリーバーという山吹色の変わり咲種)
・ユーストマ(トルコキキョウの通称を持つ白地に紫のふちどりのお花)
・センニチコウ(今回は紫色♪)
・唐辛子(ブラックフィンガーという黒い品種)
・黒米(ちゃんと食べることのできる古代米とも言われる稲穂)
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 今回はハロウィン月間と言うことでハロウィンカラーのお花をご用意しました。 また、ハロウィンは秋の収穫を祝うお祭りでもありますのでお花の中に「お米」(古代米とも言われている黒米)を入れてみました。ちゃんと食べられますょ
■お花の特徴、お手入れアドバイス お米は水揚げがほとんどできないためドライとしてお楽しみください。しっかり乾燥させて精米すると食することもできます。 今回使用している唐辛子は「ブラックフィンガー」という黒い唐辛子!まるでゾンビの手みたいですね!熟してくると赤く変化します。その変化も楽しめる面白い素材です。根がないため変化する前に萎れてくることがございますが、すでに実に成っていますので萎れてくると実がしわしわになってきますが形の変化はあまり見られません。ドライにもできる素材ですので現状からの変化があまり見られません。 薔薇は外側の花弁が茶色く変色した場合は、花弁をそっと取り除いてあげるとキレイに飾れますよ。    

petitBERRY

  ・バラ
・ナデシコ
・ハイブリットスターチス
・ゴット
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い バラをメインにまとめました。

■お花の特徴、お手入れアドバイス バラの花びらが、郵送中に傷ついてしまう可能性があります。 気になる場合は優しく摘み取って下さい。

   

アトリエ レーヴ

  ・ローズヒップ
・スプレーカーネーション
・ハイブリッドスターチス
・りんどう
・アイビー
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 秋のもりもりブーケ
■お花の特徴、お手入れアドバイス 実りの秋らしい薔薇の実にカラフルな秋の花を合わせました。ドライフラワーにして吊るしてもハロウィンの飾りにオススメです!

   

ATELIER MOKARA

  ・トルコキキョウ
・バラ
・スプレーバラ(エクレール)
・カスミソウ
・ポポラス
・古代米
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 秋を感じつつ、ナチュラルに
■お花の特徴、お手入れアドバイス トルコキキョウ─ モヒートという名前の、発色が良い緑の トルコキキョウをご用意させて頂きました。

バラ─ ノブレスという品種のピンクバラと、エクレールと いう、スプレー咲きの緑のバラをご用意させて 頂きました

稲─ 赤い色が特徴的な古代米という稲です

ポポラス─ 丸い葉っぱのユーカリです

カスミソウ─ アルタイルという品種のカスミソウです

   

花 千の草

  ・ケイトウ
・スプレーカーネーション又はカーネーション
・ワックスフラワー
・ユーカリ又はヘデラ
 

コメント

■季節の花と 優しい色合いにホッと一息

季節の花 ケイトウを中心に 丈夫で長持ちのスプレーカーネーションや ワックスフラワーにユーカリをお届けしておりますが 長旅と狭い箱の中 お手元に届きましたら 新鮮なお水の中で少し休ませてください また 同時な切り戻しをしてください どの花もとても丈夫ですが 狭い箱の中 押しつぶされていないか とても心配です もし 押されていると花弁に傷が付いたりします その場合 その部分だけ取り除いてください どの花も 生花としてお楽しみ頂きましたら ドライフラワーとしてもお楽しみ頂けます

   

風遊花

  ・スプレーバラ
・ケイトウ(オレンジ・イエロー)
・ホトトギス
・ブルーレースフラワー
 

コメント

■今週のお花

テーマは「秋カラフル&ファンシー」! 深い赤にふさふさオレンジ&イエロー、渋めパープルと、秋を感じられるカラーを欲張りにミックスしてみました。 さらに、淡い色と丸いフォルムが可愛いブルーレースフラワーもプラス。シックになりがちな秋色ですが、ファンシーな雰囲気も楽しめるブーケとなっております♪

■お花の特徴、お手入れアドバイス

※お花が到着しましたらすぐに開封していただき、お花をお水に生けていただくことをおすすめします。到着後すぐは元気がなくなっているお花も、お水に生けると元気が戻ってきます。

※バラの外側の花びらは、内側を守るために傷つきやすく、キズや汚れがある場合がございます。キズ・汚れがある花びらをそっと取っていただくと、綺麗な花びらが見えるようになります。 また、茎や葉の細かいトゲにご注意ください。

※ブルーレースフラワーは、やわらかい佇まいが特徴です。茎がふにゃっとしているのは元々で、古い・弱っているということではありません。 また、元気な状態でも花粉・花弁が落ちやすいため、少し揺らしただけでも花粉や花弁が散ることがあります。

※お花を長持ちさせるために、こまめな水替えと水揚げ(茎の先端を少し切って新鮮なお水に生ける)をおすすめします。

■ドライフラワーになるお花

◎スプレーバラ ◎ケイトウ    

肆矢花き

  ・スタンダードバラ
・スカビオサ
・トウガラシ
・リンドウピンク
・カスミ草
・スプレーカーネーション
・丸葉ユーカリ
 

コメント

だんだん涼しくなってきて秋を感じることが多くなりましたね♪ 紅葉の名所の香嵐渓もそろそろ色づき始める頃でしょうか♪

今週はバラをメインにコロンとした可愛いスカビオサ 色鮮やかな鷹の爪を合わせたブーケになっています♪ 気温が下がってきて、リンドウの葉も紅葉がみられ ブーケの中にも秋を取り入れました!

ユーカリの香りがお部屋を爽やかにしてくれます。

バラ・スカビオサのお色は届いてからのお楽しみです!

バラ・カスミソウ・ユーカリはドライフラワーとしても楽しめます。

お手元に届きましたらなるべく早く輪ゴムを外して 同梱の延命剤をお水に入れて飾ってください

また来週♪ Bon week-end!    

marya

  ・伊勢薔薇 2本
・セダム(オータムジョイ)
・リンドウ
・スターチス(カシミールブルー)
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い  ハロウィン月を意識して、セダムのブーケを束ねました
■お花の特徴、お手入れアドバイス  注意しながらお花を送らせて頂いておりますが、到着後萎れている場合は、まず水切り(水の中で茎を切る事)をして、30分から1時間花首まで水につけておいて下さい。新鮮なお花を送らせて頂いているので、そうして頂ければ、元気ぐ戻ると思いますので、挑戦してみて、蘇らせてあげて下さい。  薔薇は、痛みがあっても外側の花弁をそのままです。 到着後に気になるようでしたら、外してあげて下さい。 また、トゲも処理していますが、細かいとげや、また残っている場合もありますので、ご注意下さいませね。  セダムは、多肉植物のお花です。葉っぱや茎をさしておきますと、子供が増えていきますよ?  

   

marya

  ・伊勢薔薇 2本
・セダム(オータムジョイ)
・リンドウ
・ネズミモチ
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い  ハロウィン月を意識して、セダムのブーケを束ねました
■お花の特徴、お手入れアドバイス  注意しながらお花を送らせて頂いておりますが、到着後萎れている場合は、まず水切り(水の中で茎を切る事)をして、30分から1時間花首まで水につけておいて下さい。新鮮なお花を送らせて頂いているので、そうして頂ければ、元気ぐ戻ると思いますので、挑戦してみて、蘇らせてあげて下さい。  薔薇は、痛みがあっても外側の花弁をそのままです。 到着後に気になるようでしたら、外してあげて下さい。 また、トゲも処理していますが、細かいとげや、また残っている場合もありますので、ご注意下さいませね。  セダムは、多肉植物のお花です。葉っぱや茎をさしておきますと、子供が増えていきますよ?  

   

きむらFLORIST

  ・ソネット
・リコリス(アーレア)
・トルコ桔梗(しずく)
・千日紅(赤とピンク)
・ヒペリカム
・ユーカリ
 

コメント

■秋の始まりをイメージしてアレンジしてみました。

■ユーカリが色んな種類が入ってますので、 どの形が入っているか楽しみに届くのを待っててください。 花持ちも良くなってきましたので、 秋の夜長を花と一緒に楽しんで頂けると嬉しいです。

   

lala Flower

  ・リューカデンドロン
・アンスリウム
・リンドウorワックスフラワー
・ユーカリ
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 秋の雰囲気のミニブーケ
■お花の特徴、お手入れアドバイス 秋らしい色味でも、少し元気に、フォルムの個性的なお花達をあわせてみました。秋らしく個性的なお花達と秋の夜長をお楽しみ下さい。

   

アンブリッジローズ

  ・バラ/レッドエレガンス
・リンドウ
・センニチコウ
・アイビー
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い ロゼットカップ咲きのエレガントで ボリューミーなバラに注目!

■お花の特徴、お手入れアドバイス■テーマ、アレンジに込めた想い 秋色ラディッシュのスプレーバラが 可愛いブーケ

■お花の特徴、お手入れアドバイス ☆センニチコウは、秋への移り変わりにより、  花びらが白くなっているところがあります。

   

シミズガーデン

  ・カーネーション(オレンジ)
・ガーベラ(ピンク)
・ガーベラ(ホワイト)
・リコリス(イエロー)
・アカシア
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い ガーベラメインのカラフルブーケ
■お花の特徴、お手入れアドバイス まん丸なガーベラが2個も入って元気が貰えそうなブーケにしました。リコリスが開花するとまたイメージが変わりますよ!

   

Decoretta

  ・モカラ(ピンクoレッド)
・薔薇アヴニール
・スターチス
・トルコキキョウ
・オリーブ
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 秋色ブーケ

■お花の特徴、お手入れアドバイス モカラは濃いピンクか赤が 入っています。 スターチス、薔薇は ドライフラワーになります。    

花屋 花徳

  ・トルコキキョウ
・ミニブーケベルギアカピラリス
・ヒペリカム
・ユーカリ(銀世界)
 

コメント

✿ユーカリを楽しむブーケ✿ 葉の大きめなユーカリ♩銀世界と申します。 香りも強く水落ちもしにくい強いユーカリです✨ 水はたっぷりめに。ユーカリを切る場合は足元縦割り入れて下さい!    

graciaーflowers

  ・バラ
・リンドウ
・ガーベラ
・カスミ草
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い:ほんわかピンクのスイートブーケ

■お花の特徴、お手入れアドバイス:リンドウの葉っぱは、水が下がりやすいため、気になられる場合はもう一度水揚げをして頂くか、手で優しく取ってお楽しみください。バラの外側の花びらは、ラッピングペーパーに擦れてしまいがちです。丁寧にお包みしておりますが、気になられる場合は、手で優しく取ってあげてください。ミスカンサスのグリーンは、アレンジに動きを出してくれます。丸めたり、しごいて動きを出したり、自由にあしらってみて下さい。

   

ベビー・ブレス

  ・プルモサム
・ホトトギス
・秋色セダム
・サンデリアーナ
・ローズベリーパフェ
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 秋の草花とワイルドフラワーのブーケ
■お花の特徴、お手入れアドバイス セダムは秋色セダムなので枯れているわけではありません、プルモサムとホトトギスはつぼみですので徐々に咲いてきますので長い間楽しめます    

FreeLeaf

  ・リンドウ
・トウガラシ
・カーネーション
・ミスカンサス
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い

少し可愛いリンドウでお届けです。 丸いかわいい唐辛子で少し早めのハロウィン気分になってください。
■お花の特徴、お手入れアドバイス お手元に届きましたらすぐにゼリーをきれいに洗い流してください。下を少し切り新鮮なお水にいれてあげてください。お水は毎日替えて頂くと長持ちです。

   

うみの木

  ・バラ(アーリエスかリメンブランス)
・スプレーバラ(アンブラッセかブリトーニ)
・クジャク草(キャシー)
・アルテルナンテラ(パープルプリンス)
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 今週は秋らしいピンク色で組ませていただきました。
■お花の特徴、お手入れアドバイス バラの外側の花弁が茶色から緑色がかっていますが元からこの様な色味ですのでご了承ください。 クジャク草は葉の色が悪くなりましたら優しく取り除いてください。 アルテルナンテラの下の方の葉は取れやすいので花瓶の下に飾っていただくと雰囲気が出ます。また、取れた大きい葉の下の小さい葉は、まだ持ちますのでそのままにしてください。    

Berry Bouquet

  ・ホトトギス
・トルコギキョウ
・ワックスフラワー
・リモニウム
・千日紅ホワイト
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 秋のパープルブーケです
■お花の特徴、お手入れアドバイス 薄紫のトルコギキョウに今の時期のホトトギスをメインにしました。百合の仲間で小さなステキな色のお花を咲かせます(^^) トルコギキョウをメインに少し高くホトトギス、間にその他のお花を埋めるように入れて下さい。トルコギキョウの蕾は折れやすいので気を付けてください。 千日紅は少し萎れて届きます。カット後他のお花にもたれさせながらお水揚げをお願いします(^^)

   

フラワーケンズ 明石ビブレ店

  ・ピンク:クルクマ パルビフローラ
・オレンジ:スプレーカーネーション ウチュバ
・青:リンドウ クラリノサファイア
・ピンク:ブーバル ダフネピンク
・各色:バラ
 

コメント

■テーマ:寒露を暖色系の花で暖かく迎える。。。

■お花の特徴、お手入れアドバイス  バラの花びらは輸送中のこすれなどにより、茶色くなっているときが  有ります。その際は、花びらをとってしまって下さい。  リンドウは、葉が茶色くなっていますが、枯れたり古くなっているからではなく、  これがこのリンドウの色です。 

   

フタバ園本店

  ・ネリネ(ステファニー)
・ケイトウ
・ナティス
・スカビオサ
 

コメント

秋らしいお花。 ピンクネリネを中心にケイトウは重いので下の方に スカビオサは少し飛ばして遊びがごろで ティナスの実もお楽しみください。 ケイトウの裏側は黒くなりやすいですが性質上問題ありません。

   

イマージュ

  ・バラ ピンク系
・バラ 黄系またはオレンジ系のどちらか
・スカビオサ ミックス
・カスミ草
・ユーカリ
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い いつもお買い上げありがとうございます。 先週まで二週にわたり秋らしいシックなアレンジが続きましたので今週は二種類のバラを使って季節感関係なしの明るい組み合わせにさせていただきました。飾っていただいている空間に少しでも華やかさを感じていただければありがたいです。
■お花の特徴、お手入れアドバイス バラの水揚げは茎を水中でハサミを入れる水切りをおすすめします。咲いた花びらで傷んでいるところががありましたら取り除いて飾ってください。バラの色はすべて同じではなく濃い薄いがあります。スカビオサもミックスです。ご理解いただきますようお願い致します。 それでは皆様身体に気を付けられて良い週末をお過ごしください。

   

Flower Shop MiNa

  ・デンファレ
・スターチス
・シルバーブルニア
・ヒメリンゴ
・エリンジューム
・ベビーハンズ
 

コメント

■テーマは「大人ピンク」 かわいらしいイメージのパステルピンクとは違い、お部屋がパッと明るくなるような華やかなピンクをメインに、バイオレット系と合わせました☆ 甘すぎない、大人の魅力を感じるようなブーケです♪

■お花の特徴、お手入れアドバイス  配送中の長旅でお花も疲れています。 お花が届いたら、出来るだけ早めに茎を1cm程度切って 新鮮なお水に入れ、水揚げをしてください。 水揚げ後は、お気に入りの花瓶に飾ってください。

●デンファレ(アンナ)  本当の花名は「デンドロビウム・ファレノプシス」 洋らんの中でも最もポピュラーなお花です☆ 花は下から順に咲くので、咲き終わりの花は摘み取っていくと花持ちがよくなります。茎は水に浸かっている部分が黄色くなってくるので、斜めにカットしてこまめに水替えを行うとGood! ※梱包上、どうしても花びらが折れ曲がって入っている場合もあります。お花は良品内ですので、気になるようでしたら摘み取って飾ってください。

●スターチス  今回お届けのお色は、大人っぽく艶やかな“フレンチバイオレット” 花瓶に活ける際は、茎の水に浸かる部分のぴらぴらは取り除いた方が、水が汚れにくくなり傷みにくいですよ。 とても日持ちの良いお花で、ドライフラワーにしても色の風合いや姿が変わらず長く楽しめることから、「永遠に変わらない心」「途絶えない記憶」などの花言葉がついていることが多いです☆ 花瓶に飾って楽しんだ後は、ぜひドライフラワーにしてより長く楽しんでくださいね♪

●シルバーブルニア  丸くシルバーがかった花頭が個性的♪ドライフラワーにも向くお花です☆ 花の部分(球状のかたまり)に水がかかると黒ずんでしまうので、水揚げ、水替えの際には気を付けてくださいね。

●ヒメリンゴ   フルーツのリンゴを小さくしたかわいらしいヒメリンゴ♪ 竹串はさしたまま花瓶に活けてくださいね。 タオルなどで軽く拭くとツヤツヤになりますよ☆ おいしそうに見えるので「食べられるの?」と店頭でもよく聞かれます。 食べる事は出来ますが、かなり酸味があり美味しいものではないので食べないことをオススメします…(実際に食べたことはないですが…)

●エリンジューム オリオン  花言葉は "秘密の恋・光を求める・無言の愛・秘めた愛" 金属質の光沢がありユニークで人目を引き付けるエリンジューム。 涼感がありながらも、シャープな印象です☆ トゲトゲしていますが、柔らかな優しい雰囲気も持ち合わせていてちょっとツンデレなお花ですね。 箱から出す時や、水揚げ、水替えの際には花や葉のトゲに気を付けてくださいね。 ドライフラワーにも向いているお花ですので、是非長く楽しんでください♪

●ベビーハンズ(木苺)  愛らしく小ぶりの葉が「赤ちゃんの手」のように見える事から名付けられた観賞用の葉物。 秋になるとグリーンから黄色、オレンジ、赤へと紅葉します。水揚げが悪い場合は、水の中で斜めにカットし、深めの水にしばらく浸けてみてください。 ※葉が大きい場合は梱包上、葉が折れ曲がって入っている場合があります。型がいっていたり気になるようでしたら切り落として飾ってください。    

小椋生花店

  ・ピンポンマム(セイノーマンサニー)
・スプレーマム(ルミナス)
・ホトトギス
・ワレモコウ
・ユーカリ(ポポラス)
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い マムを楽しむブーケ
■お花の特徴、お手入れアドバイス お花が到着しましたら早めに箱から取り出し茎を少しカットして、添付の延命剤を溶かしたお水に挿して下さい。10月に入りグッと涼しくなり、お花も長持ちする季節になりました。秋が旬のお花と言えば日本の国花でもある「菊」です。菊と言えば、地味とかお供えとか…マイナスイメージが付き物のお花ですが、世界中で改良が進みたくさんの素敵な可愛らしい菊(マム)が栽培、出荷されています。今回はピンポン菊とスプレー菊をお届けします。どちらも花の生産量日本一の愛知県で生産されたものです。スプレーマム「ルミナス」は愛知県田原市のジャパンフラワードリームさんからご出荷頂いたお花です。ジャパンフラワードリーム社長の藤目さんは「全国花き業界若手会」の会長を務めておられ、国内でも大変元気のある生産者さんの1人です。食品同様、お花ももっと生産者さんの顔が見えて、安心して皆様にお手に取って頂けるようになっていけば良いな。と、思います。菊類はお花もとても長もちしますので、お届けした長い時には他のお花と、少しずつ切って短くなったら、小さなおちょこやお皿にお花を浮かべて楽しんでも良いかもしれまませんね。秋のお花ホトトギスは花びらがぽとりぽとりと落ちるのでお掃除が大変かもしれません(当店で出荷する時点では出来るだけつぼみのものを選んでお届けしています)が、この季節のお花ですので、ぜひお楽しみくださいね。ホトトギスやワレモコウを高めに、スプレーマムを花留めのようにして、ピンポンマムを低めにいれるとしっくり来るかと思います。皆さんのライフスタイルに合わせて自分流で楽しんでくださいね。

   

Y's flower

  ・八重咲きコスモス
・スカビオサ
・デンファレ
・バラ
・セダム
・スモークグラス
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 秋色がポイントのピンクブーケです☺️
■お花の特徴、お手入れアドバイス

コスモスとスカビオサは茎が細く、花弁が薄いので しっかりと水揚げするのが長く楽しめるコツです! 届いたら早めに箱から出して処理をして下さい☺️ まず、下葉の処理をします。 花瓶の中で葉が水に浸かると 葉も水も腐りやすくなるので、はじめにある程度、葉を取ります! 花や葉、茎、全体の8割ぐらいを新聞紙でクルッとまっすぐ全体を包みます。 緩く包むと、花首が曲がったままになったり、水上がりが弱かったりするのである程度、きちんと巻きます?

但し、中にはもともと多少曲がってるものもありますので、 その際は、無理に曲げたりせず自然な感じで生けて下さい。

茎や花弁が折れたり傷がつかないように気をつけて下さいね☺️

最後に、 バケツにたっぷりの水を入れて、水の中で茎を斜めに切り、そのまま2時間ぐらいは浸けっぱなしにしておきます。 (空中で切ると空気が茎に入ってしまいますが、水の中だと直接水を吸い上げるので長持ちします。) 水切りと言いますが、バラも同様に水切りするとGOODです? バラの外側の花弁はガードの役目もあるので、キズ等があったら付け根から丁寧に摘んであげて大丈夫です?

セダムとデンファレは比較的丈夫なお花です! デンファレの花が下の方まで付いてて飾りにくい時は摘んであげて下さい! 摘んだお花はグラスに浮かべて楽しむ事も出来ます✨ セダムの葉が黄色くなってたら取ってあげて下さい。

スモークグラスはドライフラワーにもなるので、 その際は萎れる前に、風通しが良い場所に逆さまに吊るして乾かしてあげるとキレイにドライになります! 是非試してみて下さいね☺️

   

アビーロード

  ・赤いバラ(ブリランテ)または、ピンクバラ(ブロッサムピンク
・ヒペリカム
・宿根スターチス
・白リンドウ
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 秋のお花リンドウをあしらって可愛く
■お花の特徴、お手入れアドバイス バラの花が、元気のない時は、茎を少し切って、短くしてからきれいなお水に生けなおしてください

   

noreri

  ・リューカデンドロン
・リンドウ
・ブルーウェーブ
・ニオイヒバ
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 秋らしくシックに
■お花の特徴、お手入れアドバイス こまめに水換えして下さい

   

ますかわ花店

  ・バラ
・スナップ
・フジバカマ
・ヒペリカム
・リンドウ
・ミント
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 静かに秋を感じて~

■お花の特徴、お手入れアドバイス リンドウは終わった花から優しく摘み取りましょう。

   

ますかわ花店

  ・糸菊
・ケイトウ
・トルコキキョウ
・てまり草
・ヒペリカム
・ホトトギス
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 鮮やかに秋風情

■お花の特徴、お手入れアドバイス ボリュウムある花材をふんわりと生けてあげましょう。

   

ハーベストガーデン

  ・リンドウ
・スプレーバラ
・アスター
・ウーリースプーン
・リンドウ
・スプレーバラ
・アスター
・ウーリースプーン
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 秋らしく色合いで。
■お花の特徴、お手入れアドバイス リンドウの葉が黒いものがありますが、自然の色で秋の特徴です。バラの外側の花びらは変色したら一枚づつ丁寧に取り除いて下さい。アスターの萼は、痛みやすく黒くなるのでハサミでカットしてください。 ウーリースプーンは、ドライになります。

   

アンジェラ

  ・クルクマ、トルコキキョウ、ベニアオイ、ハイブリッドスターチス
・ササバルスカス
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 秋のブーケ
■お花の特徴、お手入れアドバイス トルコキキョウを中心しベニアオイで高さや横幅を出すと、アレンジしやすいと 思います 茶色変色した花びらは、取り除いてお使い下さい 花瓶のお水は、こまめに替えてその都度お花の茎を斜めにカットして生け直すと、お花が、長持ちします

   

アンジェラ

  ・カーネーション、トルコキキョウ、ベニアオイ、
・ハイブリッドスターチス、ササバルスカス
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 秋のブーケ
■お花の特徴、お手入れアドバイス カーネーションを中心にアレンジすると、バランス良くアレンジしやすいと、思います 花びらが茶色く変色した場合は、取り除いてお使い下さい 花瓶のお水は、こまめに替えてその都度お花の茎を斜めにカットして生け直すと、お花の長持ちに繋がります

   

花のアトリエりんご屋

  ・かすみ草
・ワックスフラワー
・アストランティア
・ユーカリポポラス
・雪柳
・カーネーション
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 小花ブーケ
■お花の特徴、お手入れアドバイス 可憐な小花を色々集めました。こまめに水替えして頂ければ長持ちします。

   

みやきた花店

  ・バンダラン
・カーネーション染
・ブルーウェーブ
・利休草
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い シックなパープルブーケ
■お花の特徴、お手入れアドバイス 水の中で水切りをしてから一晩多めの水に入れて、 たっぷりと水をあげてからお気に入りの花瓶に生けて下さい。 その後、できるだけ毎日お水を変えていただけると長持ちしやすいです。 水換えの際には花瓶も一緒に洗いましょう。    

フラワーマーケット 花由

  ・カーネーション”エルメスオレンジ”
・バーゼリア”カルピン”
・タカノツメ(観賞用)
・ゴットンセフィアナ
 

コメント

■陽気なオレンジのカーネーションに真っ赤に色づいたタカノツメ、コロコロと丸い花の質感が楽しいバーゼリアをあしらいました。ハロウィンのディスプレイにもおすすめ♪

■グリーンを器のふちに沿わせるように配置し、カーネーションを手前に、間を埋めるようにバーゼリアとタカノツメを入れていきます。タカノツメはドライにしても楽しめますよ♪

   

KIKI-YARDyard

  ・ヒペリカム
・りんどう
・かすみ草
・ブバリア
・アストランテマヨール
・クルクマ
・ワックスフラワー
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い ピンクのお花で気持ちを明るく
■お花の特徴、お手入れアドバイス 手にしましたら、お水をはった容器に入れて水切りをして下さい、お花を束ねてるゴムは外して花瓶に入れて下さいね、お水は毎日入れ替えてあげましょう    

Fleur松山

  ・モカラ
・ヒペリカム
・スプレーカーネーション
・クジャク草
・さつま杉
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 実を入れたアレンジ
■お花の特徴、お手入れアドバイス 花束で飾っても、一輪づつ飾ってもかわいいです。 お水を変える際に、少しづつ茎を切って新しいお水に入れて頂くと長持ちします。 モカラは下のお花から枯れていくので、枯れたら摘んであげると上のお花に水があがり長持ちします!    

ブーケ・ブーケ

  ・デンファレ
・ブーバル
・ナデシコ
・ブルーファンタジア
・ルスカス
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い ピンク系ですが少し大人っぽい雰囲気のピンクアレンジです。
■お花の特徴、お手入れアドバイス デンファレは蘭の仲間なので比較的もちの良いお花です。 下の方から傷んできますので茶色になったら優しく取り除いて下さい。 ブーバルは小さなお花が集まっています。 先に咲いたお花から傷んできますので、こちらも茶色になったら優しく取り除いて下さい。

   

TECAPO

  ・カーネーション
・ケイトウ
・アイビー
・スターチス
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 明るく、可愛く!

■お花の特徴、お手入れアドバイス カーネーションは足下が腐りやすいので、水換えの時足下のぬるぬるを洗い流し切り戻ししてあげるとお花の持ちが良くなります! 出来る限り毎日お水を変えていただけるとお花が長持ちします。    

FLORIST花灯り

  ・ブーバルディア 品種:ピンク(ロイヤルダフネ)又は白(ロイヤルダフネホワイトシュープリーム) 福岡県産
・カーネーション 品種:オレンジ(ヘルメスオレンジ)又は黄色(キャロラインゴールド) エクアドル・コロンビア産
・シネンシス 品種:キノパッション 北海道産
・グレープフルーツミント 福岡県産
 

コメント

■何となく秋っぽい感じ■

◆お花の豆知識&お手入れ方法◆

◆ブーバルディア(ブバルディア)◆ メキシコ原産の蕾や花形が特徴的な花で東京都(大島)や福岡県が主な産地です。 可愛いお花ですが 水揚げが悪いお花で 水が落ちたら短く切り 葉を間引き活け直すと上がります。 栄養剤を入れたお水で管理すると蕾も咲き葉も綺麗な状態で管理できます。 切り戻しはハサミで切るより指先で折ると水上りが良いです。

◆カーネーション◆ 母の日には欠かせない 誰も知る花持ち良い定番のお花です。 意外ですがドライフラワーにもなりますのでチャレンジしてみては如何でしょうか。 あまり深い水に活けると茎が腐りやすいので浅めで管理しマメな水替えをしましょう。 ※お届けの際同封しているメニュー表に明記している産地が違いましたので訂正させて頂きます 正しくは オレンジ(ヘルメスオレンジ)エクアドル産 黄色(キャロラインゴールド)コロンビア産

◆シネンシス◆ 宿根スターチスの名前で知られているお花ですが 系統が2つあります。 お届けしたキノパッションの様に黄色いお花が咲く台湾や中国が原産の交配種と 紫やブルーに白いお花が咲くヨーロッパ、コーカサス、シベリアが原産の交配種に分かれます。 どの系統も湿気を嫌いますので風通しの良い場所に飾り 深水せず浅めに管理しましょう。 ドライにする際は 綺麗な時に乾燥させると上手く仕上がります。

◆グレープフルーツミント◆ シソ科の植物で耐寒性多年草です。アップルミントとペパーミントの交配種で、 グレープフルーツに似た甘い香りを持ちます。 ティーに1~2枚浮かべるだけで香良いお洒落なティーに早変わり 活けていると根が生えてきますので 水耕栽培や鉢植えでも楽しむ事が出来ます。 水耕栽培の際は水に中に根腐れ防止剤(珪酸塩白土「ミリオンA」)を入れて管理すると水替えせずに育てる事が出来ます。 ※葉先が茶色く変色してる場合がありますが 気温の低下で紅葉してるだけで 枯れてるわけではありません。

   

大福生花店

  ・ガーベラ
・トルコキキョウ
・ソケイ
・リンドウ
・輪バラ
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い シックにまとめてみました。
■お花の特徴、お手入れアドバイス トルコキキョウは、花びらが傷つきやすいので、ゆとりをもって飾ることをお勧めします。 バラの外側の花びらは内側を守ってくれています。傷・変色がある場合は優しく取っていただくと、綺麗に飾れます。 ガーベラは深水ではなく、茎が2~3センチお水に浸かるくらいだとお花が長持ちします    

フラワーショップ花想

  ・バラ
・ガーベラ
・ケイトウ
・ユーフォルビア(ハツユキソウ)
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 周りのお花が引き立つようにハツユキソウを入れて束ねました
■お花の特徴、お手入れアドバイス お花が長旅で疲れていますので届きましたらすぐに水切りして下さい。 バラは、花びらが茶色に変色したら取ってあげましょう。ガーベラの花が下を向いていたり、ぐったりしていて水揚げでも元気にならない時は、新聞紙でお花を巻きお花を上向きに揃え少し強めに巻いてテープで留めます。たっぷりのお水につけてあげて2〜4時間ほど水揚げをすると良いです。 バラの花びらやガーベラ(思いきって茎を短く切る)は、水盤やお皿などに浮かべて楽しむ事もできます♪ ハツユキソウは、切り口部分から白い乳液のようなものが出る場合がございますがご了承ください。 乳液のようなものは水で流して取り除くようにする事で、水揚げも良くなります。

   

フラワーショップ花想

  ・バラ
・ガーベラ
・アスター
・ユーフォルビア(ハツユキソウ)
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 周りのお花が引き立つようにハツユキソウを入れて束ねました
■お花の特徴、お手入れアドバイス お花が長旅で疲れていますので届きましたらすぐに水切りして下さい。 バラは、花びらが茶色に変色したら取ってあげましょう。ガーベラの花が下を向いていたり、ぐったりしていて水揚げでも元気にならない時は、新聞紙でお花を巻きお花を上向きに揃え少し強めに巻いてテープで留めます。たっぷりのお水につけてあげて2〜4時間ほど水揚げをすると良いです。 バラの花びらやガーベラ(思いきって茎を短く切る)は、水盤やお皿などに浮かべて楽しむ事もできます♪ ハツユキソウは、切り口部分から白い乳液のようなものが出る場合がございますがご了承ください。 乳液のようなものは水で流して取り除くようにする事で、水揚げも良くなります。 アスターは、下の葉から傷んできますので傷んだら取り除いて下さい。

   

プリティフラワー

  ・リンドウ(ディープピンクアシロ)
・クルクマ(パルビフローラもしくは、スナップホワイト)
・ワックスフラワー(デビーm)
・ロシアンオリーブ
・薔薇「シエナアップル」もしくは、オンシジウム
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い  秋のブーケ

■お花の特徴、お手入れアドバイス  お花たちは、長旅で少しお疲れです。到着したら、新鮮なお水で水切りして茎の滑りをとると良いですよ。もし、少し痛んでいる葉や花弁がある場合は、優しく摘んで取って飾ってあげてください。また、手で形をやんわりと整えてあげるだけでとても見栄えが良くなりますよ!

 リンドウは、秋のお花代表ですね。中の花粉のところが痛んできたら、お花一輪を優しく手で摘んで取ってあげてくださいね。

 クルクマは、長持ちのお花です。お水は少なめに入れてください。

 ワックスフラワーは、お花がロウのような質感のお花で一つ一つが可愛いお花の集合体です? 低木ですので、茎の部分はとても硬いのでカットするときは、力を入れて斜めにお願いします。

 ロシアンオリーブは、シルバーのグリーンです。流れを生かして飾ってください♪

 薔薇「シエナアップル」オレンジ色の可愛いミニ? 薔薇の1番外側の花弁は、保護の役割をしています。傷など気になるようでしたら、手で優しく一枚ずつ剥がして飾ってくださいね。 もし、花びらが、少し折れたりしてたら手で形を整えてあげてください。

もしくは、オンシジウム。豪華な黄色いランの一種です? 下の方までお花がついてますのでお水は、控えめにした方が良いですね。

 涼しいところへ飾って、水を替える時には器を洗剤で洗い、茎は、お水で洗って滑りをとって、少し茎の切り口をカットして✂️新鮮なお水が吸える様にすると長持ちします★

     

アトリエ ブリクシー

  ・バラ(オールフォーラブ/香りも楽しめます)
・カーネーション(アンティグア/ベージュ×赤紫の複色)
・クレマチス(赤紫:インスピレーション or 青紫:ブルーピルエット)
・かすみ草(染・ラベンダーカラー)
・ユーカリ
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 秋のパープルブーケ。 上品なラベンダーから、しっとりダークな赤紫と、色々なパープルをお楽しみ下さい。ピンクのバラで華やかさもプラス!
■お花の特徴、お手入れアドバイス お水は花瓶半分くらいの少なすぎない量で管理して下さい。 クレマチスは赤紫か青紫のどちらかが入っています。 (写真は赤紫) クレマチスは水の中で水切りがおススメです。 花びらが散りやすいので注意が必要ですが、花びらが散っても、中の種だけの姿も可愛いので是非長くお楽しみいただければ嬉しいです。種だけになったらドライにするのもおススメです。

   

ハートフルフラワー キャンドルズ

  ・ガーベラ(ピンク)
・スプレーカーネーション(ピンク)
・スプレーバラ(ピンク)
・かすみ草(ホワイト)
・アイビー(グリーン)
・ミスカンサス(グリーン)
 

コメント

■テーマ ピンクで飾る女子力アップブーケ!
■お花のお手入れアドバイス ガーベラはお花が下がらないようにワイヤーをかけていますので、そのままお飾りください。毎日の水替えがお花を長く楽しむポイントです。
■飾り方のコツ ミスカンサスは穂先から中腹くらいまで丸め、ホッチキスやセロテープで固定すると動きが出てより素敵に飾れます。    

フローリストリバティ

  ・スプレー菊(セイガデス)
・スプレーカーネーション(クリームインターメッツォ)
・アワ
・ソリダコ
・アセビ
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 秋風ブーケ 樺色のスプレー菊とクリーム色のスプレーカーネーションに モフモフのアワ、ソリダコを合わせ秋晴れの日にそよぐ風のイメージで アレンジしました
■お花の特徴、お手入れアドバイス どれも比較的、丈夫で長持ちする花材ですが、 小まめな水替えと切り戻しを行い、咲き終わりの花は取り除いていく事で 次の蕾も咲きやすくなりその分長持ちします。    

倉八園芸

  ・クルクマ
・アンスリューム
・オンシジューム
・カスミソウ
・スプレーカーネーション
・アスパラ メリー
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い アジアン感じるブーケ
■お花の特徴、お手入れアドバイス 珍しいグリーン、アスパラメリーです。ボリュームのあるグリーンです。長めに一本使ってもいいですし、分けて短めに生けてもいいでしょう。クルクマは緑色の部分と白い部分は花ではなく苞という部分で、その苞の中に花が咲きます。ただ、花はすぐしおれて苞の中で腐りますから、早めにつまんで取り除いてあげてください。鮮やかな赤のアンスリュームはミニサイズのもので、小さい花瓶にもいけやすいですよ。青いカスミソウは青い染料を吸い上げて元々白い花を染めてあります。小さく縮れて枯れた花からこまめにつんで手入れしてあげてください。

   

花あそび

  ・バラ(サムライ)
・オンシジューム(ハニードロップ)
・カーネーション
・ロシアンオリーブ
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い バラとオンシジュームの秋の華やかブーケ
■お花の特徴、お手入れアドバイス バラとオンシジュームとカーネーションで秋いろと華やかなブーケにしました? バラの外側の花びらは内側を守ってくれています。傷・変色がある場合は優しく取っていただくと、綺麗に飾れます。    

フローリストはなさと

  ・グリーンバラ
・ピンクデンファレ
・オレンジカーネーション
・クジャクソウ
・ドラセナ
・ユーカリ
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い グリーンバラとピンクデンファレのミニブーケ
■お花の特徴、お手入れアドバイス 花瓶の形に合わせて1本ずつ長さを調整すると雰囲気が変わってたのしいですよ♪ デンファレは下のお花から枯れていくので、枯れたら摘んであげると上のお花に水があがり長持ちします!    

有限会社フローリスト花章

  ・トルコキキョウ
・アランダ(トロピカルオレンジ)
・オレンジバラ
・ヒぺりカム
・アワ
・フロリダビューティー
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 暖色でコーディネート!収穫の秋ブーケ!!
■お花の特徴、お手入れアドバイス アワの頭が重くておさまりが悪い場合はもう少し短くしてみてください、ヒペリカムは葉っぱが傷みやすいので実を残しながら取り除いてお手入れをお願いします。バラは花びらを優しく触って張りが無い場合は茎を1センチ~2センチ切ってみずあげしてみてください。

   

FLOWER PLAZA TAKEUCHI  塚脇店

  ・ひまわり
・スプレーカーネーション
・カスミソウ
・ミスカンサス
・レザーファン
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 憧れ(ひまわりの花言葉)
■お花の特徴、お手入れアドバイス 花を生ける時は、切り口をななめにカットして下さい。 何日かして切り口が変色したら、また1センチ程度カットして下さい。 延命材を入れていれば水が減った時だけ水を継ぎ足して下さい。(水は替えなくても大丈夫です) 傷んだ、花や葉は優しく取り除いて頂いたら、より長くお楽しみいただけます ひまわりはお届け最中に、お花の中の水分が下に下がってしまい、一時的にお花が下向きになってしまうことがあります。 お花が下向きになっている場合は、新聞紙などで茎からお花部分をくるくると巻いて、茎をまっすぐに固定しながら水上げをしてあげると元気になることがあります。 配送中に形が崩れてしまっていることがありますが、水揚げの際に手でそっと直していただくと綺麗に飾れます。

   

花結び

  ・バラ
・ブーバル
・リンドウ
・木苺
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い オレンジのバラをメイン
■お花の特徴、お手入れアドバイス ブーバルの花は、枯れた花から取り除いて下さい。次の花が咲きます。 リンドウの花も同じようにして下さい。 バラの外側の花びらは内側を守ってくれています。傷・変色がある場合は優しく取っていただくと、綺麗に飾れます。

   

有限会社カシワ花の店

  ・スキミア(グリーン)
・アンスリウム(レッドベル)
・ヒペリカム(マジカルトリンプ)
・ユーカリ(銀丸葉)
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 秋色に染めて 紅葉の赤をテーマにまとめてみました❤︎

■お花の特徴、お手入れアドバイス ブライダルブーケなどでもよく使用する、インポートのスキミアグリーンをメインに、真っ赤なアンスリウムとヒペリカムでスタイリッシュに❤︎

アンスリウム、ヒペリカム、ユーカリ、どれも比較的強いお花です❤︎ 終わったらそのままドライにして飾ることができます❤︎

   

Votrefleur

  ・ホトトギス
・スプレーマム
・トルコキキョウ
・ヒペリカム
・ユーカリ
・宿根スターチス
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い

@秋を感じるナチュラルブーケ ■お花の特徴、お手入れアドバイス

@「スプレーマム」は真ん丸なお花がとても愛らしいポンポン咲の洋菊です。 パッとお部屋を明るくしてくれそうな黄色がいいですね。 水上りは良いほうですがもし水が下がっていたら切るより切り口を折ったりすると切り口の表面積が多くなり水上りもよくなります。 生ける時はメインのお花ですので前面に出してその周りに小花などを挿し生けるとよいですよ。

@「トルコキキョウ」は花弁にエレガントウェーブが入ったフリル咲 くすみ系ピンクでいつもトルコ桔梗とはまた違う魅力感じてもらえればと思います。もし水下がりをしていたら水切り(水の中で茎を切ります)をして首まで浸かるぐらいの深水でしっかりと水揚げして下さい。 花弁が柔らかい為お届け時少し潰れてしまっていることがあります。その際はお手数ですが花弁をやさしく広げてあげて下さい。 ※このお花は満開に広がって咲きません。

@「ホトトギス」は花弁の柄が鳥類の「杜鵑」に似ていることから名前が付きました。秋に野に生える姿はまさに鳥が舞い踊っているようです。 花弁は咲くと早めに落ちますので次のお花が咲きやすくなるように枯れた花は早めに切り取りましょう。

@「宿根スターチス」ドライフラワーに人気なお花ですよ。 お花を生ける時に花留として使うとうまくお花が生けやすくなります。

@「ヒペリカム」は実りの秋を演出するアイテムとして入れるととても映えますね。ヘタが茶色く変色してきたら切取りましょう。 わりかし水上りは良いですがよく水を吸いますので水が少なりすぎないように気を付けてあげて下さい。

@「ユーカリ」もドライフラワーに人気な葉物です。 昔から香料やお酒、油など身近に使われてきた植物です。香りも素敵ですね嗅いでみて下さいね。お花の周りや間に挿し色として生けると全体がまとまりやすいです。

@花束は長旅で少し疲れて届くこともありますので水切り後多めの水でたっぷりと水揚げをしてからお気に入りの花瓶に少し少なめの水で管理しましょう。 水替えは毎日こまめに行いましょう。

@飾り方はInstagramやFacebookの投稿動画をご参考下さい。

@こまめな水換えと水切をして付属の切花栄養剤を使ってより長くお花を楽しんで下さい。

@今回のお花について「気付いた事」や「こうして欲しい」などちょっとした事でも良いのでぜひコメントで教えて下さい。 いつも皆様からのコメントを参考にさせていただいておりますm(__)m

   

nono

  ・千日紅
・ヒペリカム
・ガーベラ
・1輪カーネーション
・かすみ草
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 実り
■お花の特徴、お手入れアドバイス ガーベラはお届け最中に水が下がってしまい、一時的にお花が下向きになってしまうことがあります。 その場合は新聞紙などで茎からお花部分を持ち上げるように巻いて、真っ直ぐに固定してから水揚げすると元気になります。 かすみ草は傷むと茶色に変色します。その際は優しく摘んで下さい。 こまめな水替えを宜しくお願いします。    

nono

  ・ダリア
・1輪カーネーション
・ヒペリカム
・かすみ草
・紅ヅル
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 実り
■お花の特徴、お手入れアドバイス ダリアの花びらは繊細です。箱から取り出す際、飾る際は気を付けてください。また、飾る際に、茎の部分を斜め切りにしたら少しでも長く楽しめます。 かすみ草は傷むと茶色に変色します。その際は優しく摘んで下さい。 こまめな水替えを宜しくお願いします。    

Mauves

  ・アンスリューム
・スプレーバラ
・トルコキキョウ
・アメリカンブルーバジル
・スプレーカーネーション
・ライスフラワー
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 可愛らしい色合いに香りを添えて!
■お花の特徴、お手入れアドバイス

★お花たちは長旅をして届きます。茎のゼリーを洗い水切りした後、新鮮な水に栄養剤を入れてお飾りくださいね!

★珍しいアメリカンブルーバジルが入荷しました〰!ダークな色なので好まない方もいらっしゃるかもしれませんが、雰囲気と香りを楽しんでいただけたらと思います!食用とはなっておりません。

★トルコキキョウは配送中に変形して届いてしまうかもしれませんので手で優しく整えてお飾りくださいね。

★スプレーバラの外側の花びらは中の花を守るために傷んでしまうことがあります。キズなどのある花びらは優しく取り外してくださいね。

★ライスフラワーはお米のような粒が密集しております。とっても可愛らしいのですが、葉や花の粒がポロポロ落ちてしまうコトがあります。ドライになりますのでドライフラワーのお好きな方はポロポロ落ちる前に干して乾かしてください。