プロに聞いた!
インテリアや花にまつわる知識

A7870177 81b6 47d7 af5f 9adb39e65773

【Bloomee LIFE 800円プラン】今週お届けするお花はこちら♡2020年9月11日号

こちらでは、お花の定期便「Bloomee LIFE」で今週9月11日〜9月14日にお届けする800円プランのお花をご紹介しています。各店舗からのコメントと合わせてお楽しみください!❀1種類以上のブーケをご用意しているお花屋さんもございますので、 お届けのお花はマイページよりご確認いただけますと幸いです。❀仕入れ等の都合により、一部こちらで紹介しきれないお花もございます。何卒ご了承くださいませ。

2020年09月11日
Bloomee Style 編集部

くろだ生花店

  ・カーネーション
・スターチス
・カスミソウ
・アスター
・ミスカンサス
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い ピンクブーケ ■お花の特徴、お手入れアドバイス

カーネーションは丈夫なお花ですが、まだまだ蒸し暑い時期なので、水を替えないでいると、茎が腐ってくることもあります。水はこまめに替えましょう。 スターチスはドライフラワーになります。 カスミソウもドライフラワーになりますが、花色がくすんで、花がしぼんで全体がベージュっぽい色に変わる感じです。

アスターは葉から傷みやすいので、適度に下葉を取り除くのが大事です。 ミスカンサスはそのまま飾ってもいいですし、ペンなどに巻いてしばらく止め、巻きぐせをつけてから使うとクルクルになって変化を楽しめます。    

petitBERRY

  ・リコリス
・チューベローズ
・ブルーファンタジア
・ユーカリ
・ケイトウ
・"今週のお花"にケイトウ2種類になってますが、1種類の間違いです。
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 季節のお花

■お花の特徴、お手入れアドバイス ケイトウの黒い種はお庭や鉢の中で毎年咲いてくれます。また、ケイトウ、ユーカリ、ブルーファンタジアはドライでも楽しむ事が出来ます。

   

池川"FLOWER”生花店

  ・マリンブルー
・トルコ桔梗
・アルストロメリア
・けいとう
・なでしこ
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い トルコ桔梗とマリンブルーのブーケ

■お花の特徴、お手入れアドバイス 根元を水の中で切って水揚げしてください マリンブルーは水揚げすると元気になりますので必ず水揚げしてください! トルコキキョウは花びらが繊細なお花です。配送中に形が崩れてしまっていることがありますが、水揚げの際に手でそっと直していただくと綺麗に飾れますよ。    

花成

  ・ケイトウ
・カラー
・かすみ草
・ガーベラ
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い ケイトウ使用の秋気分ブーケ ■お花の特徴、お手入れアドバイス ガーベラは紙に巻いてしっかり水揚げして下さい。 ケイトウの葉は薄いので黒くなりやすいですが取り除いて飾ってください。 カラーは茎の下が溶けやすいので深水にならないようにして下さい。

   

はなや日々色

  ・ガーベラ
・姫アスター
・なでしこ
・タラスピ
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 秋の夜長に楽しむブーケ! ■お花の特徴、お手入れアドバイス 少し濃いめの色使いにしました。 姫アスターやなでしこは今時期しかない お花なのでぜひお楽しみください!

   

フローリスト凛花

  ・トルコキキョウ(品種:ボヤージュブルー)
・オンシジューム(品種:ハニーエンジェル)
・デンファレ(品種:ソニア)
・アスター(品種:ココットレッド)
・ヒバ
 

コメント

大人色の和ブーケ

トルコキキョウ(品種:ボヤージュブルー) トルコキキョウはその和名から、キキョウ科の植物だと誤解されることがよくありますが、実はリンドウ科なんです!?優雅で気品の溢れるトルコキキョウですが、今では品種改良が進み様々な色の可愛らしいトルコから大人っぽいカッコイイトルコまで幅広く生産されてるのでぜひ、お近くのお花屋さんで見つけたら見てみてください!水換えと茎先をこまめに切ると長持ちします?

オンシジューム(品種:ハニーエンジェル) 紫の中にパッと目を引くようオンシジュームを入れてみました!オンシジュームには向きがあるので、どの向きが1番素敵に見えるか生けながら楽しんでください!?オンシジュームもラン科で比較的に長持ちしますが、デンファレなどと比べると少し弱い印象がありますので、こちらもこまめに水換えと茎先をこまめに切ると長持ちします?

デンファレ(品種:ソニア) カクテルやお料理に添えられたり、きっと皆さんどこかで見たことがあるお花かと思います!?下から順に咲いていくので、枯れるのも下の方から枯れていきます?萎れてきたお花は取り除き、黄色くなってきた茎も切った方が良いです!(茎先から嫌な匂いがしてきます…?)お花だけをお皿などに浮かべる形でも楽しめますので、折れてしまったり、少し元気がなくなってきた時にやってみてください✨

アスター(品種:ココットレッド) 仏花など切り花としての需要が多いため、見たことがある人も多いかと思います!今回お入れしているアスターは比較的にお花が小輪なのですが、10センチほどの大輪のものもあり、色も様々鮮やかです!キク科だと、どうしても仏花を想像してしまう方もいるかも知れませんが、ぜひ素敵なキク科のお花を見つけたら飾ってみてくださいね!?✊?

ヒバ 花を生ける時、華やかな切り花がメインになりがちですが、枝物をうまく使うとシックでナチュラルなイメージがでます!?枝物は水に浸かる部分の葉っぱは取り除きましょう!葉っぱが水に浸かるとそれが腐敗して水が汚れやすくなってしまいます❌お水を入れすぎるのも要注意!樹皮などにバクテリアが付着して水の汚れが出やすくなってしまうので、水に浸かっている部分が多すぎないようにしましょう!

残暑が続いておりますのでこまめな水替えをしましょう✨ 北海道産のお花を取り入れ花農家さんを一緒に応援していけたらと思いますのでよろしくお願い致します!

地域によって2日お届けがかかっているので長旅でお花が疲れているので、水切り、水あげを十分にお願いします!    

花善

  ・セダム
・トルコギキョウ
・姫アスター
・ハーブ
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 秋色セダムとトルコギキョウのブーケ ■お花の特徴、お手入れアドバイス

オシャレなセダムに人気のトルコギキョウを合わせたブーケです。 トルコキキョウは花びらが繊細なお花です。 配送中に形が崩れてしまっていることがありますが、水揚げの際に手でそっと直していただくと綺麗に飾れますよ。 ハーブで香りのアクセント?姫アスターやハーブが変色してきたらその部分の花や葉を取ってください。 もう少しで花もちが良くなる季節となりますのであと少し辛抱してくださいね。

   

フローリスト自由花

  ・バラ
・ヒマワリ
・アルストロメリア
・ハイブリッドスターチス
・ホスタ
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い バラ、ヒマワリとアルストロメリアの元気いっぱいブーケ

■お花の特徴、お手入れアドバイス こまめに茎を切り、お水を取り替えてあげて下さい。 ヒマワリは大小ばらつきがあります。 バラ、アルストロメリアは何色がくるかお楽しみに♪ アルストロメリアは花びらが繊細なお花です。 配送中に形が崩れてしまっていることがありますが、水揚げの際に手でそっと直していただくと綺麗に飾れます。 バラは外側の花弁が茶色く変色した場合は、花弁をそっと取り除いてあげるとキレイに飾れます。    

FlowerHouseハナミズキ

  ・スタンダードカーネーション
・アゲラタム
・ジニア
・ソリダコ
 

コメント

お水に入れるときに茎の下を少しだけ切って切り口を新しくしてあげるとより長持ちします。

   

FlowerHouseハナミズキ

  ・スタンダードカーネーション
・スプレーカーネーション
・リンドウ
・ソリダコ
 

コメント

お水に入れるときに茎の下を少しだけ切って切り口を新しくしてあげるとより長持ちします。 リンドウはまれに、花粉が原因で変色してしまう場合もありますが、その場合は一輪だけそっと取って飾って下さい。出来るだけ涼しい場所に飾って下さい。

   

Botanic Life 株式会社明道香風園本店

  ・ヒマワリ(サンリッチマロン)
・ナンバン
・リューカデンドロン(レッドコーン)
・クラスペディア
・ハイブリットチース
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い

ナンバンを入れて秋の感じでお作りしました。

■お花の特徴、お手入れアドバイス

お花が届いたら、茎を1cm程切って新鮮なお水に生けてくださいね。 ひまわりの茎が水に弱いので、お水は少なめが良いです。

   

株式会社 ナカイフローリスト

  ・バラ
・カラー
・アンスリューム
・HBスターチス
・ユーカリ
 

コメント

可愛らしいピンクのバラと、アンスリューム、白のカラーでボリューム良く爽やかな感じに仕上げました♪ ユーカリやHBスターチスは、ドライフラワーにしても飾れるので、最後までお楽しみください♪ バラの外側の花びらは内側を守ってくれています。傷・変色がある場合は優しく取っていただくと、綺麗に飾れます。

   

田村フローリスト

  ・バラ
・ヒベリカム
・スプレーカーネーション
・かすみ
・アイビー
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い こんもりブーケ? ■お花の特徴、お手入れアドバイス 水をこまめに替えて頂くと長持ちします。 バラの外側の花びらは内側を守ってくれています。傷・変色がある場合は優しく取っていただくと、綺麗に飾れます。    

花工房パルテール

  ・デンファレ
・バラ
・リンドウ
・カーネーション
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い カラフルに ■お花の特徴、お手入れアドバイス バラは、外側の花弁が茶色く変色した場合は、花弁をそっと取り除いてあげるとキレイに飾れます。花びらは、水がつくとシミになりやすいので、水換えの際は気をつけてください。 リンドウはまれに、花粉が原因で変色してしまう場合もありますが、その場合は一輪だけそっと取って飾って下さい。    

無店舗花屋ルココン

  ・薔薇(テナチュール)
・ガーベラ
・トルコキキョウ
・ルドベキアの実
・ワレモコウ
・キキョウラン
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 初秋のブーケ 敬老の日BOXのお届けになる今週、ちょっとだけ秋を感じさせる花材を入れたミニブーケです。 ■お花の特徴、お手入れアドバイス トルコキキョウは八重咲きである程度の開きがあり入荷しており、そのまま花持ちします。 ルドベキアの実、ワレモコウなどはドライになっても楽しめますよ♪ キキョウランはフイリで涼しげな雰囲気。 ルドベキアの実やワレモコウのポコポコした実で遊び心を出して生けてみて下さい。

   

フラワー&グリーンマルソー

  ・ヒマワリ
・クルクマ
・セダム
・ピット
・デンファレ
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 爽やかな夏のブーケにしました! ■お花の特徴、お手入れアドバイス

お手入れ 暑さが続いていますので、無事届きましたら水切りをして水上がりをお待ち下さい! デンファレは下のお花から枯れていくので、枯れたら摘んであげると上のお花に水があがり長持ちします! ひまわりの茎が水に弱いので、お水は少なめが良いです。    

Bloomee LIFE提携店3号店

  ・カーネーションダークレッド
・姫ヒゴダイ
・リンドウピンク
・イタリアンルスカス
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い シックなお部屋にぴったりなブーケをテーマにしました!

■お花の特徴、お手入れアドバイス ヒメヒゴダイは水下がりしやすいので到着後に水あげをお願い致します。 リンドウの花弁は傷みやすい為、傷んだ部分は取り除き下さい。

   

フロリコル

  ・デンファレ
・モカラ
・ガーベラ(ピンクor白)
・ヒメヒゴダイ
・オカメヅタ
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い ピンクの色が効いたブーケ。 ■お花の特徴、お手入れアドバイス 「オカメヅタ」を最初に花瓶の淵に挿れてからお花を挿していくと、バランス良く飾れると思います。 「ガーベラ」はお届け最中に、お花の中の水分が下に下がってしまい、一時的にお花が下向きになってしまうことがあります。 お花が下向きになっている場合は、新聞紙などで茎からお花部分をくるくると巻いて、 茎をまっすぐに固定しながら水上げをしてあげると元気になることがあります。

   

花蔵

  ・モカラレッド
・バラ マンゴーリーバ
・ツルバキアホワイト
・キイチゴベビーハンズ
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 日差しのようなウォームカラーブーケ 明るい色合いで疲れも吹き飛ぶかも

■お花の特徴、お手入れアドバイス

水の中がぬるくなると茎が傷むので涼しい場所で マメに水を変えながらたのしみましょう。 水の中の葉を外し、清潔な状態にして下さい。 一滴だけのハイターを入れると花もちがぐんと変わります。 バラの外側の花弁が茶色く変色した場合は、花弁をそっと取り除いてあげるとキレイに飾れますよ。    

花悠

  ・ピンク薔薇
・ヒペリカム
・トルコキキョウ
・輪カーネーション
・オレンジカラー
・ピンクスターチス
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い オレンジのカラーがポイントの花束、輪カーネでボリュームを 出しました。 ■お花の特徴、お手入れアドバイス 秋の雰囲気を感じて頂ける様に花をアレンジ しました。ピンクのヒペリもいい感じです! トルコキキョウは花びらが繊細なお花です。 配送中に形が崩れてしまっていることがありますが、水揚げの際に手でそっと直していただくと綺麗に飾れますよ。 バラの外側の花弁が茶色く変色した場合は、花弁をそっと取り除いてあげるとキレイに飾れますよ。    

花の店 りん

  ・バラ サムライ
・リンドウ 北の歌姫
・スプレーカーネーション ライラックメリッサ
・カスミ草
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 旬のお花を、豊富に束ねました。 ■お花の特徴、お手入れアドバイス バラの外側の花弁が茶色く変色した場合は、花弁をそっと取り除いてあげるとキレイに飾れますよ。 リンドウはまれに、花粉が原因で変色してしまう場合もありますが、その場合は一輪だけそっと取って飾って下さい。    

ffHK花亀

  ・ドライアンドラ
・フィリカ
・クラスペディア
・ハイブリッドスターチス
・ユーカリ
 

コメント

■テーマ ドライフラワーになるブーケ ■お花の特徴、お手入れアドバイス 今週は更に秋らしくなりましたね!ドライフラワーとしても楽しめるブーケをご用意しました。

フィリカは起毛が特徴的な南アフリカ原産のワイルドフラワーです。約150種の品種があり、そのうちの多くが南アフリカの自然灌木地帯「フィンボス」に自生しています。乾燥し毛が開くとナチュラルなドライになります。

ドライアンドラはギザギザした葉が可愛く、オレンジ色の花が美しく、バンクシアに似ています。

秋冬向けの質感なので、これからの季節にぴったりですね!

   

ハナドコロ エン

  ・ヒマワリ(茶系)
・カーネーション
・アワ
・ヒペリカム
・スターチース
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 夏から秋へ* 夏の花ヒマワリと、秋を思わせる複色のカーネーション&ヒペリカムを合わせました。 ■お花の特徴、お手入れアドバイス まだ暑い日々も続きますので、お水替えは一日1回、切り戻しもしてください。 スターチースはドライにしやすいお花ですので、元気なうちに吊り下げていただくのがオススメです。    

FS花いちもんめ宇都宮

  ・ガーベラ
・シオン
・スプレーマム
・ワレモコウ
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い オータムブーケ

■お花の特徴、お手入れアドバイス 落ち着いたトーンのガーベラに、秋を代表するお花を合わせました。ガーベラの花びらは、白地にボルドーがにじむように入る種類で、このお花の特徴です。傷みではないのでご安心下さい。 薄紫色のシオンは次々お花が咲きます。萎れた花は、指先で摘んで取り除いていただくと綺麗な状態がキープ出来ます。 丸いポンポン咲きのお花はスプレーマムです。とても持ちの良いお花ですが、葉が傷んできたら取り除いて飾って下さい。 ワレモコウは他のお花ので中から少し引っ張り出す様に飾るとゆったりとした印象になります。 ガーベラはお届け最中に、お花の中の水分が下に下がってしまい、一時的にお花が下向きになってしまうことがあります。 お花が下向きになっている場合は、新聞紙などで茎からお花部分をくるくると巻いて、茎をまっすぐに固定しながら水上げをしてあげると元気になることがあります。    

FS花いちもんめ宇都宮

  ・カラー
・スプレーバラ
・シオン
・ワレモコウ
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 三日月ブーケ ■お花の特徴、お手入れアドバイス 月の綺麗な季節になりました。 黄色いカラーを三日月に見立てた秋のブーケです。オレンジ色のバラで明るく、秋を代表するお花を合わせて秋らしく、そんな気持ちで取り合わせしました。 カラーの茎はとろけやすいので、お水は少なめにしお水の取り替えは毎日お願い致します。 シオンは次々お花が咲きます。萎んだ物は指先で摘んで取り除いてください。

   

ベルフラワー

  ・レインボーカ―ネ―ション
・ワックスフラワー
・トルコキキョウ
・ミスカンサス
 

コメント

■カラフルブーケ

■レインボーカ―ネ―ションは、色を吸わせて染めています。少し茎から色が落ちて水に色がつく事がございます。また、皮膚や服などにも色が付く場合もございますのでお気を付け下さい。色を吸わせているので、花弁がチリチリしている場合がございますがご了承下さいませ。 ワックスフラワーは造花みたいですが、生花です、大変お花の持ちの良い花です。ミスカンサスは、ボールペンなどにクルクル巻き付けて、少し強めに握ると放した時にクルクルと動きが出て素敵に飾れます。 トルコキキョウは花びらが繊細なお花です。 配送中に形が崩れてしまっていることがありますが、水揚げの際に手でそっと直していただくと綺麗に飾れますよ

   

Flower shop Quatre saisons

  ・アンスリウム(ミドリ)
・トルコキキョウ(セレブゴールド)
・デンファレ(グリーン)
・ローズマリー
 

コメント

【テーマ】 

Have fun ☺︎

【お手入れ】

暑い季節がやって参りますので、 毎日お水を替え切り戻してあげてください! トルコキキョウは花びらが繊細なお花です。 配送中に形が崩れてしまっていることがありますが、水揚げの際に手でそっと直していただくと綺麗に飾れますよ。 デンファレは下のお花から枯れていくので、枯れたら摘んであげると上のお花に水があがり長持ちします! どうぞよろしくお願いします。

   

floral studio FUGA

  ・スプレーバラ
・ヒエ
・トルコキキョウ
・ミスカンサス
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 爽やかな色合いのブーケ ■お花の特徴、お手入れアドバイス 爽やかな色合いの中にポイントで茶のヒエを入れてみました。 まだまだ暖かい日が続きます、 こまめに水換えと、茎の切り戻しをして頂き長く楽しんで下さい。 トルコキキョウは花びらが繊細なお花です。 配送中に形が崩れてしまっていることがありますが、水揚げの際に手でそっと直していただくと綺麗に飾れますよ。    

花のクボタ

  ・ガーベラ(カシス)
・トルコギキョウ(ボヤージュピンク)
・SPバラ(エンジェルローラ)
・ デンファレ(アンナ)
・HBチース(ミスティブルー)
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 少し秋らしい雰囲気のピンク系のブーケです

■お花の特徴、お手入れアドバイス 暑い日が続くので毎日こまめに水を替えてあげると長持ちします。 高温時は水に浸かった部分の茎が傷みやすいです。 茎が軟らかくなっていたら、その部分をハサミなどでカットしてください。 ガーベラはフィルムをはずしてくだい。 お花が下向きになっている場合は、新聞紙などで茎からお花部分をくるくると巻いて、茎をまっすぐに固定しながら水上げをしてあげると元気になることがあります。 トルコキキョウは花びらが繊細なお花です。 配送中に形が崩れてしまっていることがありますが、水揚げの際に手でそっと直していただくと綺麗に飾れます。 スプレーバラの外側の花弁はお花を守る役割をしています。傷ついていたり変色していたらそっとつまんでください。    

花の店 ルフラン

  ・ガーベラ
・大輪カーネーション
・リンドウ
・スプレーカーネーション
・花麦
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 爽やかな色合いに束ねてみました♪ ■お花の特徴、お手入れアドバイス お届け最中に、お花の中の水分が下に下がってしまい、一時的にお花が下向きになってしまうことがあります。 お花が下向きになっている場合は、新聞紙などで茎からお花部分をくるくると巻いて、茎をまっすぐに固定しながら水上げをしてあげると元気になることがあります。 リンドウはまれに、花粉が原因で変色してしまう場合もありますが、その場合は一輪だけそっと取って飾って下さい。

毎日こまめにお水を替えてあげてください。 氷水にしてあげると長くお楽しみいただけると思います。

*お花の個体差により、写真とはお花の輪数等が異なることがあります。 ご了承ください。

   

ofg -healing

  ・モカラ
・カラー
・SPバラ
・トルコキキョウ
・千日紅
・キノブラン
・アイビー
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い トロピカルなモカラを中心に可愛らしいカラーでインパクトを強調、薄ピンクのトルコキキョウと可愛い千日紅、SPバラで全体をまとめてみました。 ■お花の特徴、お手入れアドバイス 蘭であるモカラとワックスフラワーは比較的日持ちします。トルコキキョウも強いお花ですがSPバラ、千日紅も同様蒸れに弱いお花ですので飾る時はお花との間隔をあけて生けていただきたいです。 就寝前にでも氷1つ花瓶の中に入れていただくだけでも日持ちいたします。 試してみてください。

   

フラワーショップ花のん

  ・紅アオイ(ハイビスカスの実)
・ケイトウ(アーリーローズ)
・スプレーカーネーション(コスモチェリー)
・かすみ草
・アイビー
 

コメント

■テーマ  今週は、今が旬のハイビスカスの花が咲いた後の実である  「紅アオイ」とピンクのケイトウ、スプレーカーネーション  を合わせ、かすみ草を散らした感じのアレンジにしてみました。

■お手入れアドバイス  ①当方でお花の位置などを考慮しアレンジしてありますので   輪ゴムを外さずに飾って頂くことをお勧めいたします。  ②花瓶のお水は毎日替えてください。  ③水替え時、2〜3日に一回は茎の底部分を少し切ってください  (お花が水を吸い上げ易くなり、長持ちします)    

フローリストナカムラ

  ・カーネーション「ズリゴ」
・スプレーバラ「ミスティックサラ」
・スターチス「ブルーファンタジア」
・フジバカマ
 

コメント

秋色で大人っぽくまとめたブーケです。 カーネーションのズリゴはシックな赤で落ち着いた雰囲気。 スプレーバラのミスティックサラは上品なアンティークカラーが魅力的です。 スターチスのブルーファンタジアはドライフラワーとしても楽しめますよ。 フジバカマは秋を感じさせるお花です。 届きましたら、すぐに水揚げをしてお楽しみください。    

花御縁

  ・トルコキキョウ ラビアージュ
・ガーベラ アルテイシア
・ケイトウ 久留米ローズ
・ヒペリカム キャンディフレア
・ワレモコウ
・ポリシャス
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い

「秋のお花が可愛い」 秋のお花はお色がシックなものが多いのですが、今回はまだ暑さも残る中でのお届けなので柔らかいピンクと爽やかなグリーンを合わせることで少しライトトーンの仕上りとなっております。

■お花の特徴、お手入れアドバイス トルコキキョウは花びらが繊細なお花です。 配送中に形が崩れてしまっていることがありますが、水揚げの際に手でそっと直していただくと綺麗に飾れますよ。 ガーベラはお届け最中に、お花の中の水分が下に下がってしまい、一時的にお花が下向きになってしまうことがあります。 お花が下向きになっている場合は、新聞紙などで茎からお花部分をくるくると巻いて、茎をまっすぐに固定しながら水上げをしてあげると元気になることがあります。 まだまだ冷房が必要とされる気温の中でのお届けですので、届いたお花の元気がなかった場合には氷を一粒入れた少し多めのお水で水揚げ作業を行っていただければと思います。

   

村上フラワー

  ・ブバリア
・リンドウ(ピンク)
・キキョウラン
・バクスホリア
・ミニカラー(ピンク)
・デンファレ(白)
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 清楚で爽やかなブーケ ■お花の特徴、お手入れアドバイス リンドウはまれに、花粉が原因で変色してしまう場合もありますが、その場合は一輪だけそっと取って飾って下さい。 デンファレは下のお花から枯れていくので、枯れたら摘んであげると上のお花に水があがり長持ちします!

   

Alsmeer ユニモ店

  ・スプレーバラ オリエンタルエクレール
・花ナス
・リンドウ
・カラー
・キキョウラン
・ガーベラ
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 秋のブーケ ■お花の特徴、お手入れアドバイス スプレーバラは茎をなるべく鋭角に切ってあげてください 花ナスは茎が腐りやすいのでお水換えの時によく見てあげてください ガーベラはお届け最中に、お花の中の水分が下に下がってしまい、一時的にお花が下向きになってしまうことがあります。 お花が下向きになっている場合は、新聞紙などで茎からお花部分をくるくると巻いて、茎をまっすぐに固定しながら水上げをしてあげると元気になることがあります。 リンドウはまれに、花粉が原因で変色してしまう場合もありますが、その場合は一輪だけそっと取って飾って下さい。    

株式会社Y’Sフラワーサービス

  ・デルフィニウム ベラドンナ
・トルコキキョウ 2色
・ひまわり
・かすみ草
・アゲラタム
・手毬草
・丸葉ルスカス
・アンスリウム
・ホワイトスター
・薔薇 フェスティボ
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 爽やかに残夏を楽しみに ■お花の特徴、お手入れアドバイス

薔薇は花びらが茶色になる事があります。取り除いていただきますようお願いします。

トルコキキョウは、下を折って水揚げしてください。

   

marmelo

  ・カーネーション
・クルクマ
・ハイブリッドスターチス
・ナデシコ
・利久草
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 白のクルクマをパステルカラーのお花で彩りました? ■お花の特徴、お手入れアドバイス クルクマの花に見える部分は「苞(ホウ)」で、本当の花は奥に隠れています。

   

HANATOSHI

  ・ノバラの実
・ケイトウ
・センニチコウ
・リモニューム
・ガーベラ
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 今週は秋らしいお花、実物、色合いでお作りしました。 ■ガーベラはお届け最中に水が下がってしまい、一時的にお花が下向きになってしまうことがあります。 その場合は新聞紙などで茎からお花部分を持ち上げるように巻いて、真っ直ぐに固定してから水揚げすると元気になります。 ノバラの実はシワシワになってきた実をとってあげると長く綺麗に飾れます。    

フルール・ド・アルル

  ・アスター(マツモトクリアスカーレット)
・クルメケイトウ(オレンジ)
・ダイアンサス(ラフィーネアリックス)
・ハイブリッドスターチス(ポルトダイアモンド)
 

コメント

■テーマ「秋色鮮やかブーケ」 今週は、色鮮やかな、秋色のビビッドブーケです! なかなかインパクトがあります。 インスタ映えするかな? ■お花の特徴、お手入れアドバイス 元気がない時は、湯上げをおすすめします。 傷んた花や葉は、お取り下さい。    

ル・シェルブリュー

  ・バラ(キャラメルアンティーク)
・りんどう
・スプレーカーネーション(モカスウィート)
・てまり草
・りんご
 

コメント

■テーマ、まだまだ日中は暑いですが、少しずつ秋の気配を感じます。 ■バラは、キャラメルアンティークといいます。この様な咲かたをカップ咲といいます。少し開花が早いかもしれませんが、その特徴的な咲方に注目して下さい。外側の花びらが痛み安いですが、花を保護する為、なるべくそのままにして下さい。明らかに茶色のシミの場合は取り除いて下さい。 リンドウはまれに、花粉が原因で変色してしまう場合もありますが、その場合は一輪だけそっと取って飾って下さい。 水揚げは水切り無しで大丈夫とおもいますが、元気の無い時は紙に包んで水切りしてみてください(他の花たちも同様です)

♥ユーカリは香りのおまけです、指先で葉をこすると香りが引き立ちます♥

   

Spice

  ・ケイトウ
・トルコキキョウ
・ガマズミの実
・スプレーカーネーション
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 実ものをいれて秋らしいデザインで仕上げました。

■お花の特徴、お手入れアドバイス 黒くなってきたところは優しくとってあげてください。 トルコキキョウは花びらが繊細なお花です。 配送中に形が崩れてしまっていることがありますが、水揚げの際に手でそっと直していただくと綺麗に飾れますよ。    

flower HyggE

  ・ヒメヒマワリ
・リンドウ
・ベニアオイ
・バラ
・ユキヤナギ
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 朝晩少しずつ秋を感じるようになってきましたね。今週は秋色&秋のお花にしました。

■お花の特徴、お手入れアドバイス まだむし暑い日が続きますので、毎日の水替えを忘れずして下さい。 ヒメヒマワリの葉のフチが黒くなりやすいので、黒くなってきたら、葉だけ取ってお花を楽しんでください。 リンドウはまれに、花粉が原因で変色してしまう場合もありますが、その場合は一輪だけそっと取って飾って下さい。 バラの外側の花弁が茶色く変色した場合は、花弁をそっと取り除いてあげるとキレイに飾れますよ。    

フラワーギャラリー スローダンス

  ・グラジオラス
・バラ
・スプレーバラ
・デンファレ
・シネンシス
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 暑さに負けない彩りブーケ ■お花の特徴、お手入れアドバイス バラの外側の花びらは内側を守ってくれています。傷・変色がある場合は優しく取っていただくと、綺麗に飾れます。

   

花すけ

  ・ミニバラ・バターキャラメル
・鶏頭・オレンジ
・リンドウ ・ピンク
・リモニューム・ピンク
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 秋色ポップに! ■お花の特徴、お手入れアドバイス 頭の大きいケイトウを少し低く生けるとバランス良くなります。 リンドウ 、花弁が変色していたら優しく取り除いてください。

   

Citron Leaf

  ・バラ 2種
・セロシア
・カスミソウ
・アイビー
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い まだまだ厳しい高温期の輸送に耐えてくれそうなお花を選びました。 季節の花、セロシアで秋の訪れを感じてください。 ■お花の特徴、お手入れアドバイス 花びらの強そうなフリル咲きのバラを選びました。 バラとセロシアは茎を少し短めに切り戻してあげると水あげが良くなると思います。 バラの外側の花びらは内側を守ってくれています。傷・変色がある場合は優しく取っていただくと、綺麗に飾れます。    

丸正生花店

  ・エリンジューム
・ワレモコウ
・リモニューム
・スプレーカーネーション
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い エリンジュームとワレモコウのブーケ

■お花の特徴、お手入れアドバイス ブルーのエリンジュームとワレモコウ、リモニュームはそのままドライフラワーになります。 スプレーカーネーションも長持ちしますので、こまめにお水を変えてあげてください。

   

オーガニックフラワーMusee de Hanna

  ・ケイトウ
・トルコキキョウ
・リンドウ
・ワレモコウ
・ケイトウ
・トルコキキョウ
・リンドウ
・ワレモコウ
・ケイトウ
・トルコキキョウ
・リンドウ
・ワレモコウ
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 秋の花を束ねました ■お花の特徴、お手入れアドバイス トルコキキョウの茎が折れやすいので、取り扱いにはご注意ください。

   

Bloomee LIFE 1号店

  ・トルコギキョウ(アンバーダブルバーボン)
・セダムピンクORセダムグリーン
・ヒペリカムグリーン
・クルクマ
・利休草
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い アンティーク色の大人ブーケ ■お花の特徴、お手入れアドバイス トルコギキョウは初秋にぴったりの落ち着いたアンティークカラーです。 くすんだピンクが特徴ですので、この色合いをぜひお楽しみください。 また配送中に形が崩れてしまっている場合もありますので、飾る際にふわっと指で形を整えましょう!

セダムはピンクまたはグリーンのどちらかが入っています。 ヒペリカムの葉が変色している場合や実が一部黒くなった場合は優しく取り除いてお飾りください。

   

afloatflowers

  ・ガーベラ@ピッコリーニ
・リコリス@再会
・てまり草
・ダークオパールバジル または アフリカンブルーバジル
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い ●バジルの香りを楽しむブーケ ■お花の特徴、お手入れアドバイス ●リコリスは小さなユリのようなお花が四方に向いて咲く軽やかなお花です。茎の切り口が裂けて丸まりやすいですが、切り口にセロテープを巻くと防げます。花粉は早めにそっと取り除き、浅めのお水で切花栄養剤の利用が効果的です!バジルは水下がりしやすいため、長旅で無事にお届け出来るか心配ですが、水揚げとこまめな切り戻しのお手入れを。花房が付いているものは、お花が咲き零れますがバジルの特性となります。緑~紫色のコントラストで引き締めカラーの葉物として、またイタリアンレストランのような食欲の香りをお楽しみください♪    

フラワ-華実

  ・リンドウ
・カーネーション
・ブルーファンタジー
・ルスカス
 

コメント

■まだまだ暑い日が続きますが、秋を感じる花束をどうぞ

■リンドウは現在いろいろな色があります。今回はピンクでお届けしました。カーネーションも薄いピンクであわせてみました。どちらも、もちの良い花です。長くお楽しみ頂ければと思いますが、あまりに暑いので、もしリンドウが少し茶色くなっている場合は、茶色いものだけそっとハサミで切りとって下さい。 ブルーファンタジーはドライでも楽しめる花です。

   

花手紙

  ・カーネーション
・ネズミモチの実
・スターチス“ソロモン”
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 少し秋を感じられる色合いのアレンジにしました。 ニュアンスカラーのスターチスもお勧めです。 ■お花の特徴、お手入れアドバイス 秋を感じてもらいたいとは思いますが、まだまだ暑いので、暑くても日持ちのしやすい花合わせです。 カーネーションの茎がヌルつき易いので、毎日水換えの時に流水できれいに洗い流し、花瓶の中も中性洗剤できれいに洗ってから新しいお水を入れ、切り戻したお花を戻して頂くとながもちします。 スターチスはドライフラワーにもなるので長く楽しんで頂けます。

   

arbluem

  ・ワレモコウ
・ヒマワリ
・アスター
・ソリダコ
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い ラストサマー ■お花の特徴、お手入れアドバイス 水を少なくして 茎の色が変わった所は切って お楽しみくださいませ。 アスターは茎が空洞で折れやすいです。 お取り扱いに気をつけてあげてください。    

Bloomee LIFE提携店舗

  ・ヒマワリ
・セダム
・リコリス ジャクソニア
・デンファレ
・ゴット フロリダビューティー
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 夏の最後はヒマワリで… ■お花の特徴、お手入れアドバイス セダムにはグリーン~赤茶と色が幅広くありますが実は全て同じ株から育っています。初夏はグリーンで明るい色を放ちますが秋になるにつれ赤~茶色へと味のある色に変わっていきます。小さなお花の集合体なので終わった部分は花の根元から切り落とし長くお楽しみ下さい。 リコリスには花が3個くらい付いているので咲き終わったら優しく摘んであげて下さい。 デンファレは花瓶に行けるときに邪魔であれば摘んで耳元にかけてお楽しみ下さい。    

エメヴァレフルール

  ・トルコキキョウ
・ガーベラ
・リンドウ
・ブルーファンタジー
・ドラセナ
・ミスカンサス
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い オータムブーケ ■お花の特徴、お手入れアドバイス トルコキキョウは花びらが繊細なお花です。 配送中に形が崩れてしまっていることがありますが、水揚げの際に手でそっと直していただくと綺麗に飾れますよ。 ガーベラは茎が腐りやすく注意が必要です。茎が2~3センチお水に浸かるくらい控えめに入れるとお花が長持ちします。水に使っている部分は腐りやすいので切ってくださいね。お水が濁りやすいのでこまめに交換お願いします。 リンドウはまれに、花粉が原因で変色してしまう場合もありますが、その場合は一輪だけそっと取って飾って下さい。 1日1回、水替えの時、切り口を5ミリカット お願いします。

   

エスポトキオ

  ・デンファレ (ルーシーピンク)
・キイチゴ(グリーン)
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い

可愛いオータムアレンジメントをお部屋に!

■お花の特徴、お手入れアドバイス

暑さに強めのお花を集めました。 お花が到着しましたら、ゴムをはずしして 保水の為のエコゼリーを洗い流して下さい。 茎の下を少し切って水揚げして下さい。

今週のグリーンは、キイチゴです。 赤ちゃんの手のような可愛らしいグリーンは フラワーアレンジメントには欠かせないグリーンです。

同封の栄養剤を入れて 毎日お水を替えてくださると お花が長持ちします。    

エリ花工房

  ・デンファレ
・ケイトウ
・リンドウ
・キイチゴ
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い デンファレのアレンジ ■お花の特徴、お手入れアドバイス ルーシーピンクという蘭メインのアレンジです。 デンファレは比較的暑さに強いです。 しかし、切花は蒸れに弱いためできるだけ涼しくて湿気の低い場所で飾るのが良いです。 秋の始まりのお花、りんどうとけいとう。 そして可愛いグリーン「キイチゴ」を添えてます。 リンドウはまれに、花粉が原因で変色してしまう場合もありますが、その場合は一輪だけそっと取って飾って下さい。

   

Bloomee LIFE提携店2号店

  ・モカラ(オレンジ又は黄色系)
・ヒペリカム
・ガーベラ オレンジ系 又は黄色系
・リンドウ
・グリーン(ルスカス等)
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 秋色オレンジ系モカラの組み合わせです ■お花の特徴、お手入れアドバイス 秋色オレンジ系のモカラ、ガーベラ、実物のヒペリカム 秋の七草のリンドウを組み合わせてみました! 残暑が厳しいので、日々のお水替えと切り戻しは 宜しくお願い致します。

   

Flower Design Studio SHAMROCK

  ・トルコキキョウ(ピンク)
・唐辛子
・オンシジューム(黄色)
・アスター(白)
・ドラセナ(葉っぱ)
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い たまには変わったお花を飾ってみませんか。

■お花の特徴、お手入れアドバイス 中々、手に取ることは少ないと思いますが、 唐辛子も観賞用として売られています。 魔除けとしても使われ赤い唐辛子は幸運が舞い込むなんて言われもあるから、いいことあるかも?! 黄色のオンシジュームは下からお花が咲いていくので、上手に関して、先端の蕾までぜひ咲かせてあげてください♪ 葉っぱのドラセナは、今回、茎をきって画像のようにクルっと丸めて花瓶のなかに入れてみました。    

BELLUP フラワー&クラフト

  ・バラ テナチュール
・久留米ケイトウ 橙
・雪柳 塗
・ワックスフラワー
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 秋色ブーケ ■お花の特徴、お手入れアドバイス 赤オレンジ系のブーケです。 バラ テナチュールが落ち着いた色味でおすすめです。

雪柳、ワックスフラワーの葉は落ちやすいですが、 品質には問題ありません。

ケイトウは浅水がおすすめです。

   

株式会社PLY GIFT

  ・カラー(w)
・ユリ(o)
・ガーベラ(o)
・カーネーション(c)
・バラ(c)
・トルコキキョウ(紫)
・ブプレリウム(G)
 

コメント

今回は季節の変わり目をイメージしたお色の組み合わせです(^o^)♪

オレンジ色のユリが入ってますが、蕾が開いてきたら、ティッシュで花粉を取ってください。

もし指についてしまった花粉を落とす時に 効果的なのは歯磨き粉です(・∀・)!

石鹸のかわりに、指先にグニュッと出して、花粉の付いてしまったところをこすり合わせて洗います。 歯磨き粉の泡が黄色っぽくなってきたら、水で洗い流せば、きれいになります。 衣服についてしまった場合、擦らず、ガムテープの粘着部でペタペタと当てて取って下さい。    

ballerina バレリーナ

  ・モカラ 赤
・ばら サムライ 赤
・トルコききょう 白
・かすみ草 白
・唐辛子 ブラックフィンガー
・タバリアファン 葉物
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 秋を感じる雰囲気で。 ■お花の特徴、お手入れアドバイス ☆お水は少なめが長持ちの秘訣です ☆唐辛子はドライになりハロウィンやクリスマスでも飾りやリースに使えると思います

   

シーズン・ハーツ 九段下店

  ・ガーベラ レンブラント
・ヒマワリ ムーランルージュ
・ブバリア トウキョウスターパールピンク
・ナルコラン
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 花材自体はどれもスタンダードなものですが、色合いや産地等、品種にかなりこだわってみました。違いの分かる一歩先の奥深いアレンジです。

■お花の特徴、お手入れアドバイス ・ ガーベラ レンブラント オランダの画家レンブラントの絵画を思い起こさせるような、コチニールレッドの明暗が立体感を感じさせます。深みのある色合い、大人な装いで、ガーベラというとカジュアルなイメージが強いですが絵画の巨匠の名前に違わず重厚な佇まいも感じます。ガーベラのように 茎に産⽑があるお花はお水で腐りやすいので、切り口は斜めではなく、水平に切ってもらい、水は少なめで活けてください。首が曲がって水が下がりそうなときは、新聞などで⾸が曲がらないようにガーベラを包んで、水あげや湯あげをするとしゃっきともとに戻ります!

・ ヒマワリ ムーランルージュ アメリカのテキサス州が減産で、濃いチョコレート色が特徴な珍しいヒマワリです。ヒマワリですが、秋口に飾っても違和感のない色合いですね!

・ ブバリア トウキョウスターパールピンク 大きな花と「目」が印象的な桃・一重花が特徴のブバルディアで、令和元年8月30日に出願公表されたあたらしい品種です。

東京都中央卸売市場におけるブバリア(ブバルディア)のシェアの実に50%以上が東京都大島町(日本の伊豆諸島北部に位置する伊豆諸島最大の島)から来ています。しかし、近年、ブバルディアの生産量・出荷量は減少しており、産地を維持するだけでなく、島の活性化を図る上でもブバルディア生産の振興が求められています。「大島ならではのブバルディアを購入したい」といった、生産側と消費側の両方からも魅力のあるブバルディア生産を大島で確立するため、東京都が一体となった支援をして出来上がった品種です。

・ ナルコラン 生け花等、和のの花材としてもおなじみの葉物です。斑入りの丸っこい葉っぱは可愛らしく、アレンジにも似合います。清涼感の演出にぴったりのグリーンです。『ナルコユリ』というよく似た植物があり、ちょっと見ただけではなかなか区別がつきません。

   

リンクフローリスト

  ・ガーベラ
・スプレーカーネーション
・ノバラ
・バラ(ピンクまたは白)
 

コメント

■アレンジに込めた想い 丸くてかわいいツヤ感のあるノバラの実に、ビタミンカラーのガーベラと淡いオレンジのスプレーカーネーションを合わせ、やわらかな色合いのバラを添えた構成にしました。 ■お花の特徴、お手入れアドバイス
輪ゴムをはずし、花材それぞれの茎についた エコゼリーを水で洗ってから、 器に飾ってください。 お花が届いた時、また水交換時に 茎の先端を少しカットすると 水があがりやすくなります。 水はなるべく1日1回、入れ替え、 花器の内側を洗剤で洗い、 清潔を保つとお花が長持ちします。 バラの外側の花びらは内側を守ってくれています。傷・変色がある場合は優しく取っていただくと、綺麗に飾れます。 スプレーカーネーションの茎が、ぬるぬるしてきたら、流水でよく洗ってください。 バラ、ノバラはドライフラワーにもなります♪・低めの器に飾る時は、 大きめのお花で器のフチを隠すようにいけると、 一体感が出てキレイに飾れます。 スプレータイプの花材は背後に挿すとラインの動きがでて、 軽やかさが演出できます。    

和ばな 八王子オクトーレ店

  ・アンスリウム テラ
・スプレーバラ ジャンティーヌ
・ハマナデシコ ラベンダーピンク
・千日紅 オードリーピンク
・ベビーハンズ 木苺
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 秋色アンスのPinkなブーケ アンスリウムの色味が秋をお知らせ

■お花の特徴、お手入れアドバイス
スプレーバラが柔らかい花びらの品種だったのでもし傷が付いて気になるようでしたら取り除いて下さい。バラは開いていても花びらが落ちなければ大丈夫、是非咲ききるまでお楽しみ下さい。 なんとも言えない色味のアンスリウムはサイズが大きくなると(注 このアンスリウムが大きくなるわけではありません)また違った色味になります。あまり見ない品種になりますがお花屋さんで見かけたら比べてみるのもいいですね♪ お水は多めにして活けて、日中はまだ暑いのでなるべく毎日お水替えすると喜びます。    

花の店 カモミール

  ・トルコキキョウ「セレブピンクダイヤモンド」
・ワックスフラワー「ルル」
・浜なでしこ「ラベンダーピンク」
・ヘレニウム(黄色)
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 秋の訪れを感じられるように、季節の小花を入れています。 気分も明るくなるように、柔らかな色合いのブーケにしました。 ■お花の特徴、お手入れアドバイス トルコキキョウは茎が細く折れやすいので扱いに注意しましょう。 全体のボリュームがあるので手前に大きめな花のトルコキキョウを入れて、周りに小花をあしらってあげると飾りやすいと思います。

   

花屋睡蓮

  ・カーネーション 
・ガーベラ
・トルコキキョウ
・リンドウ
・リキュウソウ
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 縁どりが綺麗なカーネーションをメインに、大人な色目でお作りしました。 ■お花の特徴、お手入れアドバイス ガーベラのセロファンは、保護のためにお付けしてありますので、飾るときは外してくださいね。

   

秀花園

  ・蘭(カリプソ)
・リンドウ
・ベロニカ(ホワイト)
・リモニューム(キノラパン)
・セダム
・アイビー
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 少しでも長く楽しんでいただける花選び ■お花の特徴、お手入れアドバイス 蘭のカリプソやリンドウ、セダムなど、少しでも長く楽しんで頂ける花をお使いしました。 写真は花瓶が丸型のコロッとしたのを使っているので、リンドウを半分にして使っています。高さより、横のボリュームをつけるようにしました。 花瓶に合わせて、リンドウは半分にしても楽しんでいただけると思います。 まだまだ暑い日が続きますので、こまめな水換えと、水があったまってしまったら、冷たい水や氷など入れて水温を下げて替えてあげると、バクテリア(菌)が発生しにくくなります。 水換えの時に花瓶のヌメリを取って、良く洗ってから新しい水を入れてあげ、茎も洗い、少し切ってあげる事もポイントです! また、お花を包んでいる"和紙"を花瓶の下にひいて、いつもと違う雰囲気を楽しんでいただけるかと、思います。 今週のお花はいかがでしたか? もし、良かったらコメントとかいただけたら嬉しいです!

   

KIS

  ・リンドウ
・姫ひまわり
・スターチス
・ナデシコ
・利休草
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 秋色ブーケ ■お花の特徴、お手入れアドバイス スターチス、姫ひまわりはドライになりますので楽しみ終わったら吊るして干してみてください。

   

Flower Labo

  ・ランモカラ(カリプソorライラックブルー)
・ケイトウ
・スターチス(ホワイトクラウンorピンク)
・リモニウム(パイナップルダイヤモンドorピンクダイヤ)
・ドラセナ(コーディラインホワイト)
 

コメント

ビビッドカラーのブーケ

ビビッドなランとケイトウとふわふわ可愛いリモニウムとスターチスをドラセナでまとめてみましたモカラは梱包の兼ね合いで、傷がつきやすい性質です。痛みが激しい花びらがある時は、優しく茎から外してあげてください。花びらに傷がついていても、他のお花の持ちには支障ありません。 ケイトウは軸に種がついていて黒く見えることがあります。痛んでいるわけではありません。また、お花の特性上、ヒダヒダが黒くなる場合もありますが、痛んでいるわけではなく、お花の持ちに支障ありません。 スターチスとリモニウムはそのままドライフラワーとして楽しむこともできます ドラセナは箱の大きさの関係上、ホッチキスで止めています。ホッチキスを外さず飾って下さい。 神奈川県葉山町からお届けします    

NOONFLOS

  ・ピンセントタンジェリン(ひまわり)
・スプレーカーネーション
・スターチス(色はお楽しみ)
・ローゼル(アオイの実)
 

コメント

■イエロー元気アレンジ。

■ローゼルは実です、お花は咲きません。ローゼルとスターチスはドライフラワーとしても楽しんでいただけます。まだまだ暑いので花瓶のお水は少なめに、マメに水替えと切り戻しをしてください。

   

Astoria

  ・ナデシコ(キウイメロウ)
・コニカルオレンジ
・スターチス
・ケイトウ(色ランダム)
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い ポップなカラフルブーケ。 ■お花の特徴、お手入れアドバイス

ケイトウはお花の下の部分に種がついてくる場合があります。これはケイトウの本来のお花部分で、中の黒い種が透けてグレーに見える場合や、ここに発生する花粉が湿気などにより、にカビ状の黒ずみのように見える場合がございます。葉は傷みやすいです、下がっておりました場合はずすべて取り除いてしまった方が花もちが良いです。

ナデシコのガクは黄色に変色しやすいです。 気になる場合はカットをしてお手入れ下さい。    

Astoria

  ・ケイトウ
・ナデシコ(キウイメロウ)
・トウガラシ(ブラックフィンガー)
・ミスカンサス
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い ハロウィンカラーブーケ。

■お花の特徴、お手入れアドバイス 手入れアドバイス ケイトウはお花の下の部分に種がついてくる場合があります。これはケイトウの本来のお花部分で、中の黒い種が透けてグレーに見える場合や、ここに発生する花粉が湿気などにより、にカビ状の黒ずみのように見える場合がございます。葉は傷みやすいです、下がっておりました場合はずすべて取り除いてしまった方が花もちが良いです。

ナデシコのガクは黄色に変色しやすいです。 気になる場合はカットをしてお手入れ下さい。

   

nori

  ・デンファレ
・スプレーカーネーション
・スターチス
・シニュアータ
・ドラセナ
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 爽やかブーケ ■お花の特徴、お手入れアドバイス デンファレは、お花の特性上、傷がつきやすいです。気になるときは、お花を優しく外してあげてください。 スターチスは、ドライフラワーになります。    

ふるーるあん

  ・ガーベラ
・ワレモコウ
・ヒペリカム
 

コメント

■ガーベラとワレモコウとヒペリカムの花束

■ワレモコウの特徴は夏から秋の季節に見える赤茶色の穂です。果実の様にも見える穂状の部分が花で2ミリほどの小さい花が集まって穂の様な形になっています。赤茶色に見えるのはガクの部分です。華やかさはありませんが、独特の風情ある花姿が好まれ茶花によく利用されてきました。ドライフラワーとしての需要も増えています。ガーベラは茎が腐りやすく注意が必要です。茎が2〜3センチお水に浸かるくらい、控えめに入れるとお花が長持ちします。水に浸かっている部分は腐りやすいので切って下さい。ヒペリカムはオトギリソウ科オトギリソウ属に分類される植物の総称です。6〜7がつになると黄色い花を咲かせます。花が枯れるに従って実は色づきはじめ、10〜11月にかけて赤くなった実が見れます。 実の色は今は緑や白、ピンクなどの沢山の種類があります。

   

NATIVE GARDEN

  ・ヒマワリ サンリッチレモン
・トルコギキョウ ルーセントグリーン
・リンドウ 紅竜
・ユーカリ シルバードロップ
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い ヒマワリとトルコギキョウのSummerブーケ!

■お花の特徴、お手入れアドバイス ヒマワリはお水を浅めにしていただくと持ちが良くなります!トルコギキョウの花が萎れましたら取り除いて下さい。

   

AVANTI

  ・カーネーション
・デンファレ
・ミスカンサス
・コニカル
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 夏から秋への移り色。

■お花の特徴、お手入れアドバイス まだまだ暑いですね。水換えをまめにお願い致します。

   

AVANTI

  ・カーネーション
・モカラ
・コニカル
・ミスカンサス
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 夏から秋への移り色。

■お花の特徴、お手入れアドバイス まだまだ暑いですね。水換えをまめにお願い致します。

   

FlowerShop NONI

  ・ワックスフラワー
・トルコキキョウ
・バラ
・デンファレ
・サンデリアーナ
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い ワックスフラワー

■お花の特徴、お手入れアドバイス ワックスフラワーは花びらがロウソクで出来ているようなのでワックスフラワーと名付けられました。指でそっと触ってみて下さい。バラはフリル咲きでとても綺麗です。バラの外側の花弁は中を守る役割をしております。外側の花弁が茶色く変色した場合は、花弁をそっと取り除いてあげるとキレイに飾れます。

   

株式会社花孝本店

  ・トルコキキョウ
・モカラ
・カーネーション
・スカシユリ
・ドラセナ
・クッカバラ
 

コメント

■テーマは飾らぬ美です。スカシユリの花言葉にちなんでいます。

■ユリは咲き始めに花粉を取るのをおすすめします。

   

Blue Rose

  ・リンドウ
・アスター
・ナデシコ
・モカラ
・ゴット
 

コメント

リンドウの花弁が変色してきたら優しくとってあげてください。お水は毎日替え、茎を少し切り戻してあげる事でより長持ちします。

   

サン・テ・ローズ

  ・バラ
・トルコギキョウ
・リンドウ
・クジャク草
・千日紅
 

コメント

■秋の花材に変化してきてます。

■お花の特徴、お手入れアドバイス ■お花の特徴、お手入れアドバイス ガーベラはお届け最中に、お花の中の水分が下に下がってしまい、一時的にお花が下向きになってしまうことがあります。 お花が下向きになっている場合は、新聞紙などで茎からお花部分をくるくると巻いて、茎をまっすぐに固定しながら水上げをしてあげると元気になることがあります。 トルコキキョウは花びらが繊細なお花です。 配送中に形が崩れてしまっていることがありますが、水揚げの際に手でそっと直してください。 バラの外側の花弁が茶色く変色した場合は、花弁をそっと取り除いてあげるとキレイに飾れますよ。 変色が気になる葉っぱ、花びらは、そっとお取り頂き、お花をお楽しみ下さい。

   

Oko FlowerMarket

  ・ヒマワリ
・トルコキキョウ
・ヒペリカム
・バラ
・リンドウ
・ヒマワリ
・トルコキキョウ
・ヒペリカム
・バラ
・リンドウ
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 夏らしオレンジバラとヒマワリを入れました。 ■お花の特徴、お手入れアドバイス 毎日花瓶のお水を変えて頂きたいのと、その際に茎を少し切ってあげるとより長持ちいたします。    

フラワーショップ ジュリア

 

・クルクマ
・モカラ
・スプレーマム
・スターチス
・ルスカス
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い クルクマ、ブーデインプリンセスの夢 ■お花の特徴、お手入れアドバイス

かわいいクルクマにかわいいマムのブーケです。蘭のモカラは気品を感じさせます。 まだ暑いので、お水は少な目にして下さい。こまめに水替えしましょう。その時茎を少し切ってあげて下さいね。    

りとるがぁでん萌

  ・ガーベラ
・ケイトウ
・ハマナデシコ
・セロシア
・トルコキキョウ
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 秋のアレンジブーケ ■お花の特徴、お手入れアドバイス ガーベラは保護のためラップをかけたまま発送しています。飾る際はラップを外してください。トルコキキョウは花弁がとても柔らかくひらひらした綺麗な花です。発送の際、箱の中で形が崩れてしまうことがありますが、切り口を新しくしてから新鮮なお水に生けていただければ長く楽しめます。

   

フルールふるる

  ・クルクマ(ホワイト)
・クルクマ(ピンク)
・SPカーネーション
・ミシマサイコ
・千日紅
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 残暑を乗り切る華やかなレッド系ブーケ ■お花の特徴、お手入れアドバイス ピンクのクルクマは茶色の模様が入っている品種です。 クルクマはショウガの仲間で、花のように見える部分がガクにあたり その間に花が咲きます。 黒くなっている花がらはそのままでも大丈夫ですが、ピンセットなどで取り除くと綺麗に飾れますよ。 ミシマサイコは薬の材料になるお花で、レースのような小さな花が特徴です。 茎が細くしおれやすいのでしっかりお水につけてください。    

花まつ

  ・カーネーション
・りんどう
・ワックスフラワー
・アップルユーカリ
 

コメント

少しシックな雰囲気のカーネーションで大人っぽく。旬のお花『りんどう』で秋を感じましょう。カーネーションは毎日水替え・水切りをしてあげると、花弁の粒子がキラキラと、ラメがかかったように光ってくるかも・・・!

   

サンフラワー花栄勝山サンプラザ店

  ・バラ
・ガーベラ
・ハイブリットチース
・スターチス
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い

■お花の特徴、お手入れアドバイス バラは各色あり、複色になっているものもあります。花の形もノーマル系、オールド系、和バラ系などあります。バラは満開になった姿が最も綺麗とされています。花びらが反るくらいに咲かせれるように温度、湿度など気を付けてあげて下さい。ドライフラワーに向いているのである程綺麗なうちに乾燥したところに吊るしてあげてください、短時間でお花全体をまんべんなく乾燥させるとより綺麗にドライフラワーにすることが出来ます。乾燥剤を使って乾燥させるとより綺麗に仕上げることが出来ます。

ガーベラは各色ありますが青系はありません。花の形は基本的に同じですが、花びらが細くなっているスパイダー系や八重系などあります。水あげの際には全体を新聞紙などで茎や花向きがまっすぐになるように巻いて水揚げして下さい。茎など曲がったままだとその形で固定されてしまうので注意してください。

   

サンフラワー花栄勝山サンプラザ店

  ・バラ
・ガーベラ
・ハイブリットチース
・スターチス
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い

■お花の特徴、お手入れアドバイス バラは各色あり、複色になっているものもあります。花の形もノーマル系、オールド系、和バラ系などあります。バラは満開になった姿が最も綺麗とされています。花びらが反るくらいに咲かせれるように温度、湿度など気を付けてあげて下さい。ドライフラワーに向いているのである程綺麗なうちに乾燥したところに吊るしてあげてください、短時間でお花全体をまんべんなく乾燥させるとより綺麗にドライフラワーにすることが出来ます。乾燥剤を使って乾燥させるとより綺麗に仕上げることが出来ます。

ガーベラは各色ありますが青系はありません。花の形は基本的に同じですが、花びらが細くなっているスパイダー系や八重系などあります。水あげの際には全体を新聞紙などで茎や花向きがまっすぐになるように巻いて水揚げして下さい。茎など曲がったままだとその形で固定されてしまうので注意してください。

   

サンフラワー花栄勝山サンプラザ店

  ・バラ
・ガーベラ
・ハイブリットチース
・スターチス
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い

■お花の特徴、お手入れアドバイス バラは各色あり、複色になっているものもあります。花の形もノーマル系、オールド系、和バラ系などあります。バラは満開になった姿が最も綺麗とされています。花びらが反るくらいに咲かせれるように温度、湿度など気を付けてあげて下さい。ドライフラワーに向いているのである程綺麗なうちに乾燥したところに吊るしてあげてください、短時間でお花全体をまんべんなく乾燥させるとより綺麗にドライフラワーにすることが出来ます。乾燥剤を使って乾燥させるとより綺麗に仕上げることが出来ます。

ガーベラは各色ありますが青系はありません。花の形は基本的に同じですが、花びらが細くなっているスパイダー系や八重系などあります。水あげの際には全体を新聞紙などで茎や花向きがまっすぐになるように巻いて水揚げして下さい。茎など曲がったままだとその形で固定されてしまうので注意してください。

   

花ごころ

  ・ヒマワリ
・トルコキキョウ
・アンスリウム
・ワレモコウ
・利休草(リキュウソウ)
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 夏の終わりから秋を少し感じさせる爽やかミニブーケ ■お花の特徴、お手入れアドバイス 向日葵は水上がりは良いですが、茎が傷みやすいので茎に浸かる水を少なめにしてあげると良いですよ♪(目安として3cm程度) 吾亦紅(ワレモコウ)は秋にだけ出回る切り花ですので今しかない風情を楽しんでくださいね♪ ドライにもなるので挑戦してみてもいいと思います♪最後枯れる際に散りやすいので、汚れてもいい場所を想定して飾りましょう    

Bonne Vie

  ・バラ
・アゲラタム
・千日紅
・カスミソウ
・ユーカリ
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い

ナチュラルブーケ

■お花の特徴、お手入れアドバイス

お花が長旅で疲れているので、丁寧に水揚げをしてあげてください。茎の先端を少しカットすると水があがりやすくなります。(お花が届いた時と水交換時にぜひやってみてください。)

輪ゴムをはずし、花材それぞれの茎についた エコゼリーを水で洗ってから、器に飾ってください。

この時期はなるべく水を1日1回入れ替えて、花器の内側も洗って清潔を保つとお花が長持ちします。

バラの一番外側の花びらは、中のお花を守っています。傷ついてしまっている場合はそっとお取りいただくことで、きれいに飾ることができます。    

花国

 

・モカラオレンジ
・キャプテンベンチュラ(カラー)
・ピュアブルー(オキシペタラム)
・センニチコウ
・アゲラタム
・アセビ(馬酔木と書いてアセビと読みます)
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 秋色のモカラをメインに ブルーや紫系のお花たちで 落ち着いた雰囲気のブーケにしました。 ■お花の特徴、お手入れアドバイス モカラやオキシペタラムの変色したお花は やさしく取り除くとキレイなまま飾れます。    

Flavor of flower

  ・ひまわり
・spカーネーション
・ユーカリ
・デンファレ
・ミシマサイコ
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い お部屋の中を明るくしてくれる元気な色合いをチョイスしました。 ■お花の特徴、お手入れアドバイス ひまわりは茎がぬめりやすいので水は少なめで大丈夫です。お花が下向きになってしまってる時は新聞紙などで優しく巻いて水揚げをしてあげると元気になる事があります。こまめな水替えが花を長持ちさせるポイントですよ❀

   

花一生花店

  ・リコリス
・ハイブリッドチース
・スプレーカーネーション
・スターチス
・マルバルスカス
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 優しい雰囲気の束 ■お花の特徴、お手入れアドバイス リコリスは咲いたら花粉を取ってください。 スターチスはドライとしてもお楽しみ頂けます。

   

(株)みどりや花店 Rico

  ・トルコキキョウ
・ベロニカ
・ネリネ
・スモークグラス
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い トルコキキョウがふんわり柔らかなピンクのブーケ ■お花の特徴、お手入れアドバイス

残暑が続きますので、こまめに水替えをお願いします。少しずつ茎を切り戻してあげてください。

ベロニカは下のお花から徐々に枯れてきますので、傷んだ花はその都度引き抜いていただくと綺麗に飾れます。 トルコキキョウは八重咲きのお花なので、外側が傷んできたらそっと取り除いて下さい。    

街角花屋floRaliesフロラリ*チロワ

  ・バジル(ムーンライトイエロー)傷つかないように気を配り梱包をしてあります、
・スターチス(キノラパン)北海道より入荷
・瑠璃玉アザミ 又は リューカデンドロン/ドライに
・バジル(アフリカンブルーバジル)とにかく香りに癒されます
・ユーカリ
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い とにかく暑さが悩みですが ちょっと秋色も入れたいな。。。という今週です。

■お花の特徴、お手入れアドバイス

保水剤だけでは、移動中水は充分ではありません。到着したら、すぐに!⇦ポイント。 切り口を新しくして綺麗な水に入れてあげましょう。 最初の水入れの時にもしフニャフニャな花がある場合は深水をして1時間以上よく水をすわせてから、通常の水の量(葉っぱが水に浸からない深さ)にもどします。その際は最初の水にキープフラワーを入れてあげます。2日くらいはそのまま水をたすくらいで大丈夫です。 その後の水替えからは、 夏場はほんのちょっとの漂白剤を入れるとバクテリアが増えず水が濁りづらいです。 普段から薄めた漂白剤をペットボトルに準備しておくと良いと思います。

スターチスがよく入ってるかとおもいますが、 とにかく夏のこの配送条件には頼りになるのです^ ^ドライに逆さまにするだけでなく、写真に写っているように、ドライの色を瓶やガラス容器に集めて飾ってみるのも素敵ですよ。同じ花のカラフルは嫌味なく楽しめるかとおもいます。 千日紅やスターチスは色があせにくいのが特徴です。 あと、花ひとつひとつをじっくり見るとほんとに可愛い世界が小さな花の中に存在してますよ^ ^

バジルは水落ちしやすいので届いたらすぐに 花瓶にいれましょう。箱の中で蒸れないように注意して梱包しました。

   

THE PRESENT

  ・クルクマ or モカラ
・デンファレ
・ガーベラ
・リモニューム
・ベアグラス
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い ベアグラスを使った優しいブーケです

■お花の特徴、お手入れアドバイス 爽やかな色合いのお花とベアグラスを合わせました。 ベアグラスはクルッとゴムで留めて飾ったり、流れるようにラインを生かしたアレンジしてみてもおもしろいので、自分なりの飾り方をチャレンジしてみてください。

   

百花

  ・トルコギキョウ ピンクミニティ
・スプレーバラ カンタービレ
・ガーベラ シーマ
・アランダ クリスティーンホワイト
・ ハイブリッドスターチス ブルーファンタジア
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い ピンクピンクブーケ ■お花の特徴、お手入れアドバイス 小輪のトルコギキョウやスプレーバラなどカワイイを詰め込んだブーケです。 バラは棘が残っている場合がありますのでお取扱いにご注意ください。 アランダ(蘭)は日持ちの良いお花ですが入荷段階で花弁折れ、傷が多いお花です、輸入ということもありご理解願います。    

一草一花

  ・ヒマワリ「サンリッチライチ」または「ゴッホのひまわり」
・オランダセダム
・ワレモコウ「朝霧」
・トウガラシ「コニカルブラック」
・リリーグラス(ミスカンサス)
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 「向日葵の秋色ブーケ」今週は北海道のヒマワリのブーケをお届けします。夏の名残りのような初秋の入り口のような色合いで束ねました。 ■お花の特徴、お手入れアドバイス 今週は花瓶の水をやや控えめにお願いします。 「ヒマワリ」浅い秋色のサンリッチライチ、八重咲きのゴッホのひまわり、どちらか一種のお届けになります。 「オランダセダム」今週はくすみピンクのような赤茶色でのお届けです。秋色セダムと呼ばれることも。 「ワレモコウ」多めに入れてありますが、線が細く折れやすいので取り扱いにはご注意ください。 「トウガラシ」コニカルブラック、色合いが印象的です。重たいので少し低めに生けてみてください。

   

一草一花

  ・ヒマワリ「ゴッホのひまわり」または「サンリッチライチ」
・オランダセダム
・ワレモコウ「朝霧」
・トウガラシ「コニカルブラック」
・リリーグラス(ミスカンサス)
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 「向日葵の秋色ブーケ」今週は北海道のヒマワリのブーケをお届けします。夏の名残りのような初秋の入り口のような色合いで束ねました。 ■お花の特徴、お手入れアドバイス 今週は花瓶の水をやや控えめにお願いします。 「ヒマワリ」浅い秋色のサンリッチライチ、八重咲きのゴッホのひまわり、どちらか一種のお届けになります。 「オランダセダム」今週はくすみピンクのような赤茶色でのお届けです。秋色セダムと呼ばれることも。 「ワレモコウ」多めに入れてありますが、線が細く折れやすいので取り扱いにはご注意ください。 「トウガラシ」コニカルブラック、色合いが印象的です。重たいので少し低めに生けてみてください。

   

小さなお花屋さん

  ・ケイトウ
・アランセラ
・トルコキキョウ
・ブバルディア
・ミスカンサス
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 新色のケイトウがアクセントのブーケ。 ■お花の特徴、お手入れアドバイス ケイトウの「鶏頭」部分は茎が変形して色づいたもので、本当の花はその下にツブツブとある小さな部分です。 ケイトウの茎は腐りやすいので、留めてある輪ゴムなどをとって風通しよく飾りましょう。

アランセラはランの仲間なので日持ちはいいです。こまめに水替えし、枯れた花や黄色くなった茎は切り落としましょう。花の上で茎をカットして切り分けて使うことも出来ます。

   

フラワーショップ ル・クール 本店

  ・ピンポンマム(ゴールデンピンポン)
・リンドウ(イワテユメノゾミ)
・ワックスフラワー(W.アイボリーパール)
・トルコキキョウ(ボヤージュブルー)
・アストランティア
・トウガラシ
・ユーカリ
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 【秋色絵の具の空模様】

■お花の特徴、お手入れアドバイス 活ける前にエコゼリーを綺麗に洗い流してください。 輪ゴムは茎が傷みやすいため、必ず外しましょう。 配送時に擦れて傷んでしまった部分は取り除いてください。 ピンポンマムは葉が水に浸かってしまうと腐ってしまうので、 水に浸かる部分は取り除きましょう。 リンドウは比較的もちのよい花です。茎も硬くて丈夫で、水の中でも腐りにくいです。 ワックスフラワーはもちがとても良いお花です。 トルコキキョウは花弁が多く蒸れやすいため、カビが生えやすいのでご注意ください。 花弁が配送時に擦れて傷んでしまった場合は傷んだ花弁を取り除きましょう。 アストランティアは比較的長持ちする花です。カサカサした質感で茎が腐ってくることもありません。 トウガラシは長持ちしやすいですが、茎が腐りやすいのでこまめに水換えをしましょう。 ユーカリはドライにしてもお楽しみいただけます。 お花が傷みにくいよう配慮しているため、お花を組んでいませんので、 飾る際には写真を参考にしていただくか、自分流に飾って楽しんでください。

   

FlowerDesignStudio花歩

  ・ドライアンドラ(ブラシのようなオレンジ褐色のお花、業界ではこのような変わっているお花をワイルドフラワーと分類しています。)
・バラ(オータムプリーズという名前のオレンジ色)
・スカビオサ(松虫草という名の和名を持つ紫色のお花)
・ワレモコウ(茶色のお花、漢字で吾亦紅と書きます。このお花を見ると秋を感じられる方も多いはず。)
・センニチコウ(ピンク紫のまあるいお花)
・グニユーカリ(グレー×緑×シルバーのようななんともいえない色合いの葉っぱ。こちらもドライに人気です。)
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 今回のお花は、『ワイルドな秋』をテーマにオーストラリア原産の「ドライアンドラ」を中心に秋の雰囲気満載のお花でご用意させていただきました。 ■お花の特徴、お手入れアドバイス 今回のメインフラワー「ドライアンドラ」は変わった姿のお花でブラシのような花びら?でオレンジ色のような褐色。茎や葉は硬くもうすでにドライ?と思ってしまうかのようなお花ですが、ドライフラワーを楽しむ方々からは大変人気が高い生花です。 ドライフラワーになりやすいお花たちです。生花で数日楽しんでその後はさかさまに吊るしてミニスワッグとしてお楽しみいただけます。 その際に、スカビオサは花びらが落ちてくることがございます。

   

アトリエ レーヴ

  ・リコリス
・りんどう
・バーノニア
・ハナナス
・ハイブリッドスターチス
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い ポップな秋のブーケ ■お花の特徴、お手入れアドバイス ハナナスが出回る季節になりました。少し早いハロウィーン気分で秋を感じてください。

   

ATELIER MOKARA

  ・ガーベラ ストラ
・ガーベラ ベルフィ
・トウガラシ
・ユーカリ
・千日紅
・草ボタンorスプレー菊
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 秋を感じるブーケ

■お花の特徴、お手入れアドバイス 草ボタンや、トウガラシで秋っぽさを出しました。 ガーベラとトウガラシは茎が腐りやすいので、お水は少なめで◎

   

Rose Factory.net

  ・マトリカリア シングルペグモ
・セダム
・スターチス
・ソリダコ or ルスカス
・スプレー菊
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 元気の出るアレンジメント 夏から、秋に変わりつつある今の時期にオススメのアレンジです。

■お花の特徴、お手入れアドバイス セダムは、蒸れやすいので、早めに開封していただき、少しお手入れをしてください。

水の中で、茎を切っていただくと、お花がしゃきっとします。

   

Rose Factory.net

  ・マトリカリア シングルペグモ
・リンドウ
・スターチス
・ソリダコ or ルスカス
・スプレー菊
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 元気の出るアレンジメント 夏から、秋に変わりつつある今の時期にオススメのアレンジです。

■お花の特徴、お手入れアドバイス セダムは、蒸れやすいので、早めに開封していただき、少しお手入れをしてください。

水の中で、茎を切っていただくと、お花がしゃきっとします。

   

花 千の草

  ・アンスリューム
・リンドウ
・クルクルもしくはカーネーション
・かすみ草
・ヘデラ
 

コメント

■長雨 猛暑 そして台風 天候不順でお疲れした身体と心を癒す花達

■お花の特徴、お手入れアドバイス狭い箱の中 長旅で疲れている花達 お手元に届きましたら すぐに箱から出して新鮮な水の中で切り戻ししていただきます事をお勧めいたします 今回お届けのアンスリュームもリンドウも大変強くて丈夫な花ですが 押されたりすると 皆様が花と思われております ガクの部分に傷が入ってしまいます そっと出してあげてください また秋の花クルクマはとても可愛い花をつけますが 湿気に弱いため 深水につけたり 水に掛からないように 気をつけて頂きますと助かります 花は種類によって水がかからますと その部分がシミになってしまいます 他の花材 リンドウ かすみ草などは 生花でお楽しみ頂きました後は ドライフラワーとしてもとても美しく飾って頂けます まだまだ 天候の安定しない時期 花を愛て どうぞリラックスしてお過ごし頂かましたらと思います

   

風遊花

  ・カーネーション
・トルコキキョウ
・ワレモコウ
・ガーベラ
・ヘレニューム
 

コメント

■今週のお花 テーマは「秋の気配」。 日が沈むのが早くなってきたり、少しずつ涼しくなったりと、秋めいてきた今日この頃。 明るい色のお花にシックな深い赤をまぜて、夏の名残と秋の始まりを感じられるようなミニブーケに仕上げました。

■お花の特徴、お手入れアドバイス こまめに水替えをしていただくとお花が長持ちします。 水替えのときに茎の先端を少し切って新鮮なお水に生けていただくとなお良いです! 到着後はなるべく早く箱から出していただき、水に生けることをおすすめします。お水にいけていただくとお花の元気が戻ってきます。

※ヘレニューム(オレンジとイエローが混ざったお花)は、少しくたっとしたフォームが特徴のお花です。 ※ワレモコウ(小さい、松ぼっくりに似たお花)はカサカサとした感触が特徴のお花です。枯れているわけではございません。

■ドライフラワーになるお花 ◎カーネーション ◎ワレモコウ

   

肆矢花き

  ・スタンダードバラ イエローorオレンジ
・ひまわり
・りんどう水色
・鷹の爪
・スプレーバラ エクレール
・丸葉ルスカス
・スプレーカーネ キャンドル
・ハイブリットチース アプリコット
 

コメント

雨が続く毎日ですが… やっと秋を感じる気候になってきましたね。

今週は北海道産のひまわりと グリーンの花色が特徴の スプレーバラ エクレール、 秋にしか出回らない鷹の爪を添えて 色味の鮮やかなブーケに仕上がりました♪

ハイブリットチースアプリコットはアサヒという品種でお洒落なアンティーク系のお色味になってます! スプレーカーネーションは複色で変わったお色になっております♪

バラ、スプレーバラ、鷹の爪、ハイブリットチースはドライフラワーとしても楽しめますよ♪

お花がお手元に届きましたらなるべく早く輪ゴムを外して頂き、同梱の延命剤をお水に入れて頂きふんわり飾ってください。

また来週♪ Bon week-end!    

marya

  ・伊勢薔薇
・ガーベラ 又は 伊勢薔薇
・スプレー薔薇(ファンシーローラ)
・トルコキキョウ八重(アンバーダブルバーボン)
・ヒメヒゴダイ
・ユーカリ(ポリアンセモス)
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 華やかさの中に、秋色を添えて‥

■お花の特徴、お手入れアドバイス ガーベラは茎が柔らかいので、水揚げ後は朝めの水の方が良いです。  トルコキキョウは、持ちの良いお花です。 茎を手折りしてあげる方が良いですよ。 ブーケの中で、ポイントになる花色です。 中心の方に持ってくると、しっくりと落ち着くとおもいます。  スプレー薔薇のファンシーローラは、花持ちの良い薔薇です。咲ききっても、花弁が散りにくいです。咲ききったら、ユーカリと一緒にドライフラワーにしてあげるのもオススメです。

伊勢薔薇、伊勢ガーベラは赤、ピンク、黄色、白、オレンジの色の中ならランダムに組んでお届けしますので、お楽しみにして下さい。

   

花屋かずろう王国

  ・トルコキキョウ
・種類違いのトルコキキョウ
・センニチコウ
・リンドウ
・ユーカリ
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い トルコキキョウを使った秋色ブーケ。 ■お花の特徴、お手入れアドバイス 少し涼しくなった気がしますね。お元気でしょうか? トルコキキョウの名の由来は蕾がぐるっと巻いていて、ターバンのようだからだそうです。綺麗で花もちの良いお花なんですが、少々お高いのが? 今回、トルコキキョウは写真のロジーナブルーかアンバーダブルミント(緑)、アンバーダブルバーボン(深茶)、ウェーブクラシカ(茶ピンク)の何かから2色です。センニチコウはムラサキかピンクです。 どうぞ良い週末を。いつもありがとうございます。

   

きむらFLORIST

  ・トルコ桔梗(しずく)
・SP菊(色々な色のカリメロ)
・パニカム(チョコラータ)
・セダム(オータムジョイ)
・薔薇(サムライ)
・丸葉ルスカス
 

コメント

■ 敬老の日も近くなりつつありますので 品のある渋めの色合いでお上品にセットしてみました。

   

アンブリッジローズ

  ・バラ/リメンブランス
・スプレーカーネーション/ロリポップバイオレット
・ブルーレースフラワー
・リンドウ
・アイビー/ホワイトワンダー
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い ブルーとピンクのグラデーションブーケ

■お花の特徴、お手入れアドバイス ・ブルーレースフラワーはお花がパラパラと  落ちやすい性質があります。

   

シミズガーデン

  ・ワレモコウ
・トルコキキョウ(ピンク)
・リコリス(クリーム&ピンク)
・グレビレアゴールド
 

コメント

リコリスは蕾でお届けしていますので しっかり水を吸い上げさせていると 数日で花開いてきます! キレイな色合いや立派に開く姿をお楽しみください!    

Decoretta

  ・アンスリューム
・テマリ草
・大輪ガーベラ
・シリウス
・グニユーカリ
・ドラセナ
・アンスリューム
・テマリ草
・大輪ガーベラ
・シリウス
・グニユーカリ
・ドラセナ
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 秋色ブーケ ■お花の特徴、お手入れアドバイス ガーベラはミックスカラーです。 大輪でカラーも ビビッドなので1輪で飾ってもらったら 可愛いです。 テマリ草、茎が細くて折れやすいので 水替え時ご注意下さい    

花屋 花徳

  ・バラ(P)or(G)
・トルコキキョウ
・ヒペリカム
・HBスターチス
・エメラルドウェーブ
 

コメント

✿秋色ブーケ✿ バラが時期的にまだまだ小さく、ミニブーケとしては 1番可愛いぃサイズの季節です( ¨̮ )♪ 小さくてもしっかり咲ききります!水換えたま~に 切り戻しよろしくお願いします♩    

graciaーflowers

  ・トルコ桔梗
・デンファレ
・リンドウ
・ヒペリカム
・ミスカンサス
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い:初秋のシックブーケ

■お花の特徴、お手入れアドバイス:トルコ桔梗は、フリフリ花びらが魅力的ですが、どうしても花びらが擦れやすいため、気になられる場合は、根元から優しく取ってお楽しみください。リンドウ、ヒペリカムの葉っぱは、郵送の際、どうしても擦れてしまいやすいため、気になられる場合は、手で優しく取ってあげてください。デンファレは、下の方のお花が傷つきやすいため、丁寧にお包みしておりますが、擦れてしまっている場合は、手で優しく取ってお楽しみください。

   

ベビー・ブレス

  ・カーネーション
・バラ
・ススキ
・ヒメヒゴダイ
・ワレモコウ
・ユーカリ
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 秋色カーネーションと秋の草花ブーケ ■お花の特徴、お手入れアドバイス 暑いので一度包装紙のまま水揚げしなおしてください、ユーカリとススキを流れるラインで飾ると綺麗です    

FreeLeaf

  ・デンファレ
・スパイダーガーベラ
・ケイトウ
・キノブラン
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い デンファレとガーベラで華やかな花束です。 ガーベラのお色は色々でお届けになります。

■お花の特徴、お手入れアドバイス お手元に届きましたらすぐにゼリーをきれいに洗い流してください。下を少し切り新鮮なお水にいれてあげてください。毎日お水を頂くと長持ちです。ガーベラのフィルムはすぐに外してください。

   

うみの木

  ・ダイアンサス もしくは ブバルディア
・フジバカマ
・ホトトギス
・スプレーバラ
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 今週は秋の七草を取り入れた組み合わせになります。 ナデシコの属名のダイアンサスと藤袴が七草にあたります。春の七草と違って全て揃えなくてもいずれかを観賞してまだ暑さの残る中、秋を感じていただければと思います。 また、七草ではございませんが秋を感じさせるホトトギスを入れて和と秋をテーマにさせていただきました。 少し地味ですが紅葉ではない秋の草花をお楽しみください。    

Berry Bouquet

  ・トルコギキョウ(ピンクかグリーン)
・セダム
・ケイトウ
・カスミソウ(染)
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 「明るい秋の始まり」なイメージです(^^) ■お花の特徴、お手入れアドバイス セダムは少し低めに入れ、トルコギキョウが俯くようでしたら、他のお花で支えて下さい。 トルコギキョウは薄い繊細な花弁です。 しっかり水揚げをすると長持ちします(^^) グリーンのカスミソウは染めてあります。    

フラワーケンズ 明石ビブレ店

  ・白:バラ ティネケ
・オレンジ:バラ チェリーブランディ
・ピンク:モカラ カリプソ
・ピンク:スプレーカーネーション ロリポップバイオレッド  or ミニティアラライラック
・青(覆色):リンドウ マイファンタジー2
・白:宿根スターチス 雲海orキノミルク
 

コメント

■テーマ    白露(はくろ)の予感

■お花の特徴、お手入れアドバイス    バラは花びらに傷がいっていることがあります。    その際は、花びらごと取り除いてください。    その他の花は、特に気にしていただく必要はありません。

   

フタバ園本店

  ・デンファーレ2本
・オンシジューム
・ワレモコウ
・ドラセナサンデリアーナ
 

コメント

■蘭と秋のワレモコウ ■ゴージャスな蘭2色と 秋の実のワレモコウで 少し早い秋を感じて下さい。 蘭は下から痛みますので 痛んだお花は取り除いて上のお花を楽しんで下さい

   

イマージュ

  ・稲穂
・バラ 赤
・ベニアオイ
・エレンジューム
・アセビ
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い いつもお買い上げありがとうございます。 心配された台風10号も過ぎ去って朝夕は大分過ごしやすくなりました。秋の気配も日ごとに増してきています。 高知県産の稲穂の出荷が増えてきています。これから迎える本格的な秋を”実りの秋”にしていただきたい想いでアレンジさせていただきました。赤茶色の稲穂には赤バラがしっくりするのではと組み合わせていただきました。 ■お花の特徴、お手入れアドバイス 暑さは少し和らいできましたが花瓶の水替えはこまめに行ってください。バラは水の中で茎を切って水揚げをする“水切り”をお勧めします。 アセビは日持ちがしますので他の花が終わった後もグリーンとして長く楽しんでいただけると思います。 それでは夏バテに気を付けて良い週末をお過ごしください。

   

Flower Shop MiNa

  ・ヒマワリ
・ケイトウ
・ビバーナムコンパクタベリー
・ワックスフラワー
・ベビーハンズ
・メラリュウカ
 

コメント

■テーマは「ラストサマー」 だんだん秋らしくなってきましたが、まだまだ店頭でもヒマワリをお買い求めに来られるお客様が多く、前回お送りしたヒマワリも好評だったので、当店からは今シーズン最後のヒマワリをお届けします☆彡

■お花の特徴、お手入れアドバイス 配送中、まだまだ日中は暑さが残る中での長旅でお花も疲れています。 お花が届いたら、出来るだけ早めに茎を1cm程度切って新鮮なお水に入れ、水揚げをしてください。 水揚げ後は、お気に入りの花瓶に飾ってくださいね☆

●ヒマワリ 花びらがとれやすいため、箱から出す際には注意して取り出してください。 (※十分に注意し梱包していますが、配送時の衝撃等で花びらが落ちてしまう可能性もあります。また、梱包上花びらが折れ曲がっている場合もございますがご容赦くださいますようお願い申し上げます。) 葉がついている場合は、変色しやすいので気になるようでしたら切り落としてください。花瓶の水は少なめでOKです。

●ケイトウ 夏~11月頃まで出回る個性的なお花です。 今回お届けする色は「オレンジクィーン」鮮やかなオレンジ色です。 ケイトウは葉が薄く変色しやすいので、変色した葉は取り除いてくださいね☆水は少なくてOKですが、頭が重いので転倒防止のためしっかりした花瓶に活けるのがおススメです。 ケイトウはドライフラワーにも出来るので、是非試してください♪

●ビバーナムコンパクタベリー 西洋カンボクガマズミの仲間で、花期は5月頃から夏にかけてアジサイやカンボクの様な房状に花を咲かせます。 夏終わり~秋にかけて実が赤く熟します。透き通るような真っ赤な実がとっても美味しそうですが、食べられませんのでご注意ください。 ※実はとれやすいため、配送中の衝撃でとれてしまう場合もございます。箱から取り出す際にはご注意ください。

●ワックスフラワー 夏の終わり~秋にかけて出回るお花です。 ロウ細工の様な質感を持ち、梅の花に似た花びらを持っています。 葉や花は散りやすいので、水揚げの際に軽く振り落してあげてください。 枝や葉からレモングラスの様な、爽やかで甘い香りがしますよ♪ 水の上がりが悪いときは、縦にハサミを入れるか、斜めに切ってください。

●ベビーハンズ(木苺) 愛らしく小ぶりの葉が「赤ちゃんの手」のように見える事から名付けられた観賞用の葉物。 秋になるとグリーンから黄色、オレンジ、赤へと紅葉します。水揚げが悪い場合は、水の中で斜めにカットし、深めの水にしばらく浸けてみてください。 ※葉が大きい場合は梱包上、葉が折れ曲がって入っている場合があります。型がいっていたり気になるようでしたら切り落として飾ってください。

●メラリュウカ 別名:メラレウカ もさもさ感がたまらなくかわいいです! メラレウカの種類の中にはティーツリーと呼ばれる万能薬としてハーブで利用もされています♪

   

パパヴェール

  ・洋らん
・ケイトウ
・スプレーカーネーション
・コアラファン
・アンスリューム
・ヘレニウム
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い アンスリュームのブーケ ■お花の特徴、お手入れアドバイス 気温が高くなっていますので、お手元に届きましたら、しっかりと茎を切り戻してあげてください。 ヘレニウムは順に咲いていきます。枯れたお花から摘み取ってあげてください。

   

小椋生花店

  ・スプレーマム(カリメロ、色はおまかせ)
・バラ(コーラルハート)
・宿根スターチス(カリナブルー)
・リンドウ
・ユーカリ
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 秋のお花のブーケ ■お花の特徴、お手入れアドバイス お花が到着しましたら、早めに箱から取り出し、茎を少しカットして添付の延命剤を溶かしたお水に挿してください。今回は少し過ぎてしまいましたが9月9日が「重陽の節句(菊の節句)」でしたので、菊をメインにしたブーケをお届けします。菊と言っても、最近はお供え花のイメージを払拭するような様々な品種が流通するようになりました。今回は極小輪の「カリメロ」をお届けします。オランダで作出された「カリメロ」今回はベトナムの「ダラットハスファーム」より届いたお花です。カリメロと言えばあのたまごの殻をかぶったキャラクターを思い浮かべる方もおられるかと思います。「小さくて可愛くて親しみやすく強い」そんなイメージからこのお花にはこの名前がつけられたようです。そのイメージ通り、可愛らしいですがとにかく強いのが特徴です。葉っぱが小さく水分の蒸散が少ないため、お花も長持ちします。秋のお花の代表格菊とリンドウ、和風になりがちな組み合わせですが、カリメロのかわいらしさもあり、和洋どちらにでもマッチする組み合わせになりました。 リンドウやスターチス、ユーカリを高めにバラを低めに。カリメロはお花の可愛らしさが見えるように横に出すように入れると良いかと思います。台風も過ぎ、ずいぶん過ごしやすくなりました。お花もこれから長持ちする季節。また、いろいろなお花をご紹介できるよう頑張ります。季節の変わり目くれぐれもお体に気をつけてお過ごし下さいね。

   

花SHOPふくもと

  ・ガーベラ
・クルクマ
・バラ
・リンドウ
・ユーカリ
・ブバルディア
・スプレーカーネーション
 

コメント

■テーマ ガーベラとブバルディアが可愛いミニブーケ

■お花の特徴、お手入れアドバイス お花が届いたら、茎を1cmカットしてたっぷりのお水につけて水揚げをしましょう!

ガーベラの茎は痛みやすいので、お水替えの度に少しカットしてみてくださいね。

お水替えはこまめに行うと長持ちしますよ。

ぜひお楽しみくださいね。    

Y's flower

  ・ガーベラ
・リンドウ
・ワレモコウ
・スプレーカーネーション
・アストランチャ
・ルスカス
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 秋の訪れを感じる大人のブーケです☺️ ■お花の特徴、お手入れアドバイス

リンドウ、スプレーカーネーション、アストランチャの水揚げは 水の中で茎を斜めに切って、水から上げずに深水に30分から1 時間くらい休ませてあげるとしっかり水があがります! その際は下葉を取ってあげると生けた後の水が腐りにくくなります。 ワレモコウはドライフラワーにもなるので、その際は変色する前に風通しが良い場所に逆さまに吊るして下さいね☺️

変色したり、萎れてきたものから優しく摘んで下さい。

ガーベラは暑い時期は茎が腐り易いので、こまめに水替えをして下さい。    

アビーロード

 

・ポリシャス
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 秋のお花で渋くまとめてみました。 ■お花の特徴、お手入れアドバイス 毎日少しづつ茎を切ったり、きれいなお水に生なおしてください。長持ちします。

   

noreri

  ・ひまわり
・ヒペリカム
・ブルーファンタジー
・ニオイヒバ
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 夏を感じつつ少しずつ秋へ ■お花の特徴、お手入れアドバイス ヒペリカムの葉などは茶変しやすいです 取り除いて実をお楽しみください

   

ますかわ花店

  ・バラ
・クルクマ
・HBスターチス
・ブバルディア
・ヒペリカム
・リキュウ草
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い ピンク系のお花に癒されて

■お花の特徴、お手入れアドバイス ブバルディアは終わった花から優しく摘み取りましょう。HBスターチスはドライフラワーとしても楽しめます。

   

ますかわ花店

  ・SPバラ
・姫ひまわり
・ハマなでしこ
・千日紅
・カラー
・リキュウ草
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い カラフルニ心楽しく♪

■お花の特徴、お手入れアドバイス お花の特徴、お手入れアドバイス 千日紅は長く紅くあることから 名前の由来となっています。ドライフラワーとしても楽しめます。

   

アンジェラ

  ・ピンポンマム、バラ、
・スプレーバラ、スプレーマム、メラレウカ
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 和モダンブーケ ■お花の特徴、お手入れアドバイス ピンポンマムのまん丸さは、人が見ていると、心が穏やかになるといわれています 花瓶のお水は、小まめに替えて下さい 茶色変色した花びらは、取り除いてお使い下さい

   

花のアトリエりんご屋

  ・アンスリウム
・アルストロメリア
・スプレーカーネーション
・丸葉ルスカス
・野ばらの実
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い トロピカルブーケ ■お花の特徴、お手入れアドバイス ハワイ産のアンスリウムを中心に、元気の出る色合いをミックスしました。こまめに水替えして頂きますと長持ちします!

   

みやきた花店

 

・すかしユリ
・ワレモコウ
・リンドウ
・レモンリーフ
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い ユリを入れた秋のお花 ■お花の特徴、お手入れアドバイス

   

フラワーマーケット 花由

  ・ケイトウ”オレンジクイーン”
・リンドウ”アシロピンク”
・スプレーカーネーション”ピジョン”
・ソルゴー
・ドラセナ・サンデリアーナ
 

コメント

■朝晩が涼しくなり秋の気配を感じますね。温かみのあるオレンジにビロードのような質感の花びらをもつケイトウに秋を代表する花リンドウ、実もののソルゴーで少し早い秋を感じてみませんか。

■花瓶の水につかる葉は取り除きます。日が経ってお花が傷んできたらその部分を丁寧に取り除きましょう。

   

KIKI-YARDyard

  ・タラスピー
・ワレモコウ
・スプレーバラ  カタリーナピンク
・マドリカリア
・ブップレニューム
・かすみ草
・アンスリウム
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 見た目涼しそうに白の花を、メインにまとめてみました ■お花の特徴、お手入れアドバイス マドリカリアの葉っぱはしばらくすると黄色くなりがちです、その都度取ってあげましょう、お花が手元に届きましたらお水をはった器の中で水切りしてください、しばらくすると元気になります、後はお花に霧吹きをしたり、花瓶の水は毎日入れ替えると長持ちしますよ、後は毎日話しかけてくださいね!

   

Fleur松山

  ・ローズヒップ
・ケイトウ
・ヒメヒゴダイ
・スプレーバラ
・ユーカリ
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 秋色のローズヒップと小花のアレンジ ■お花の特徴、お手入れアドバイス お花の色味はランダムで梱包いたします。お写真通りではない場合もございますのでご了承下さいませ。 ローズヒップは新鮮なものを仕入れておりますが、自然の傷がついているものがございます。劣化ではございませんのでご安心くださいませ。    

ブーケ・ブーケ

  ・トルコキキョウ(ロジーナブルー)
・ヒペリカム(サクラロマンス)
・マトリカリア(コユキ)
・シュクコンスターチス(キノマルチーズ)
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い キノマルチーズというかわいい名前のお花が入った花束。 ■お花の特徴、お手入れアドバイス マトリカリアのお花が下を向いてるのがあるかもしれませんが、元々のお花の特徴です。お花があちこち向いてユラユラする雰囲気をお楽しみ下さい。 可愛い中にも濃い紫のトルコキキョウで大人の雰囲気にもなりました。 引き続きこまめな水替えと水切りをして長く楽しんで頂けたら嬉しいです。

   

TECAPO

  ・カーネーション
・ワレモコウ
・ロシアンオリーブ
・レッドフォックス
・スターチス
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い ロシアンオリーブで涼しく、でも少し秋の気配

■お花の特徴、お手入れアドバイス カーネーションは足下が腐りやすいので、水換えの時足下のぬるぬるを洗い流し切り戻ししてあげるとお花の持ちが良くなります! スターチスやワレモコウなどはお花の間に入れて飾ると可愛いです!

   

大福生花店

 

・ワックスフラワー
・吾亦紅
・千日紅
・スプレーバラ
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 秋らしさと、涼しさをイメージして作りました ■お花の特徴、お手入れアドバイス ドライフラワーにして楽しむこともできます

   

フラワーショップ花想

  ・スプレーバラ
・ガーベラ
・アスター
・ナルコユリ
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 癒されるピンクのミニブーケ ■お花の特徴、お手入れアドバイス バラは、花びらが茶色に変色したら取ってあげましょう。ガーベラが下を向いていたり、ぐったりしていて水揚げでも元気にならない時は、新聞紙でお花を巻きお花を上向きに揃え、少し強めに巻いてテープで留めます。 たっぷりのお水につけてあげて2〜4時間ほど水揚げをすると良いです。 アスターは、葉から傷みやすいので適度に下葉から取り除いてあげると良いです。

   

プリティフラワー

  ・薔薇?テナチュール
・ソラナム ハナナス
・シュッコンスターチス ホワイトエミール
・アイビー
・アンスリウム エンジェル
・ケイトウ シャロン
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い  マロン?カラーのブーケ

■お花の特徴、お手入れアドバイス  まだまだ暑いこの時期、大変暑く蒸し蒸ししてますが、お花たちも同様に長旅で少しお疲れです。到着したら、新鮮なお水で水切りして茎の滑りをとると良いですよ。もし、少し痛んでいる葉や花弁がある場合は、優しく摘んで取って飾ってあげてください。

薔薇? テナチュール   お気に入りのこちらの薔薇は、素敵な秋色のこっくりしたカラーが、特徴です❣️ ミニタイプで、薔薇の中でも長持ちですよ。外側の花弁は、色がくすんでいます。

ソラナム ハナナス 小さなピーマンのような実がたくさんついてます。色が秋色カラーで、食欲をそそりますね! 茎が滑ってきたら、洗ってください。

シュッコンスターチス いつものスターチスとは一味違うスターチス。白い淡いピンクがほんのり可愛さを出しています❣️ ドライフラワーになるので、涼しいところに吊るして挑戦してみてくださいね。

アイビー  しっかりしたアイビーです。通常より大きいので、長持ちすると思います。所々根がありますが、アイビーは、葉の下に根が生えますので、そのまま飾って良いですよ。気になるようだと、根だけ綺麗にハサミで✂️カットしてください?

アンスリウム エンジェル 名前の通り清楚な小さめアンスリウム 長持ちです。水は少なめが良いですね。

ケイトウ シャロン  トサカケイトウなどと異なり、秋になると出始めるシャロン。色もほんわかピンク紫で癒されます❣️ ドライフラワーになるので、ぜひ試してみてくださいね。

涼しいところへ飾って、水を替える時には器を洗剤で洗い、茎は、お水で洗って滑りをとって、少し茎の切り口をカットして✂️新鮮なお水が吸える様にすると長持ちします★    

アトリエ ブリクシー

  ・バラ(アバランチェ or ドロシー)
・ネリネ(ベスタ)
・かすみ草
・ワレモコウ
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い ロマンティックに秋の夜長を楽しむアレンジ。 淡いピンクのネリネがとても品良く素敵です!

■お花の特徴、お手入れアドバイス お水は花瓶半分くらいの多すぎず、少なすぎないくらいで管理して下さい。 バラが白(アバランチェ)の場合、輪が小さめのため2輪入り、 ピンク(ドロシー)の場合、輪が大きめのため1輪入りです。 ネリネの蕾がある場合、花が開いてきたら早めに花粉を取り除いて下さい。花粉が熟すると粒子が花びらなどに付いてしまう恐れがあります。(花粉がついてるワイルドな姿も個人的には好きですが!) また、蕾を包んでいた苞が残っていたら優しく取り除いて下さい。

   

ハートフルフラワー キャンドルズ

  ・ガーベラ(イエロー)
・スプレーカーネーション(グリーン)
・スプレーバラ(イエロー)
・かすみ草(ホワイト)
・アイビー(グリーン)
・ミスカンサス(グリーン)
 

コメント

?テーマ お花から元気がもらおう!ビタミンカラーブーケ♪ ?お花のお手入れアドバイス ガーベラはお花が下がらないようにワイヤーをかけていますので、そのままお飾りください。毎日の水替えがお花を長く楽しむポイントです。 ?飾り方のコツ ミスカンサスは穂先から中腹くらいまで丸め、ホッチキスやセロテープで固定すると動きが出てより素敵に飾れます。    

フローリストリバティ

  ・ケイトウ(オレンジクイーン)
・HBスターチス(キノラパン)
・古代米
・グニユーカリ
・スプレーバラ(クリーミーエデン)
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い ケイトウのオレンジとやさしいクリーム色のスプレーバラ、シックな色味の古代米を合わせ秋らしいアレンジに仕上げました。 ■お花の特徴、お手入れアドバイス お水替えの度に1cmほど切り戻していただくことでお花持ちが良くなります。 また、今回のお花はすべてドライフラワーに出来るため 通常通り楽しまれた後は風通しの良い場所に吊り下げてもらうと また、違った趣で楽しめると思います。 ケイトウについている黒いツフツブは種になります。気になる方は、手でこすっておとりください。 スプレーバラの一番外側の花びらは、中のお花を守っています。 傷ついてしまっている場合はそっとお取りいただくことで、きれいに飾ることができます。

   

倉八園芸

  ・リンドウ
・バラ
・オンシジウム
・ワックスフラワー
・ニオイヒバ
・ガーベラ
・スプレーカーネーション
・ホッス
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 爽やかさにキュートが隠れるブーケ ■お花の特徴、お手入れアドバイス 落ち着いた色合いのリンドウと白いバラの中に際立つガーベラが可愛らしいブーケです。花数が多いので、花瓶の口が狭い場合は茎の葉っぱは処理していけるといいでしょう。 オンシジウム、ホッス、ニオイヒバは広げるようにいければ、ボリューム良い感じになります。切り分けて小ぶりにいけるのも良いでしょう。 バラの外側の花びらは内側を守ってくれています。傷・変色がある場合は優しく取っていただくと、綺麗に飾れます。 リンドウはまれに、花粉が原因で変色してしまう場合もありますが、その場合は一輪だけそっと取って飾って下さい。出来るだけ涼しい場所に飾って下さい。 ガーベラのお花が下向きになっている場合は、新聞紙などで茎からお花部分をくるくると巻いて、茎をまっすぐに固定しながら水上げをしてあげると元気になることがあります。 カーネーションは持ちがいいのですが、ガクの先端が茶色くなって大きく反り返ってるものは、鮮度が落ちている証拠です。気温も高いですので、長持ちするから大丈夫と思わず!見てあげてくださいね✨

   

花あそび

 

・ミニアンスリューム
・スプレーバラ(ファンファール)
・トルコキキョウ
・ドラセナ
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い アンスリュームとバラのブーケ ■お花の特徴、お手入れアドバイス アンスリュームは暑さに比較的強いお花です トルコキキョウは配送中に形が崩れていることがありますが、花瓶に活ける際に手でそっと形を整えてあげてください バラの外側の花びらは内側を守ってくれています。傷・変色がある場合は優しく取っていただくと、綺麗に飾れます。

   

株式会社SUKUSUKU

  ・八重咲きトルコキキョウ
・デンファレ
・レースフラワー
・フロリダビューティー
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 可愛いアレンジ ■お花の特徴、お手入れアドバイス 華やかさがバラと並んで人気のトルコキキョウです。可愛らしいピンクを選びました。 デンファレは先の蕾まで咲ききることが多く、長く楽しむことができる華やかなお花です。 花火のような花が集まったお花は人気のレースフラワーです。 長持ちしますが、どうしても花びらが散りますので、なるべく動かさずにお楽しみください。 また、水落ちしやすいので、届きましたら茎を1センチくらいカットしてから、お水につけてください。    

有限会社フローリスト花章

  ・カーネーション
・グリーンスプレーバラ(エクレール)
・黄スプレーバラ(サラ)
・ヒマワリ(サンリッチライチ)
・ミスカンサス
・スターチス
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 優しい色でまとめた「癒しブーケ」 ■お花の特徴、お手入れアドバイス 写真のようにカーネーションを低めに配置し脇にヒマワリを配置するとおさまりが良くなります カーネーションは持ちがいいのですが、ガクの先端が茶色くなって大きく反り返ってるものは、鮮度が落ちている証拠です。気温も高いので、長持ちするから大丈夫と思わず!見てあげてくださいね✨ スプレーバラの一番外側の花びらは、中のお花を守っています。 傷ついてしまっている場合はそっとお取りいただくことで、きれいに飾ることができます。 ひまわりの茎が水に弱いので、お水は少なめが良いです。 またひまわりの葉は痛みやすい為、気になる方は早めに取って頂くのがオススメです。

   

花のトリコロール

  ・バラ
・トルコキキョウ
・ワックスフラワー
・ユーカリ
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い アンティークなバラとユーカリが可愛いアレンジです。 ■お花の特徴、お手入れアドバイス バラの外側の花弁が茶色く変色した場合は、花弁をそっと取り除いてあげるとキレイに飾れます。 ユーカリはドライフラワーでも楽しめます。 トルコキキョウは花びらが繊細なお花です。 配送中に形が崩れてしまっていることがありますが、水揚げの際に手でそっと直していただくと綺麗に飾れますよ。    

花えん

  ・カリプソ(ラン)
・スプレーバラ
・トルコキキョウ
・カーネーション
・ガーベラ
・ドラセナ
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い

今週はカラフルに秋の雰囲気ある色合いで ブーケをお届けいたします。

■お花の特徴、お手入れアドバイス

いつもキレイにお花を飾っていただき 本当にありがとうございます。

台風一過、まだまだ暑い日が続きますが、 風は少しずつ秋の香りがしてきましたね。

定期便では使用できるお花が限られるので、 またこれ?って感じるときもあるかと思います。 運営側も店舗もいろいろと工夫していますが、 なかなか難しく種類の偏りが課題となっているところです。 あなたはどのように感じていますか? よかったら遠慮なくコメントで声を聞かせてください。

さて、今週はカラフルな色合いです。

ランはピンク系のカリプソか、 もしくはオレンジ系のモカラのどちらかでのお届けとなります。

ランの色合わせでトルコキキョウもキイロ系か ピンク系か組み合わせる予定です。

カーネーションはスプレータイプのミヌエット、 ガーベラはどちらも八重咲きの タイタンかロテイロかをお入れします。 スプレーバラはベイブです。 どの子も発色がよく店頭では長持ちでがんばり屋さん なのでどうかかわいがってあげてください。

  

秋の雰囲気でカラフルな色合いを作るのって なかなか難しくて楽しい作業でした。 みなさんも組み合わせをいろいろ変えて楽しんでくださいね。 一つの花びんに活けるよりも、あちこち 小分けにしたほうが長持ちするのでオススメです。

敬老の日のチラシもご覧いただけると嬉しいです。 それでは今週もありがとうございました。 お身体ご自愛くださいませ。

大分市わさだ 花えん〜Hanaen〜

:

   

FLOWER PLAZA TAKEUCHI  塚脇店

  ・デンファレ
・ワックスフラワー
・リンドウ
・ゴットセフィアーナ
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 魅惑(デンファレの花言葉) ■お花の特徴、お手入れアドバイス 花を生ける時は、切り口をななめにカットして下さい。 何日かして切り口が変色したら、また1センチ程度カットして下さい。 延命材を入れていれば水が減った時だけ水を継ぎ足して下さい。(水は替えなくても大丈夫です) 傷んだ、花や葉は優しく取り除いて頂いたら、より長くお楽しみいただけます お届け最中に、お花の中の水分が下に下がってしまい、一時的にお花が下向きになってしまうことがあります。 お花が下向きになっている場合は、新聞紙などで茎からお花部分をくるくると巻いて、茎をまっすぐに固定しながら水上げをしてあげると元気になることがあります。 配送中に形が崩れてしまっていることがありますが、水揚げの際に手でそっと直していただくと綺麗に飾れます。

   

花結び

  ・ガーベラ
・トルコキキョウ
・かすみ草
・センニチコウ
・スチールグラス
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 涼しい風を感じて ■お花の特徴、お手入れアドバイス 丸い花はセンニチコウです。ドライフラワーになります。 スチールグラスは真っ直ぐにして挿してもいいですよ。 ガーベラのお花が下向きになっている場合は、新聞紙などで茎からお花部分をくるくると巻いて、茎をまっすぐに固定しながら水上げをしてあげると元気になることがあります。 トルコキキョウは花びらが繊細なお花です。 配送中に形が崩れてしまっていることがありますが、水揚げの際に手でそっと直していただくと綺麗に飾れますよ。    

有限会社カシワ花の店

  ・デンファレ
・レモンリーフ
・ヒペリカム
・カスミ草
・ガーベラ
・ヒマワリ
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 残暑お見舞い申し上げます〜大好きな夏もう少しだけ❤︎ 夜は過ごしやすくなって秋の気配が近づいて来ると少しだけ淋しさを覚え、夏が恋しくなってしまいます❤︎ 太陽のようなヒマワリをもう一度❤︎ ■お花の特徴、お手入れアドバイス ヒマワリは葉が長持ちしませんので先にカットしても大丈夫です。デンファレは海外から箱詰めで届くため、折り傷などある場合もあります。花に重さがある花材ですので、少し重めの花器と相性が良いかもしれません❤︎ ガーベラは花を包むビニールを外してお楽しみ下さい❤︎ まだまだ昼間は暑いので、届いたら茎をカットし冷水などにつけてあげるとシャキッと楽しめます❤︎    

花曜日 国分店

  ・ガーベラ
・リンドウ
・ブルーファンタジア
・ワレモッコウ
・スプレーマム
・ルスカス
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い オレンジ色のガーベラとスプレーマムがとってもかわいい花束です ■お花の特徴、お手入れアドバイス お花が届きましたら、できれば水の中で斜めにカットしてあげてください 長い配達で元気がない子もしっかりと水揚げをすれば元気になってくれます。 ガーベラは浅水を好みますので、2,3センチほどのお水に生けてあげてください。 リンドウは葉っぱを落としてあげると花もちがよくなります ブルーファンタジアとワレモッコウはドライフラワーになりますので、ぜひ試してみてください ルスカスの葉は、裏に白い花を咲かせるので、裏に白い蕾がありますが、虫ではないので安心してください    

Votrefleur

  ・バラ(情熱)品種「ブリランテ」
・りんどう(誠実)
・リモニューム(上品)
・ヒペリカム(きらめき)
・アスター(変化)
・ルスカス(陽気)
・*()内は代表的な花言葉です。
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 温故知新~たまには振り返って見ても~ ■お花の特徴、お手入れアドバイス @「バラ」の外側の花弁が輸送中に傷ついて少しシミや痛みが入る場合がありますのでみつけたらそっとその花弁だけを取り沿いてあげてください。 飾っている際も花弁がただれる様に枯れてきたら早めにその花弁だけを取り除くようにするとほかの花弁に移らず少しでも長持ちしますよ。

@「りんどう」は水揚げの際に切り口をハサミで切るか折るようにして切り取ると水上りが少し向上しますよ。葉の先端が少し黄色くなっているものがありますがこの時期の円熟期に見られる植物本来生態です。気になるようでしたら切取りましょう。

@「ヒペリカム」は実の部分が黒く変色してきたらその実を取り除きましょう。ヒペリカムは水を多く吸いますのでいつも水の水位は気にしておくといいですよ。

@「アスター」の水揚げは水の中で水切りをしてたっぷりと上げてからは少し少なめの水で管理すると腐れが少なくなり水上りもよくなりますよ。

@リモニュームはドライフラワーにもなります。

水揚げは水切り後に多めの水でたっぷりと上げてからお気に入りの花瓶で少し少なめの水で管理しこまめに水替えしましょう。 飾り方はInstagram・Facebookの投稿写真・動画をご参考にしてください。

今回のお花について「気付いた事」や「こうして欲しい」などちょっとした事でも良いのでぜひコメントで教えて下さい。 いつも皆様からのコメントを参考にさせていただいておりますm(__)m

   

FLORIST・YOU

  ・ワックスフラワー
・リンドウ
・アンスリューム
・ドラセナ
・カスミソウ
・ガーベラ
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い  大人っぽい華やかさをイメージして作ってみました♪ ■お花の特徴、お手入れアドバイス  お花が届きましたら、お花の茎に付いている、補水用ゼリーをキレイにお水で洗い流してください!  また、茎を少しだけ切ってから、花瓶に入れてあげることで、お水を吸いやすくなります(^^) リンドウはまれに、花粉が原因で変色してしまう場合もありますが、その場合は一輪だけそっと取って飾って下さい。出来るだけ涼しい場所に飾って下さい。 ガーベラのお花が下向きになっている場合は、新聞紙などで茎からお花部分をくるくると巻いて、茎をまっすぐに固定しながら水上げをしてあげると元気になることがあります。 ※アンスリュームとガーベラの袋は外して下さい。 大人な感じをお楽しみ下さい♪

   

nono

 

・トルコキキョウ
・1輪カーネーション
・ベロニカ
・かすみ草
・ガーベラ
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い 花MIX ■お花の特徴、お手入れアドバイス トルコキキョウは花びらが繊細なお花です。配送中に形が崩れてしまっていることがありますが、水揚げの際に手でそっと直していただくと綺麗に飾れます ガーベラはお届け最中に水が下がってしまい、一時的にお花が下向きになってしまうことがあります。 その場合は新聞紙などで茎からお花部分を持ち上げるように巻いて、真っ直ぐに固定してから深水で水揚げすると元気になります。 花たちは皆様の所に届くまで、長旅をしてます。早めに水切りをし、花瓶で飾ってあげてください。また、暑い季節なので、こまめな水替えを宜しくお願いします。    

Mauves

 

・アルストロメリア(黄色)
・ガーベラ(何色が届くかお楽しみに)
・バラ(エレガントドレス)
・かすみ草(染)
・ベロニカ(ブルー)
・ユーカリ(銀世界)
 

コメント

■テーマ、アレンジに込めた想い

★可愛らしい色合いでボリューム良く仕上がりました! ■お花の特徴、お手入れアドバイス

★お花たちは暑い中の長旅でお疲れになって届きますので茎のゼリーを洗い水切りをした後、新鮮な水に付属の栄養剤を入れて涼しい場所にお飾りください!

★アルストロメリアは広がって咲きますので届いた時に葉や花にキズが入ってしまうことがあります。優しく切り取ってお飾りください。

★ガーベラは一時的に水がさがって届いてしまうかもしれません。茎から花まで紙などで巻き水切りをしていただくと良いです。ガーベラはミックスでご用意しましたので何色が届くかお楽しみに!

★バラの外側の花びらは中の花を守るために傷んでしまうことがあります。優しく取り外してくださいね。

★かすみ草は吸い上げで着色してあります。花びんの水がピンクになる事があります。

★ユーカリの葉先が新葉で柔らかく黒くなってしまうことがあります。切り取ってお飾りください。 ★ベロニカの花先が柔らかく曲がりだしたら水がさがりだしていますので、水切りする時に水の中で茎を折っていただくと水が上がりやすいです!